住宅設備のススメ

エコキュート

エコキュートでよくある不具合や故障とは?Q&A形式で問題解決

エコキュートを使っている中で起こりやすい、さまざまな不具合やトラブルについてQ&A形式でお答え!不具合発生時の対処手順や、お湯が出ない・水漏れがする・朝にお湯が炊きあがっていない・夜間に稼働しないなど具体例を挙げながら、適切な対処法を紹介。

435

最終更新 -

この記事の目次

地球環境にも優しく大幅な電気料金の削減も可能なエコキュートは非常にスグレモノです。しかしあくまでも機械ですから故障するような局面は遅かれ早かれ必ずやってきます。一般的にはエコキュートの寿命は10~15年と言われていますが、これも人間の平均寿命と同じで長寿のエコキュートもあれば、比較的短命のエコキュートもあるのです。

私たち人間同様にエコキュートも生前のメンテナンスの有無やストレスの多い環境かどうかも影響するに違いありませんね。そして不具合が起こった際にも、それが本当の故障である場合と単に取り扱いを間違っていたり、取扱説明書をよく読んで理解していなかったことによる勘違いのようなケースも多いので注意が必要です。

エコキュートに不具合が発生した場合に必要な対処手順は?

まず客観的に不具合内容を確認する

修理を施工業者やメーカーに依頼するにしても、実際にどのような不具合が発生しているのかを正確に把握しなければなりません。最も望ましいのは記録して残しておくことです。

いつ、どのような状況で、どんな故障や不具合が発生したのか?などですね。これらの内容が正確に詳細にわたって確認出来れば、修理の際にも効率よく短時間で適切な修理を実施して頂けると思います。

エコキュートを一度リセットしてみて正常に復帰しないかトライしてみる

エコキュートは不具合の原因によっては、リセットすることで簡単に正常な状態に戻ることがあります。実際のリセット方法に関してはメーカーのマニュアルを参照してください。

リセットしても状況が好転しない場合には修理を依頼します

この場合には購入施工業者やメーカーのサービスステーションなどに修理を依頼します。故障でお風呂でもキッチンでもお湯が使えない状況は非常に不便ですから、必ずいつ修理できるかを確認してください。

複数の業者に確認してできる限り早い対応が可能なところに依頼しても良いでしょう。その場合も大体の見積もり概算を聞くようにしてください。

エコキュートの買い替えを考えるべき時かどうか?

もし購入後10年程度経過しているエコキュートの場合には、ぼちぼち買い替えも視野に入って来るタイミングです。故障していない場合には、まず買い替えなどは考えませんよね?その意味では購入後10年以上経過しているエコキュートに関しては故障時が買い替えのタイミングになるケースが多いです。

場合によっては、長い目で見て修理するよりも思い切って買い替えた方が良い場合もあるでしょう。修理前に故障内容を施工業者に伝えて大体の修理費用を聞き出した上で修理するか買い替えるかを判断するのもひとつの方法です。

エコキュートの不具合や故障とその対応策とは?

足し湯しても水が出てきてお湯が出てこない

エコキュートの湯温をコントロールしているIC基板が故障してしまうと、お湯が出ずに水が出るような場合があります。このケースでは自分で修理は出来ませんから購入施工業者やメーカーに修理を依頼する必要があります。

お湯が停止しない

給湯量を制御している水位センサーが故障するとお湯が停止せずに出しっ放しになってしまいます。このような場合には、取りあえず給水元栓を止めてください。その後、業者に修理を依頼するようにします。

貯湯タンクからポタポタと水が漏れているが大丈夫か?

焚き上げしている時には貯湯タンク内部の水が膨張するので、その膨張した分の水を常時排水しているのです。これは故障ではないので心配する必要はありません。

シャワーの水圧が弱いように感じるが?

水道直圧式の給湯器と比べて、エコキュートは貯湯タンク式ですからシャワーの水圧は多少弱いです。もしシャワーの水圧を上げたいのであれば、浴室リモコンを優先にして給湯温度を通常よりも上げて同時に水と混合した状態でシャワーを出せば水圧はある程度は強くなります。また別のアイデアとしてシャワーヘッド自体を節水タイプに変更すれば水圧も上がり、節水も出来て正に一石二鳥ですね。

エラーコードが表示されるが?

機器エラーによる故障の場合は、エラーコードが表示されます。このエラーコードは各メーカーによって異なっています。取扱説明書で具体的な故障内容を確認して原因を修正した上でエコキュートをリセットしてください。リセットしても依然として同様のエラーコードが出るようなら施工業者やメーカーに連絡して修理を依頼してください。

お湯が出てこない。お湯の出が良くない

この症状にはいくつかの原因が考えられます。以下の項目をチェックしてみてください。

ひょっとして給湯温度の設定が「水」になっていませんか?

給湯温度を上げて再度トライしてみてください。

配管が凍結していませんか?

もし凍結しているなら、解凍するまで待つか業者に連絡してください。

給水止水栓が「閉」になっていませんか?

もしそうなら「開」或は「通常」にしてください。

逃がし弁レバーが上がっていませんか?

上がっていたら下げてください。

断水中ではありませんか?

断水中であれば断水の終了を待つしかありませんね。

万一、上記に全く当てはまらないような場合には、即座に施工業者かメーカーのサービス部門に連絡してください。

給湯温度が変化したり、お湯の量が一定しない

この症状は一概に故障とは断言できません。以下のような状況下では給湯温度や湯量が変化する場合がありますから一度ご確認ください。

  1. 足し湯やお湯張りなどと同時に給湯したような場合
  2. お湯を止めたり、出したりを繰り返して行ったような場合
  3. 同時に他の蛇口(キッチンなど)を開いた時
  4. 水道自体の圧力が変動したときなど

追い焚き運転が途中で止まってしまう

貯湯タンク内のお湯の残量が少なくなると追い焚き運転が途中で停止する場合があります。正常化するにはリモコンの「タンク湯量増し」スイッチを先にONにしてから湯量の増量確認をした後に「追い焚き」スイッチを押してください。また浴槽のフィルターが汚れて目詰まりを起こしている場合もお湯が循環できないので追い焚き運転が途中停止する場合があります。

そのような場合にはフィルターの清掃をしてから再度トライしてみてください。

蛇口やシャワーから出るお湯がぬるい

このような場合には次のことを試してください。

  1. 貯湯タンクから浴槽やキッチンの蛇口までは、ある程度離れていますから、その間の配管内部に残っている水は放熱してしまって熱くはありません。適温のお湯が出てくるまで少し待ってください
  2. サーモスタット式混合水栓を使用する際には、リモコン設定温度を混合水栓で使用する温度帯よりも5~10度程度高く設定してみてください。もしそれでも湯温が上がらないようであれば混合水栓のメーカーに問合せしてみてください
  3. 蛇口の開き方が少ないとお湯が出ない場合があります。リモコン上に「湯量表示」が出る位の水量で出すとお湯が出てきます

機器や配管などからの水漏れ

通常は配管の接続部分には水漏れ防止の意味でゴム・パッキンが使用されていますが、年数が経過するとゴムが劣化してしまい水漏れが発生することがあります。この場合は新しいパッキンとの交換で水漏れは直りますが、もし特殊なパッキンが使用されているような場合には取り寄せが必要になったり、業者による交換が必要になるケースもあります。

また内部の貯水タンクのひび割れや配管劣化によるひび割れなどの可能性もありますが、その場合には部品交換や配管の交換が必要となるでしょう。

リモコンが消えている(電源が入らない)

以下の事柄を確認してみてください。

  1. 停電していないでしょうか?
  2. 配線用遮断器(ブレーカー)が「OFF」になっていませんか?もし「OFF」なら「ON」に切り替えてください
  3. 貯湯タンクユニットの漏電遮断機(ブレーカー)が「OFF」になっていませんか?もし「OFF」なら「ON」に切り替えてください。それでも再度「OFF」になってしまうような時には施工業者に連絡してください

リモコンが操作できなくなってしまった

以下の事柄を確認してみてください。

  1. チャイルドロックが設定されていませんか?もしそうなら解除してください
  2. 焚き上げ休止に設定されていませんか?もしそうなら解除してください

朝に貯湯タンクのお湯が全量焚き上がっていない

  1. お湯の使用量が少量の場合には、貯湯タンクを満タンにしていません
  2. 夜間時間帯にお湯を使用すると朝に沸きあがらないような場合もあります。その際には「焚き増し」を実施してください

ヒートポンプユニットから水漏れがあるが、これは何かの故障か?

焚き上げ運転している時には、ヒートポンプユニットの背面にある空気熱交換器(銅管とアルミ管で構成されたパーツ)が結露して表面が濡れて水が垂れます。この現象は焚き上げ運転の際には常時発生します。従ってこれは故障ではありません。分かり易く言えば、冷蔵庫から出したビール瓶に露が付く現象と同じです。

シャワーの湯温が変動して冷たくなったり熱くなったりする

この症状で考えられるのは、シャワー水栓のサーモスタット機能の不具合ですね。施工業者に症状を伝えて修理してもらってください。

ヒートポンプユニットから音がする

焚き上げ運転中や凍結防止の運転時には運転音が発生します。また夏場と比べて外気温が非常に低い冬場には水温を上げる為にヒートポンプがフル稼働するので運転音は夏場より大きくなる傾向があります。これ自体は故障や不具合ではありません。

お湯を使用していないのにリモコン上の貯湯量表示が減少する

リモコンで表示されている貯湯量は、実際にお湯を使用した場合だけではなく貯湯タンク内部の湯温が下がった時にも減少します。これは熱湯の時には水は膨張している為に体積が増えて、逆に湯温が下がると元に戻る為です。ですからこれは故障ではありません。

浴槽や洗面用具などに青いスジが付く

この青いスジの正体は水中に含まれている銅イオンと石鹸に含まれている脂肪酸が反応して生成された物質です。人体には全く無害の物質ですから心配する必要はありません。清掃する場合には浴槽用の洗剤を使用してスポンジでこすり洗いしてください。もしも汚れがひどい場合にはアルカリ系洗剤も有効です。エコキュートの設置直後に多い現象ですが、通常は1カ月程度で解消される場合が多いです。

エコキュートが日中も稼働している

エコキュートが深夜じゃなくて昼間に稼働していても故障ではありません。貯湯タンク内のお湯の量が不足しないように自動で焚き上げ運転をしているのです。メーカーの取扱説明書を見てみると「湯切れ防止設定」などという説明があると思います。またそれ以外にも外気温が急激に下がる冬場において凍結防止の意味で昼間に稼働する場合もあります。

夜間の時間帯になってもヒートポンプが稼働しない

エコキュートは貯湯タンク内の残湯量と水温によっては即座に焚き上げ運転を開始しない場合があります。もし翌朝確認してみて焚き上げが完了していれば正常で問題ありません。

まとめとして

ご使用中のエコキュートの故障や故障と誤解しやすい様々な事例に関してその対策と共にご説明させて頂きました。一般的にエコキュートの平均寿命は10~15年程度と考えられています。しかし機械ですから当然当たり外れもあります。運悪く購入後10年も経過していないのに故障してダメになるケースもあるでしょう。

日頃から定期的な清掃やメンテナンス、半年に一度程度の貯湯タンクの水抜きなどをこまめに実行することで将来の故障発生の頻度も変わってくると思います。非常に高価な製品ですから少しでも良いコンディションで一日でも長く使用したいと思う気持ちは皆一緒でしょう。

大掛かりな交換修理が必要な場合などは修理代金が数十万円と高額になることも珍しくありません。そんな状況では修理よりも思い切って買い替えた方が賢明かも知れませんね。もし自分で判断に迷うような場合にはエコキュートに詳しい施工業者に相談してみるのが良いでしょう。これまでのエコキュート使用経験を活かして、更に家庭の需要にぴったり合致したエコキュートを選択してください。