住宅設備のススメ

エコキュート

エコキュートの床暖房とは?電気式との比較やデメリットも解説!

エコキュートの床暖房について、基礎知識や電気ヒーター式との比較、メリット・デメリットを交えながら詳しく解説!早く暖まるのはどちらか、空気の乾燥具合はどうか、接触面の感触はどうか、価格はいくらかなどよくある疑問にお答えしながら分かりやすく解説

301

最終更新 -

この記事の目次

寒い冬に非常に心地良くてクリーンな暖房として人気が高まっている床暖房ですがご存知ですか?テレビのコマーシャルなどでは外は雪が降っていて寒そうなのにリビングでは家族が素足で歩いていたり、ゴロゴロと気持ち良さそうに寝転がったりして羨ましいようなリラックス感が伝わってきます。

実は一口に床暖房と言っても機能の違いや熱源の違いなどで大きくは電気ヒーター式のものと温水式のものとに分けられます。更に温水式の床暖房は使用する熱源によって電気を熱源としたヒートポンプを利用するエコキュートとガスを熱源とするエコジョーズなどがあります。最初は電気ヒーター式と温水式の違いを比較してみましょう。

スイッチを入れてから早く温まるのはどっち?

電気ヒーター式床暖房

温水式と比べれば一般的に電気ヒーター式の方が適温に達するのは早いです。その点ではランニングコストが安く抑えられるでしょう。

エコキュートなどの温水式床暖房

電気ヒーター式と比較すると残念ながら立ち上がりの時間がやや遅く、ちょうど良い温度になるまでに時間が掛ります。特に冬の朝などには辛いでしょうから、最初は他の暖房機器と併用されるのが望ましいと思います。

温水が床下を循環して、ゆっくりとじわじわ床面全体が暖かくなります。電気ヒーター式と違ってスイッチを切った後も一定時間は余熱でポカポカと暖かさが持続します。

温度のムラに関してはどうか?

電気ヒーター式床暖房

一般的には床面温度にムラが生じやすいです。これは電気線の結合部分に熱を伝える均熱板が無い場合が多いので、その結合部分が冷たく感じられて結果的に床面温度にムラができるのです。

エコキュートなど温水式床暖房

床面温度はムラなく全面が均一に暖められます。熱を伝達する均熱板を床面全体に貼り付けているので均一にムラなく暖めることが可能で、どこにいてもポカポカと快適な暖かさを感じられます。

空気の乾燥が心配だが大丈夫か?

電気ヒーター式床暖房

空気の乾燥自体は大丈夫ですが、エアコンやファンヒーターなどの暖房器具を併用して使用するような場合には注意が必要です。

エアコンのような温風を吹き出さないので乾燥の点は問題ないでしょうが電気ヒーター式の床暖房のみでは、どうしてもパワー不足で温かさに物足りない感じがしてしまうので他の暖房機器と並行使用もあると思います。その際には場合によっては加湿器の使用も考慮した方が良いかも知れません。

エコキュートなど温水式床暖房

基本的に温水の循環で床面を暖かくするだけなので空気を乾燥させることはありません。

エアコンの場合には上部から温風が吹き出すので、足元がどうしても冷えるという状況は改善されませんが、床暖房の場合は赤外線による輻射熱で床面から部屋全体を温めるので、たとえ室温が16~18℃であってもポカポカと快適に感じられます。他の暖房器具のサポートも必要なく十分な暖かさを得られるのです。

接触面の特徴は?

電気ヒーター式床暖房

身体が床面に長時間触れているような場合には、体感的に熱く感じられる場合もあります。特に熱さに対する感覚が鈍くなっているお年寄りには低温やけどに気を付ける必要があります。

エコキュートなど温水式床暖房

適温の温水がグルグルと循環しながら放熱します。温度としては約40℃までしか上がらないので電気ヒーター式の床暖房と比べると低温やけどのリスクは非常に少ないと言えます。

温水式床暖房は床下に敷きつめた温水パネル(マット)に熱源機で作った適温のお湯を床一面にグルグルと循環させて部屋全体を温めようというものです。その熱源としてはガスと電気の両方があるのですが、今回は効率よく熱を作るヒートポンプ(エコキュート)の給湯器を使ったケースで説明します。

エコキュートによる床暖房とは?

空気中の熱を吸収して温水を作るのがヒートポンプを使ったエコキュートの床暖房ですが他の方式と比べると、より少ない電気で多くの熱を作り出すことができます。従って高効率で室内を十分に暖めることが可能になるのです。

その場合の熱源となる給湯器がエコキュートです。エコキュートは省エネ効果が非常に高いだけでなく、二酸化炭素の排出量削減にも寄与するまさにエコな給湯器なのです。

床暖房の設置の際には、暖房機能が付いた多機能型のエコキュートを利用して設置しますが、もしも多機能型のエコキュートではないタイプの機種を使用されている場合には別途床暖房用に電気ヒートポンプ式の熱源機を増設する必要があります。

エコキュート床暖房のメリットとデメリットは?

メリット

  • エアコン使用時と異なり温風を吹き出さないので過度の空気乾燥の心配がありません。温風の流れや動きを感じない輻射方式の暖房ですから、自然の暖かさを感じることができてお肌にもノドにも優しい暖房です。またエアコン使用時のように直接温風が顔や体に当たったりしないので快適です。
  • 火を使用せず風の流れもないので空気が汚れずホコリなども舞い上がりません。従ってアレルギーのある方も安心できる暖房でしょう。また小さな子供のいる家庭でもやけどの心配がないので安心できます。
  • 足元からポカポカと暖かく理想的な「頭寒足熱」の状態になります。一般的にエアコンによる暖房では設定温度を高めにしても足元は冷たいままの状態で頭や顔だけ火照ってボーっとするような場合があります。これに対して床暖房の場合はポカポカとじんわり足元から体の芯まで暖めることが可能です。これは遠赤外線を利用した輻射熱による暖房の効果です。部屋中が同じ温度で温まるので特にお年寄りやリウマチに悩んでおられる方、更には冷え性の方にも大好評です。
  • 室内温度を高めに設定しなくても十分に暖かさが実感できます。温水式の床暖房ですから部屋の中で上と下で温度のムラがなく温度差が小さいのが特長です。実験データによれば、エアコン暖房の場合の部屋の上下による温度差は約3~7℃程度あるのですが、それが床暖房になると1℃以内の差しかないとされています。しかも床暖房している部屋の足元は約20℃程度で維持されており、体温よりも低いのでポカポカと春のような温もりが感じられるのです。
  • 暖房にファンヒーターなどを使用すると部屋の窓ガラスに結露が発生しますが、エコキュート床暖房に関しては心配ありません。これは室内の温度変化が少ない為に、結露や湿度の上昇も少なくアレルギーの原因となるカビやダニの発生も少ないのです。
  • 温度が40℃までと一定に保たれるのでムラがなく火事や低温やけどのリスクがほとんどありません。また全館床暖房であれば、トイレも脱衣室も廊下もリビングと同じ暖かさなので、暖かい部屋から急に寒い部屋などに入った時などに急激な温度変化に血圧が上がるようないわゆる「ヒートショック現象」の心配がないのでお年寄りや血圧の高い方にも非常に安心できる暖房システムと言えるでしょう。
  • ファンヒーターやコタツで部屋のスペースが狭くなるようなこともないので部屋が広く使えます。
  • 熱源にガスを使用した場合と比べて二酸化炭素の排出量と光熱費は共に約半分になります。この点から見て環境にも家計にも優しい暖房システムです。
  • 床面全体を適温のお湯が循環するだけですから、ファンヒーターやエアコンの送風音やストーブの燃焼音などがなく非常に室内が静かです。

デメリット

  • 多機能型エコキュートであればヒートポンプの増設は必要ありませんが、それ以外のタイプのエコキュートを使用していれば、床暖房専用に熱源となるヒートポンプを設置する必要があります。
  • 多機能型エコキュート使用の場合には、実際のお風呂や台所での使用給湯量や温度設定、住宅性能の違いなどによって床暖房可能な面積が変動します。
  • ランニングコストは安いですが、導入時のイニシャルコストに関しては他の床暖房と比べると割高になる場合があります。
  • 床下に温水パネルを敷設したり、温水用の配管を設置したりと手間が掛かります。

エコキュートの床暖房設備の価格はどのくらい?

床暖房の工事をする際に床暖房用パネルが必要になりますが、このパネルには「床材分離型」と「床材一体型」の2種類があります。またそれらのパネルを敷設する方法にも「床を張り直して設置」する方法と「床の上に設置」するやり方があります。

床材分離型パネル

文字通り床材とパネルが分離しているタイプの床暖房パネルです。完全に分離しているのでフローリングの材質や色なども好みに合わせて自由に選択できるのがメリットです。床を張り直して床暖房を設置する予定の方は、このタイプを選ぶことになります。

床材一体型パネル

これは床材とパネルが一体化しているタイプの床暖房パネルです。分離型と比べると施工が楽なのでその分工事費も安くなるでしょう。既存の床の上に後付けで床暖房を設置する予定の方はこちらのタイプを使用することになります。

どのパネルを採用して、どのやり方で設置するかで当然価格的にも違いが出てきます。製品の大体の目安としては定価で10畳から20畳程度で40~60万円程度でしょうか。

また工事費に関しては温水マットの設置工事や床下の配管工事、接続配管工事、電気工事など色々な工事が必要になってきます。一般的に工事費は15万円程度ですから総合計としては55~75万円程度になるかと思います。

暖房器具の熱の伝わり方

基本的に暖房器具の熱の伝わり方には「対流」「伝導」「輻射」の3種類があるのです

対流

空気が熱せられると軽くなって天井の方に上昇します。そして冷えてくると今度は下の方に下がってくるのです。この対流の性質を利用した暖房器具がエアコンやファンヒーターです。このデメリットは頭の付近は暖かいが足元が冷たいという理想とは逆の状況になってしまうことです。更に温風の循環による空気の乾燥も問題になっています。ちなみにエアコンで設定温度を5℃上げると、湿度は10%も下がるとされているのです。ですからエアコンで暖房する時には、同時に加湿機の併用が望ましいとされています。

伝導

物体の中を熱が伝わる現象を「伝導」といいます。実例としては、ホットカーペットやアンカ、湯たんぽなどが該当します。このデメリットとしては発熱体にじっと長時間接触しているので設定温度に注意しないと低温やけどを起こす恐れがあるので要注意です。

輻射

物体から出る赤外線によって暖める方法が「輻射」です。これはいわば放出された熱が天井や室内の壁などに反射して部屋全体に伝わるような熱の伝達といえます。暖炉やエコキュートの床暖房はこの「輻射」に該当しますが、特長としては暖められた床の熱が部屋全体をじっくりポカポカと優しく暖めてくれることでしょうか。

一切火を使用しないので室内の空気が汚れず、乾燥する心配もありません。床からの暖かい空気が天井の方に移動する「対流」と床に接した足から感じる「伝導」さらに赤外線の熱が部屋全体に反射して伝わる「輻射」のトリプル効果で一層の暖かさを実感できると思います。

おわりに

床暖房に関して電気ヒーター式と温水式のメリットとデメリットや特徴などをご紹介しました。確かに多くの魅力的なポイントがある床暖房ですが、どのようなライフスタイルや家族構成ならそのメリットを最大限に享受できるのでしょうか?

ひとつ言えることは家族が多い家庭や家で過ごす時間が多い人には非常にメリットが多くコスパも良いでしょう。特にお年寄りのいらっしゃる家庭などでは全館暖房であれば各部屋の温度差によるヒートショックが引き金になる脳梗塞や心筋梗塞などのリスクも低くなるに違いありませんから、その点でも安心できるのではありませんか?

何といっても外では雪が降っていたり、木枯らしが吹き荒れているのに室内ではポカポカと春の陽気を感じながら素足で歩いたり、薄着でリビングのフロアで寝転んだりできれば何とも贅沢な気分が味わえますね!一度、導入を検討してみる価値は十分あるのではないでしょうか?