住宅設備のススメ

エコキュート

その選び方で大丈夫?エコキュートの失敗しない選び方!

エコキュートの選び方は、家族構成やお家の地域・環境、お庭の設置場所などで変わってきます。販売業者・設置業者によっては十分なアドバイスをしないまま販売・設置する業者もありますので、エコキュート選びを失敗しないためにも選び方を確認しましょう。

3,211

最終更新 -

この記事の目次

よく耳にする「エコキュート」ですが固有の商品名などではなく「自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯機」の一般愛称として電力会社やメーカーが使用しているものです。

しくみとしては、コンプレッサーで大気の熱を利用することで実際に使用する電力に比べてその約3倍もの熱エネルギーを得られるという極めてコスパの良いスグレモノなのです!
また冷媒もフロン系は使用せずに、CO2(二酸化炭素)を使うことでオゾン層にダメージを与えず温暖化ガスの発生も抑制できる訳ですね。

エコキュートの賢い選び方は?

各家庭で実際にエコキュートを選択する場合、大きく分けて以下のような4つの検討ポイントがあります。購入後に後悔しないよう慎重にチェックする必要がありますよ。

  1. 設置場所はどこにするか?
  2. 適切なタンクの容量は?
  3. 給湯スタイルは?
  4. 住んでいる地域は?

設置場所はどこにするか?

貯湯ユニットの設置場所のスペースの大小によって角型か薄型のどちらが良いか形状を選定します。

適切なタンクの容量は?

何人家族か?お風呂派かシャワー派か?によって必要な容量は当然ながら変わります。
ご参考までに大体の目安としては次の通りです。

1人    180リットル
2~3人  300リットル
3~4人  370リットル
4~5人  460リットル
5~7人  550リットル

実際の必要量より小さいタンク容量を選んでしまうと、追加でお湯を沸かすことに
なって効率が悪くなり、電気料金も非常に高くなってしまいます。

またエコキュートの耐用年数は一般的に10年以上とされていますから、今後の家族構成がどうなるか?増えるのか?逆に減るのか?なども考慮に入れて無駄のない選択をすべきですね。

給湯スタイルは?

給湯機能に絞って分類すると、ざっと下記の3種類あります。

フルオートタイプ

完全自動の給湯スタイルです。お湯はり・停止・保温・温度調節・たし湯などが全ておまかせ!

オートタイプ

お湯はりだけが自動で、あとの操作は手動です。従って追い炊きやたし湯機能はありません。

給湯専用タイプ

従来からある蛇口をひねるとお湯が出るだけのシンプルなもの。

フルオートタイプとオートタイプの差は単に「保温」と「たし湯」を自動でするかしないかだけです。フルオートタイプは「保温」も「たし湯」もしてくれて便利かも知れませんが、その分余計に光熱費が掛かる訳ですね。その点も考慮に入れて選ぶ必要があります。自動保温イコール自動追い焚きですが、原則として追い焚きは光熱費が上がります。もしも同じ湯温にする為に温め直すなら、追い焚きよりも湯量が増えますが、たし湯の方が経済的なのです。

せっかく光熱費が安くなるエコキュートを選択しても、追い焚きばかりしていると逆にコストアップしてしまって意味がなくなってしまいますよね?」従って、自動のお湯はりが必要なら「オートタイプ」不要なら「給湯専用タイプ」で充分かも知れません。コスパも良いですから。

住んでいる地域は?

現在お住まいの地域が冬場にマイナス10度を下回る寒冷地や海の近くで常に潮風にさらされる場所なら、それなりの仕様(寒冷地仕様やサビ対策など)が必要になります。まず販売施工業者に確認してみることをお勧めします。

エコキュートの電気代は?

エコキュートを使っている方の声を聞くと、「光熱費が7割になった」とか「半分になった」とか言われます。では実際にエコキュートに掛かる電気料金はどの位なのでしょうか?一般的にエコキュートの年間の電気料金の平均額が約1万5千円と言われています。
もしエコキュートを使用していてこれよりも割高になっているのであれば、エコキュートの使い方が原因である可能性がありますね。

エコキュートの電気料金が高くなる最大かつ唯一の原因は非常にシンプルです。
要は「電気料金が高い日中に電力をたくさん使用している!」ということです。本来、エコキュートは安価な夜間の電力を使用してお湯を沸かします。ですから夜の時間帯に沸かしたお湯を日中に使用するのは問題ありません。しかし日中に、お湯が不足してしまって追加で沸き増しを行った場合に電気料金が跳ね上がるのです。

気を付けなければならないのは、エコキュート向けの夜間の電気料金が安く設定されているプランは、逆に日中の電気料金が高く設定されているのです!
何と驚くべきことに、日中の電気料金は夜間と比べて2~3倍にもなります!その為、日中にお湯切れによって沸き増しすることになると夜間の2~3倍もの高額な電気料金が掛かってくる訳です。

一般的にエコキュートの本体価格は、もちろん機能やタンク容量等で異なりますが、工事費
別で平均70~100万円台とされています。当然、従来の電機温水器と比較すれば非常に高価ですが、安い夜間の電力と高い給湯効率などで電気料金は電機温水器の3割程度です。
また地方自治体によっては、エコキュート普及を促進する為に補助金制度を設けているところもありますから忘れずに確認が必要ですね。

エコキュートの電気料金を節約するにはどうするか?

季節ごとにモード設定をこまめに切り替えると省エネにつながりますよ。
例えば、お湯を多く使用する冬場に「多めにお湯を使用する」モードに設定していたとしたら、少量のお湯しか必要でない夏場には省エネモードに切り替えるなど調整します。

当日にこれ以上はお湯を使わない場合、昼間に自動沸き上げ機能を停止して電気料金を節約することができます。

日中の電気料金の高くなる時間帯を理解した上で、ピークカット設定(設定した時間帯では、たとえ湯量が少なくなっても自動的に沸き増しをしない設定)にしておく。

お風呂のお湯は「高温たし湯」が「追い焚き」や「自動保温」などよりも省エネになってコスト節減になります。是非覚えておいてください。

数日間から長期に渡って家を不在にするようなケースでは、必ず休止設定モードにしておきます。この機会を利用して、水抜きなどのメンテナンスも実施すれば良いですね。

夜間の時間設定で安く使える時間帯を確認した上で、家族の生活パターンに照らして最適な電気料金プランを再検討してみるのも節約に有効だと思います。

エコキュートを設置する際の注意点は?

実際にどの場所にエコキュートを設置するかは慎重に検討する必要があります。
まず重要なのは自分たちの寝室だけでなく隣家の寝室の近くには設置しないことです。
寝室からの距離は15メートル以上離すと共に、ヒートポンプユニットの前には何も置いてはいけません。更にヒートポンプユニットの前の塀の高さは音源より1メートル以上高くするようにします。

既にエコキュートを設置済の場合は、防音効果は限定的かも知れませんが、ヒートポンプユニットに防音シートなどを貼り付けたり、コンクリート床に直接ヒートポンプユニットを置いているのであれば、振動を抑える為に防振ゴムをユニットの下に敷くようにします。

エコキュート設置前に大切なのは、近隣にまず声を掛けることです。それで万一、騒音などが気になったら、すぐに知らせてもらうように依頼しておきます。細かい気遣いが近所の人達との人間関係を壊さないカギですからね!

エコキュート自体は非常に便利でコスパも良く、省エネや自然災害への備えとして重要なものになっています。騒音にはしっかりと対策を講じたうえで設置すれば問題ありません。

どこのメーカーのエコキュートを購入すれば良いか?

複数のメーカーがエコキュートを製造販売していますが、どのメーカーがどんな製品を作っているのか?メーカーによってどんな特長があるのか?まったくわかりませんよね?
そこでザックリと各メーカーのセールスポイントなどをお伝えしたいと思います。

「コロナ」のエコキュートは?

石油ストーブで有名なコロナは、余り知られていませんが世界で初めてエコキュートを販売したメーカーでもあるのですよ。まずコロナのエコキュートを語る時に決して忘れてはいけないのは製品価格が安い!ことでしょうか。もちろん安かろう悪かろうでは決してありませんよ。
また別の特長としては、人数や使用状況の変化に合わせた多彩なお湯の沸かし方が可能な点です。高性能で価格の安い製品をと考えた時に選択肢に残るメーカーです。

「ダイキン」のエコキュートは?

大手の空調設備メーカーとして世界中に展開しているメーカーです。このメーカーのエコキュートの特長は何と言っても力強い給湯力です。同時並行でシャワーを使用してもお湯のパワーが落ちないことですね。また容量的にもコンパクトサイズの180リットルのサイズもラインナップされており、新聞紙1枚サイズの狭い場所でも充分にセッティング可能です。また無駄な追い焚きやお湯の出しっ放しがないように管理できるなど非常にエコに気を配ったメーカーでもあります。

「三菱」のエコキュートは?

電気温水器のメーカーとしても高い評価を受けているメーカーです。三菱のエコキュートは、その容量タイプの品ぞろえが非常に豊富な点がセールスポイントでしょうか?
容量177リットルから550リットルの大型まで顧客のニーズに細かく対応可能です。
また保証期間自体もオプションで有償ながら、追加料金を支払えば最長8年間まで延長できるのも安心材料ですね。また風呂の栓を抜くと配管内部を自動的に掃除する機能や入浴中のジャグジー機能など個性的な機能が満載です。

「パナソニック」のエコキュートは?

日本でエコキュートのトップシェアを持つメーカーです。パナソニック製品の大きなセールスポイントは「エコナビ」で、人の浴室への入室を検知して最適な湯温に自動調整します。
更に湯温モードも3種類からチョイスできるなど、さすがに大手家電メーカーだけあってユニークなアイデアがいっぱい詰まっていますね。デザイン性にも優れており燃料効率が非常に良い点もアピールポイントです。

「日立」のエコキュートは?

従来から省エネに注力しているエコキュートのメーカーです。日立製のエコキュートは、ウレタン発泡充填断熱構造を持った貯湯(ちょとう)ユニットが非常にユニークです。
バスタブに高速でお湯をはる機能や配管パイプ内部の自動洗浄機能など非常に細かいところまで気を配り、使い勝手が良いように考えて作られています。

「東芝」のエコキュートは?

エコキュートのヒートポンプユニットに関しては非常に評価の高いメーカーです。
ヒートポンプユニットの保証期間は一般的には3年間ですが、東芝の場合には自社製品の品質への自信を反映して何と5年間もの長期保証期間を設定しているのです。

エコキュート設置の際に販売施工業者はどうやって選べば良いか?

数あるエコキュートの販売施工業者の中から、最終的に依頼先を決定するに際してチェックすべきポイントが4つあります!

これまでにエコキュートの豊富な施工経験があるかどうか?

エコキュートは各家庭に設置するものですから、施工現場の状況がすべて異なります。
その点で設置経験の豊富な施工業者であれば、臨機応変の対応力もあるでしょうし、使用するに当たっての有益なアドバイスも得られると思います。

多くのメーカーや製品タイプを取り扱っている施工業者かどうか?

これは購入に際してできる限り多くのメーカーや製品から選択した方が良いからです。
選択肢は多ければ多いほど選択幅も広がりますからね。

料金が安くサービス内容が充実しているかどうか?

これは当然のことですが、複数の販売施工業者から同条件で相見積もりを入手して細かく比較検討してみてください。決して安い買い物ではありませんから慎重に!

アフターサービスがしっかりしていて、利用者からの評価が高いかどうか?

エコキュートは定期的なメンテナンス等が必要となる製品です。その意味からもアフターサービスの優劣は非常に重要な検討項目になるのです。各施工業者の利用者からの評価・評判なども注意深くチェックしてみる必要がありますね。

「エコキュートの選び方」まとめ

ここまでエコキュートの賢い選び方、注意すべき事柄などに関して解説してきました。
エコキュートは上手に使用すれば、非常に便利で経済的な給湯システムだと思います。
製品寿命も10年以上ですから、購入を検討される時は家族構成や今後の人数の見通し、家族のライフスタイルなども考慮してピッタリの製品を選択するようにしてくださいね!
そして是非、快適なエコキュートライフを満喫してください!