住宅設備のススメ

エコキュート

キューヘンのエコキュートでよくある故障とエラーコード・対処法

キューヘンのエコキュートを使用中に発生する症状や故障、エラーコードの内容や対処方法を解説!「E25」「E55」など故障と勘違いしやすいエラーコードのほか「E01」「H32」など修理が必要なエラーコード、長く使うためのお手入れについても解説!

470

最終更新 -

この記事の目次

数ある給湯器の中でも特に省エネと光熱費の節約に大きく寄与しているのはエコキュートでしょうか。昨今は再度テレビCMなどでも注目を集めています。非常に熱効率が良く家計にも優しいことで家電の優等生と言えるでしょう。

一般的にエコキュートの製品寿命は10~15年程度とされています。当然ながらその長さは日頃からのこまめな手入れや実際の使用頻度などによっても大きく変動します。今回はエコキュートによく発生する不具合や故障の内容とその対応策及びエラーコードの内容などに関して解説致しますから是非とも今後の参考になさってください。

故障や不具合の症状と処置の方法について

エコキュートの使用中に何らかの不具合が発生しても、そのすべてのケースが必ずしも修理を必要とする故障であるとは限りません。下記のような場合は故障ではないので修理を依頼する前によく確認するようにしてください。一時的な不具合の場合は修理の依頼は必要ありません。

お湯が足りない/お湯がぬるい

考えられる原因と処置

  • 残り湯で追い焚き運転をしていませんか?
  • 沸き上げ中にお湯を使用していませんか?
  • 排水栓が「排水」になっていませんか?
  • 出湯配管が水漏れしていませんか?
  • 逃し弁がゴミ噛みでお湯や水が漏れていませんか?

お湯も水も全然出ない

考えられる原因と処置

  • 凍結していませんか?
  • 断水していませんか?
  • 給水元栓は開いていますか?

汚れたお湯が出る

考えられる原因と処置

  • 貯湯タンクの清掃はしていますか?
  • 断水や水道工事が近くでありましたか?

満タンの状態でお湯が沸かない

考えられる原因と処置

  • 夜間の時間帯に大量にお湯を使用していませんか?
  • 設定が部分沸き上げになっていませんか?

ふろ運転中に循環口から泡が出る

考えられる原因と処置

  • 水中の空気が分離したり機器内のお湯に空気が混入したりした為で故障ではありません。

お湯が白く見える

考えられる原因と処置

  • 水中に溶けていた空気が分離して白く見えます。

機器内からポンプ音がする

考えられる原因と処置

  • 設置後や部品交換の後にエア抜き目的で熱交循環ポンプが約10分間作動することがありますが故障ではありません。

逃し弁からお湯(水)が出る

考えられる原因と処置

  • 逃し弁の排水ホースから沸き上げ中には膨張水が出ますが故障ではありません。

夜間時間帯の終了時刻よりも早く沸きあがる

考えられる原因と処置

  • 貯湯タンク内に昼間の残湯がある場合には予定の終了時刻より早く沸き上げが完了する場合があります。

冬場の寒い時に沸き上げポンプ・循環ポンプ・ヒートポンプが作動し音がする

考えられる原因と処置

  • 屋外の気温が10℃以下の場合に凍結予防の為に沸き上げポンプ、循環ポンプ、ヒートポンプユニットが自動的に作動してお湯が循環します。故障ではありません。

設定した水位にならない

考えられる原因と処置

  • 設定水位にならない場合には取り扱い説明書に沿って「ふろ試運転」を行ってください。

沸き上げ運転がストップした

考えられる原因と処置

  • 急に大きな電圧変動があった場合には保護の為に停止しますが約3分後に自動的に復旧します。

沸き上げ運転中にヒートポンプユニットのドレン口から水が出る

考えられる原因と処置

  • ヒートポンプユニットが大気から熱を吸収する際に結露の水が出てきます。故障ではありません。

お湯がくさい/お湯から油が出る

考えられる原因と処置

  • 初めて使用開始する際には配管工事の時の油やにおいがお湯に混じって出ることがありますが、しばらくすると消えます。これは故障ではありません。

沸き上げ運転中にヒートポンプユニットが霜で白くなる

考えられる原因と処置

  • 冬期運転中は霜が付く場合があります。

ヒートポンプユニットから水や湯気が出る

考えられる原因と処置

  • ヒートポンプユニットに付着した霜を取り除くと水や湯気となって出てきます。故障ではありません。

沸き上げ運転の停止中にヒートポンプユニットのファンが回る

考えられる原因と処置

  • (沸き上げの停止中)外気温の高い真夏などは保護の為にヒートポンプユニットのファンが回る場合があります。
  • (沸き上げが停止した直後)保護の為に約2分間ヒートポンプユニットのファンが回る場合があります。

浴槽やお湯(水)が青く見える

考えられる原因と処置

  • 光の波長の関係でお湯(水)や浴槽が青く見えるケースがあります。また銅製の配管から溶出した少量の銅イオンと石鹸などに含まれている脂肪酸が反応して浴槽や洗面用具が青くなる場合がありますが異常ではありません。

キューヘンエコキュートの故障ではないエラーコード表示

次のようなエラーコードが表示された場合は異常ではありません。自分たちでの対応が可能です。対応してもエラー表示が消えない場合にのみ据え付け工事店に連絡してください。

E25

異常内容

  • 浴槽アダプターより上に水がない

処置

  • ふろ自動運転中に浴槽の栓を抜いてないか?
  • (ふろ自動運転を続ける場合)まず浴槽の栓が閉まっていることを確認した上で再度、ふろ自動スイッチを押します
  • (浴槽内の残水を排水する場合)ふろ自動スイッチを押して、ふろ自動運転をストップしてから排水します
  • 浴槽アダプターよりも上部に水(湯)がない状態で追い炊きや高温さし湯、ふろ洗浄などを使用していないか?
  • 浴槽アダプターよりも上部まで水(湯)を入れた状態で追い炊きや高温さし湯、ふろ洗浄などの機能を使用してください

E55

異常内容

  • 浴槽アダプターより上に水がない(凍結防止運転時)

処置

  • 寒い日がなかったか?ふろ配管の凍結防止の為に凍結防止運転を作動する場合があります
  • (凍結防止運転を継続する場合)外気温が低い場合には事前に浴槽アダプターよりも上に水を溜めて使用します
  • (凍結防止運転を使用しない場合)取扱説明書を参照の上、設定を「切」にします

E40

異常内容

  • 貯湯タンクの湯切れ

処置

  • 普段よりも多量にお湯を使用したか?すぐにお湯が必要なら沸き増しをします

E41

異常内容

  • 湯張り時間超過

処置

  • 複数の場所でお湯を使用していないか?もしそうなら、使用場所を減らしてからふろ自動スイッチを再度ONにします

E43

異常内容

  • 浴槽内に残水がある

処置

  • 浴槽内に水(湯)が残っていないか?完全に排水した後で再度、ふろ自動スイッチをONにします

E44

異常内容

  • 浴槽の栓抜けや閉め忘れ

処置

  • 浴槽の栓が抜けていないか?栓が完全に閉じた状態で再度、ふろ自動スイッチをONにします

※「E25」「E55」「E41」「E43」「E44」のエラーコードは、ふろ自動スイッチをONにして湯張りをするとエラー解除ができます。湯張りの停止は再度、ふろ自動スイッチを押してください。

キューヘンエコキュートの本当に故障の場合のエラーコード表示

上記に示したエラーコードとは異なり、下記に示したエラーコードがリモコン上に表示された場合は異常発生のサインです。即座に販売店に連絡してください。

E01→E24 E26→E39 E49→E63

異常内容

  • 貯湯タンクユニット関連の異常です

処置

  • 販売店にエラーコードを伝えて点検・修理を依頼します

H01→H32

異常内容

  • ヒートポンプユニット関連の異常です

処置

  • 販売店にエラーコードを伝えて点検・修理を依頼します

エコキュートと入浴剤は相性が悪い?

入浴時にリラックスする為にお好みの入浴剤を使用するのを楽しみにされている方も多いと思いますが、残念ながらエコキュートに入浴剤を使用することは余りお勧めできないのです。実際にキューヘンのエコキュート製品取扱説明書にも入浴剤や洗剤で原料に硫黄、酸、アルカリを含んだものは使用してはいけない旨の注意が記載されています。

これはどうしてでしょうか?その理由として、それら原料成分が本体や配管に悪影響を及ぼして劣化させ結果的に故障や水漏れなどの原因になるとしています。特に使用を控えた方が良い入浴剤は白濁タイプや粉タイプのものが多いです。

では使用できる入浴剤はないのでしょうか?一般的に使用しても余り問題のない入浴剤として「バブ」、「バスクリン」「きき湯」(にごりタイプはダメです)「バスロマン」などです。特にフルオートタイプのエコキュートは入浴剤を使わない方がよいとされています。

メーカーによって使用できる入浴剤は違いがありますから、念の為に取り扱い説明書を参照するようにしてください。

エコキュートに必要な日頃のお手入れ方法とは?

定期的にエコキュートをお手入れすることが寿命を延ばすことに役立ちます。習慣にして面倒がらずに取り組むようにしてください。

具体的なお手入れの方法は下記の通りです。決して難しいことはありませんし時間も掛かりません。実際に実行することは「貯湯タンクユニットの水抜き」、「浴槽のフィルター掃除」、「漏電ブレーカーの動作点検」、「逃し弁の点検」、「ふろ配管の洗浄」の5項目です。

貯湯タンクユニットの水抜き

貯湯タンクの底には水道水の不純物(塩素や各種ミネラルなど)が沈殿しています。それらをタンクの水抜きをすることで外部に排出しようということです。水抜きの具体的な手順は以下の通りです。

  • 漏電ブレーカーをOFFにします。
  • 給水配管専用止水栓を閉じて逃し弁レバーを開放します。
  • 排水栓を開いて2分以上排水するようにします。
  • 水抜きが終わると逃し弁レバーを閉じて漏電ブローカーをONに戻します。
  • 最後にお湯が出ることを確認して作業は終了です。年に2~3回実施してください。

浴槽のフィルター掃除

これは浴槽のお湯を排水した後で実施します。

  • 浴槽フィルターを取り外して歯ブラシ等を使って細部まで清掃し最後に水洗いします。
  • 元通りに取り付けて完了です。

フィルターには入浴ごとに毛髪や石鹸成分などが付着して目詰まりの原因になりますからこまめに清掃することが大切です。

漏電ブレーカーの動作点検

この点検も年2~3回実施するようにしてください。具体的な手順は以下の通りです。

  • 貯湯タンクユニット正面の操作カバーを開けます。
  • 左側にある漏電ブレーカーのテストボタンを押します。
  • 漏電ブレーカーのツマミが「ON」から「OFF」に切り替わればOKです。
  • ツマミを「ON」に戻します。
  • 操作カバーを閉じれば終了です。

逃し弁の点検

まず動作に問題がないか点検します。

  • レバーを2~3回上げ下げして水またはお湯を流します。
  • レバーを元に戻して弁を閉めます。
  • 水またはお湯が完全に止まっているのを確認して完了です。

次に水漏れの点検をします。

沸き上げをしていない時に排水口から水やお湯が出ていないかチェックします。出ていなければ正常です。問題ありません。もし水が出ていれば、レバーを上下に数回動かします。それでも水が止まらない場合には給湯器専用止水栓を閉じて漏電ブレーカーの電源レバーを「OFF」にして販売店に点検・修理の依頼をしてください。

ふろ配管の洗浄

年2~3回は洗浄剤(ジャバを推奨)を使用して配管内部のクリーニングをしてください。具体的な作業手順は下記の通りです。

  • 浴槽内の残り湯が浴槽アダプターより5センチ以上、上にあることを確認します。
  • 浴槽にジャバなどの洗浄剤を投入します。
  • 浴室リモコンで洗浄をスタートします。
  • 浴槽の残り湯を全部排水します。
  • 蛇口やシャワーなどで浴槽に水を入れます。必ず浴槽アダプターよりも5センチ以上上まで入れるようにしてください。
  • 浴室リモコンで再度、洗浄を実施してすすぎます。
  • 浴槽の残り湯を全部排水して浴槽内を掃除して完了です。

終わりに

今回はキューヘンのエコキュートに関して、よくある故障とその対応策、またエラーコードの内容に加えて製品寿命を延ばす為に必要な日頃のお手入れ方法などもご紹介しました。

給湯器はとても私たちにとって身近な家電製品であるだけにある日突然の故障発生で作動停止になってしまうと、そのショックは非常に大きいでしょう。日常生活の上でも大きな不便に直面することになります。そのような場合にもパニックにならず冷静に対応できるように製品の取り扱い説明書の再読をお勧めします。

エコキュートには故障のようで故障でないようなケースも多いです。販売店に連絡する前に本当に自分たちでは対応できない症状なのかどうか見極めることが大切です。日頃のメンテナンスに関しては、私たち人間の健康管理と同様にとても重要なものです。

是非とも面倒がらずに前向きに取り組んでください。あなたの愛情がエコキュートの長寿に間違いなく繋がるのですから。