住宅設備のススメ

エコキュート

エコキュートの凍結でお湯が出ない!原因と対処法・注意点を解説

寒い冬にエコキュートが凍結し、お湯が出なくなってしまったときのチェックポイントや解決策を解説!凍結の原因やトラブルが発生しやすい場所、全般的な凍結防止策と各配管への凍結防止策をお伝えするとともに、保温材を分厚くする方法や注意点も詳しく解説。

466

最終更新 -

この記事の目次

日頃はエコキュートで台所での洗いものや快適なお風呂タイムを楽しめていても真冬の寒い時期に突然エコキュートが凍結してしまって、お湯の供給が停止してしまったら非常に困りますよね?そんな緊急事態に直面した時にどうすべきか?そんな事態を未然に防ぐ予防措置から実際に凍結してしまった際の対応策などをご紹介致します。

どのような場合にエコキュートの凍結は起こるのか?

当然のことですが翌朝の外気温が急激に下がるような時や家の北側にエコキュートが設置されている場合、また風の強い日に直接北風が当たる場所や風の通り道になっているような場合も配管の凍結に注意すべきです。たとえエコキュートの製品保証の期間内であっても凍結を原因とする故障や破損に関しては有償での修理になりますから十分に気を付けなければいけません。

凍結してしまうと給湯器はどうなるか?

当たり前の話ですが蛇口をひねってもお湯も水も出てきません。お風呂も台所での洗いものも何もできなくなります。凍結がひどい場合には水道管が破裂して大量の水漏れが起こるケースも珍しくありません。

エコキュートが凍結してしまう原因は?

蛇口を閉めても給水及び給湯配管の中や給湯器の内部には水が残っています。外気温が下がる冬場の夜間にこれらの残った水が凍り付くのです。水は凍結するとその体積が増えるので最悪の場合には水道管の破裂や給湯器につながる各配管などが破損してしまうこともあります。

凍結しやすい要注意の箇所はどこか?

基本的にヒートポンプユニットの内部などは凍結することはありません。凍結するのはやはり冷たい外気に直接さらされている箇所です。通常なら水道配管部分、給湯配管部分、追い焚き用の配管部分などです。

この中でも圧倒的に凍結リスクが高いのは水道配管部分です。ここは常時冷たい水が通る配管なので温かいお湯が通る給湯配管や追い焚き用の配管などと比べると、どうしても凍結しやすくなります。また給湯器の連結口に使用されているボールバルブは金属製が多いことも凍結しやすい要因でしょう。

更に給湯器と給水管、給湯管、追い焚き管との連結口が金属製で保温材が巻かれていないような場合には凍結の心配があります。

エコキュートが凍結しない為の予防対策は?

基本的に気温が0℃以下になれば配管が凍結してしまう恐れがありますから、入浴した後の残り湯は排水せずにバスタブ内に残しておくようにしてください。そうすることで凍結しそうな外部気温になるとエコキュートが自動的に残り湯をお風呂の配管内を循環させて凍結しないように予防してくれるのです。

エコキュートが凍結してしまってお湯が出なくなった時の対応策は?

基本的にエコキュートの給湯設備そのものが凍結してしまうことはありません。凍結自体は外部に剥き出しになっているふろ配管や給水配管、給湯配管などが凍り付くことが原因です。エコキュートの凍結は外気温が大幅に下がる冬場に生じるトラブルですが、そんな時も慌てずにまず自分でできる凍結チェックをするようにしましょう。

その際に大切なことはメーカーの取扱説明書の指示に沿って処置を行うことです。そして万一、症状が改善しない場合にはエコキュート本体の故障の可能性もありますから即座に施工業者に連絡して状況確認してもらう必要があります。一般的に私たちができる対処法としては以下の通りです。

外気温が上がって凍結している配管が自然に解凍するのを待つ

お風呂や洗面台、台所などすべてでお湯が出ないような場合には、貯湯タンクの給湯配管や給水配管が凍結してしまっている可能性があります。日中に気温の上昇と共に自然に解凍して正常な状態に戻りますから、それまで待つようにします。

凍結なら即座に溶かそうと熱湯を配管に掛けようと考えるかも知れませんが、これは逆効果になりますから要注意です。熱湯を急激に配管に掛けると、配管自体が破損してしまう恐れがありますから絶対にしてはいけません。時間が掛かっても自然解凍が最も賢明な選択と言えるかも知れません。

リモコン上のエラーを解除して給湯栓を開きます

エコキュートで作ったお湯を貯めておく貯湯タンクユニットの給水配管が凍結した場合にリモコン上に圧力異常感知のエラーが表示される場合があります。そのような場合には漏電遮断器を60秒以上切るようにしましょう。時間の経過後に再度、漏電遮断器をONにすればエラー解除になりますから、あとは給水配管の凍結が解凍されるまでしばらく待機します。

エコキュートの各配管にぬるま湯を掛けて解凍を促す

貯湯タンクユニットとヒートポンプユニットの給水配管、給湯配管及びおふろ用配管をタオル等で包んでぬるま湯(40℃程度)を掛けて徐々に温めます。配管が破損する場合があるので熱湯は決して掛けてはいけません。

全般的な凍結防止対策は?

通常、寒冷地仕様のエコキュートには各配管の凍結防止の意味で「凍結予防ヒーター」が搭載されていますからヒーターの電源を入れておくことで凍結を未然に防ぎます。エコキュートのヒートポンプユニットも外気温が凍結するようなレベルにまで下がると、ヒートポンプを自動運転してヒートポンプ配管内の凍結を防いでくれます。但し、注意しないといけないことは、冬場に電源を切らないことです。電源を切ってしまうと当然、凍結するリスクがありますから電源は常にONの状態にしておいてください。

もし旅行などで長期間使用しないような場合に電源を切る時には、貯湯ポンプユニットもヒートポンプユニットにおいても完全排水を実施して両方のユニット内に水がまったく残っていない状態にしてください。水が残っていなければ、いくら気温が下がっても凍結しようがありませんからね。

各配管への凍結防止対策は?

「給水・給湯配管」、「ふろ配管」、「貯湯ユニット部の給水・給湯配管」への対策及び全配管に共通の対策に関しては以下の通りです。

給水/給湯配管

各配管に対して保温対策を施していても外気温が0℃以下になってしまうと場合によっては給水・給湯配管が凍結する場合がありますが、そんな事態を未然に防ぐ簡単な方法があります。それはまずリモコン上で湯温を「水」に設定した状態で、お湯側の給湯栓を開けて1分間にチョロチョロとコップ一杯程度(200cc位)の水が出るようにしておきます。

これだけで凍結は防止できます。サーモ付き混合水栓やシングルレバー混合水栓の場合には最高温度に設定しておきます。水の流量が不安定で変動する場合があるので念の為に30分後に水の流量が変わっていないかチェックした方が良いでしょう。

ふろ配管(フルオートタイプが対象)

フルオート機能のエコキュートは外気温が3℃以下になると、ふろ配管の凍結予防運転を自動的に行うように設計されています。ですから入浴後には残り湯を完全に排水してしまわずに浴槽内の循環口から約10cm位の高さまでお湯を張っておくことが必要です。完全に排水してしまうと凍結予防運転が実行できませんから。

貯湯タンクユニット部の給水及び給湯配管

貯湯タンクユニット部の給水・給湯配管の凍結を防止する為には、貯湯タンクユニットの脚部に風よけの意味で化粧カバーを取り付けるのが効果的です。もし化粧カバーがない場合には板や段ボールで囲うだけでも寒風による配管の温度低下は防げるでしょう。

凍結防止機能はエコキュート本体に付いていますが、実際問題として最も凍結しやすい箇所はエコキュート本体ではなく本体に入る前の給水継手部分ですから、そこに保温材やパイプカバー、ヒーターバンドなどを取り付けると凍結防止に有効です。

各配管に巻いたヒーターによって凍結予防をします

寒冷地仕様のエコキュートは外気温が低くなると凍結予防ヒーターに通電して自動的に配管凍結を予防する機能があります。万一、停電中に凍結したような場合には、停電が復旧した後に凍結予防ヒーターに通電して解凍するようにしてください。また夏場のように凍結の恐れのない季節にはプラグを抜いておきます。同様に長期間、家を留守にするような場合にも水抜きしてプラグを抜いておくようにします。

すべての配管の事前チェックが必要

ヒートポンプユニットの配管や給湯器の給湯・給水配管、ふろ配管など本来は各々断熱材で覆われていますが、何らかの原因で断熱材が破損している部分などがあれば配管が剥き出しの状態で凍結の原因になりますから、冬場になる前に配管各所に破損している部分がないかどうか目視で点検しておくことが大切です。もし破損個所が見つかったならば施工業者に修理を依頼するようにしてください。

上記以外の凍結防止策

これまでに説明した以外にも比較的手軽にできて効果バツグンの凍結防止策があります。それは保温材を分厚くする方法と凍結防止帯(電熱線)を巻く方法のふたつです。

保温材を分厚くする方法

これは現在既に巻かれている保温材の上から再度サイズの大きな保温チューブを巻くという方法です。私たちが寒い時に重ね着をするようなものですね。使用する保温チューブの材質はポリエチレンフォームや硬質ウレタンフォームなどがありますが柔軟性、吸水性や断熱性に優れているので水道配管の凍結や結露防止に適しています。

保温チューブのサイズに関してはVP13の配管には普通は保温チューブVP13用が巻かれているので、その上からVP25用の保温チューブを巻くようにします。VP20の配管にはVP20用の保温チューブが通常は巻かれていますから再度その上にVP40用の保温チューブを巻くようにしてください。

凍結防止帯って何?

この凍結防止帯というのは配管に巻き付ける電熱線ヒーターのことで電源プラグ、電源コード、接続部、発熱帯、サーモスタット、端末部などが含まれています。

凍結防止帯の特長とは?

  • 素人にも取り付けが非常に簡単にできます。
  • 安全で信頼出来るサーモスタットが組み込まれています。
  • 安全面には充分に配慮されているので安心して使用できます。
  • 品揃えが豊富なので希望に合うものを選択しやすいです。

凍結防止帯の取り付け方法は?

  1. 凍結防止帯を配管にそわして結束バンドで固定します。
  2. 配管表面にサーモスタットを密着させるようにします。
  3. 保温テープを幅の半分が重なるように下から上へと巻いていきます。必ず下から上に向かって巻くようにしてください。上から下に巻いていくとテープの継ぎ目から雨などの水滴が入ってしまう恐れがあるからです。
  4. 更にその上から保温材や保温チューブを巻いていきます。
  5. 最後にコンセントにつないで通電すればOKです。

その際の注意点は?

保温チューブや保温テープは凍結深度(配管が凍結すると思われる深さ)まで巻く必要があります。

凍結深度とは何か?

冬場に0℃以下の気温になるエリアでは地面から一定の深さの地下まで凍結するとされています。この凍結する深さを指して「凍結深度」と呼んでおり地域によってその深さは異なります。水道管が凍結深度よりも浅い部分については凍結して水道管が破裂する危険があるのです。

(各地の凍結深度)

  • 北海道 地域によって60cm~100cm以上
  • 長野県軽井沢 80cm
  • 東京エリア 約20cm など

凍結防止帯の施工上の注意点は?

  • 施工時にヒーターどうしが重なったり接触したりするような場合には温度が異常に上昇してしまってヒーター自体が溶けてしまう場合があるので要注意です。もしヒーターが余ったような時には無理して巻き付ける必要はありません。空中にそのままの状態で垂らしておけば良いのです。断熱材でカバーしたりしないでください。
  • 必ずサーモスタットは配管に直接密着させて、ヒーターと同様に保温テープで均一に覆うようにします。
  • 発熱帯は配管への巻き付け間隔が均一になるように注意します。間隔に狭い部分と広い部分があると、間隔の狭い部分では異常加熱の原因になりますし逆に間隔が広いとうまく保温できずに凍結の原因にもなりかねません。
  • 電磁弁やポンプのそばにサーモスタットを取り付けてはいけません。故障や誤作動の原因になる場合がありますから。

おわりに

お住まいの地域が寒冷地でなく凍結などの心配のない場合でも、大寒波の襲来などで急激に気温が下がってエコキュートの配管が凍結しないとも限りません。そんな緊急事態でもパニックにならないように凍結の予防策や実際に凍結した場合の対応策を事前に知っておくだけでも非常時に慌てないで対処できますよね。

大切なことはまずメーカーの取扱説明書に忠実に従うことです。具体的な対応策はメーカーによって異なる場合もありますから注意が必要です。取扱説明書の指示通りに対処しても一向に改善しないような場合には無理をせずに施工業者等に連絡して修理を依頼してください。