住宅設備のススメ

エコキュート

コロナのエコキュートをおすすめする理由!特長や快適機能を紹介

コロナのエコキュートはどこが優れているのか、特長や快適機能などに細かく分けて詳しく解説!コロナ独自の技術「エネルギーセーブ制御」や「入浴検知センサー」、災害時でも利用できる便利な機能のほか「使い切り」「おまかせ」など給湯モードについても解説

1,850

最終更新 -

この記事の目次

(株)コロナと聞けば一般的には石油ストーブや石油ファンヒーターなどの暖房機器で有名ですが、実は2001年に世界で初めてエコキュートを販売開始した老舗のメーカーでもあるのです。その時は東京電力とデンソーとで共同開発してエコキュートの製造販売をスタートさせました。

コロナのエコキュート製品のラインナップは300リットル、370リットル、460リットルの3種類のタンク容量のみで、大家族向けの大容量モデルは提供しておらず耐塩害仕様の機種も製造していません。数あるエコキュートのメーカーの中でコロナのエコキュートの持つ特長を簡単に言えば以下のポイントが挙げられます。

  • 省エネ・高効率
  • 沸かしたお湯を効率よく保温
  • ヒートポンプユニットが低騒音設計
  • デザインがスタイリッシュで省スペースを意識した設計
  • 高性能だが価格はリーズナブル
  • 施工性が優れているなど

一般的なエコキュートの特長や仕組みとは?

ガス給湯器と比べて給湯に掛かるコストが大幅に安い!

エコキュートは熱源となるヒーターを使用していません。ヒートポンプユニットで空気中の熱を利用してお湯を沸かす仕組みですから、電気代が非常に安く済みます。また使用する電力も割安な夜間電力が中心ですから一般的なガス給湯器との比較ではランニングコストが1/3~1/8で収まるとされています。電気給湯器との比較でも1/4~1/5程度と大幅に節電できるのです。

エコな給湯は大気熱を利用

エコキュートでは電気エネルギーを「1」使用して「2」の大気熱エネルギーを得ることで「3以上」の熱エネルギーを生み出すことができるスグレモノなのです。正式名称が「自然冷媒ヒートポンプ給湯器」の愛称である「エコキュート」は文字通りエコな給湯器という意味です。

もちろんエコをアピールしている製品ですから、この自然冷媒とはフロンガスではなく、自然界に存在する二酸化炭素を利用しているのです。

ピークシフトに貢献

ピークシフトとは電力需要の多い日中の時間帯を避けて夜間の時間帯などに移行することです。エコキュートは電気料金の高い昼間にはお湯を沸かさず割安な夜間の電力を利用してお湯を沸かします。

電力会社が節電を要請している時間帯9~20時(特に13~16時)にはエコキュートは基本的に、ほとんど運転しない制御になっています。もちろん湯切れなど状況によっては昼間の時間帯でも運転は可能です。

コロナエコキュートの具体的な特長とは?

コロナの独自技術であるエネルギーセーブ(ES)制御

このエネルギーセーブ制御というのは、コロナだけの省エネ技術で「お湯を沸かす」「お湯を貯める」「お湯を使用する」の3工程を融合させたコントロールシステムです。この制御システムは「お湯の沸き上げ」や「省エネ給湯回路」「省エネ保温」などに活用されており具体的には以下のような内容でコントロールしています。

お湯を効率よく沸かす

コロナ製のエコキュートは「エジェックスⅡ」と呼ばれるエジェクター回路(膨張エネルギーを利用して圧力を高め、エネルギーロスを防止して節電します)と効率の極めて高いスクロールコンプレッサー(空気中の熱を吸収した冷媒を効率よく圧縮して高温にまで高めるもの)を搭載しています。

更にヒートポンプユニットの効率を上げる工夫として、貯湯タンクから常時冷たい水を水加熱用熱交換器に送り無駄を極力排除しています。

お湯を効率よく貯蔵する

非常に高い保温性は、貯湯タンクに真空断熱材を使用することによって実現しました。またレベルの高い溶接技術によって製造されたタンク缶本体は抜群の耐久性を誇っています。その為にきれいなお湯をいつまでも貯湯タンク内に貯めておくことができるのです。

お湯を効率よく使用する

貯湯タンク内のお湯は上層部が高温のお湯、中層部が中間温度(約30~50℃)のお湯で常に湯温が変動しています。そして下層部が冷たい水の層になっており常にタンク内は三層の異なった温度のお湯(水)になっているのです。

そしてコロナのエコキュートは、この中間温度のお湯をムダなく使い切ることで次の日の沸き上げ効率をアップさせることができます。それに加えてコロナの貯湯タンク本体には熱交換器が内蔵されているので、ヒーターを使わずにタンク内の上層部の高温のお湯の熱を活用して追い焚きや保温もできるのです。

コロナのこの機能は「マルチサークル追い焚き」と呼ばれています。

新電力料金メニューに対応

コロナのエコキュートは小売り電気事業者の様々な電気料金メニューにも対応しているので非常に割安でお得な稼働が可能になります。そして今後更に新しい電気料金メニューが提案された場合に備えて夜間の沸き上げスタート時刻と終了時刻を任意で設定変更できるように工夫されているのです。

高圧力のパワフル給湯でシャワーも快適!お湯はりも短時間でOK

コロナの給湯圧力は従来の自社製品と比べて約1.5倍にパワーアップしました。高圧力パワフル給湯では最高使用圧力290kPaを誇っています。ですから自宅の2階や3階のおふろでもストレスのないパワフルシャワーの水流を楽しめます。

またお湯はりも迅速に完了するので、帰宅後すぐにおふろに入りたいような場合もとても便利です。

入浴検知センサーで保温追い焚きを自動制御!

コロナのエコキュートは入浴検知センサーを業界で最初に搭載しました。浴槽に人が入ってきて水位が変化したことを検知して保温追い焚きを自動的にスタートします。もちろん無人の場合には保温追い焚き機能は停止して作動しませんからムダを省くことができます。

更にふろ配管の自動洗浄機能も完備しているので、いつもおふろのお湯がきれいで気持ちよく清潔に維持されます。

災害時でもお湯や水が使用できます

昨今は各地で地震や台風、大雨被害などが頻発しています。被災したエリアでは高い確率で断水や停電に見舞われますが、そんな時でもエコキュートがあれば安心です。コロナのエコキュートはSMAミキシング弁(SMA:Shape Memory Alloy / 形状記憶合金)を搭載していますから停電の非常時でも、このバルブが湯温を調整しますから最後に使った時の給湯温度でお湯の使用が可能です。

非常用取水栓

地震の被害で断水になったような場合でも、貯湯タンクユニットの湯水をトイレや洗濯などの生活用水として利用することができます。しかしエコキュートの貯湯タンク内に貯めている湯水は、一定時間タンク内に保存されている状態なので飲料水としての利用には適しません。

貯湯タンクユニットの転倒防止策

非常時に折角の貴重な生活用水でも貯湯タンク自体が地震で転倒してしまっては元も子もありません。コロナは万が一の際の転倒防止策として貯湯タンクユニットの脚部を3本脚として強度アップ。クラスSの耐震設計をクリアしており安心できます。

リチウム電池搭載

ビデオなどのAV機器であれば停電が復旧した際には面倒な再設定が必要になりますが、コロナのエコキュートの場合にはリチウム電池を搭載していますから難しい再設定は不要で即座にお湯を使用することができます。

スマートナビリモコン

浴室と台所に設定されるスマートナビリモコンプラスには、様々な使い勝手の良い機能や工夫が満載です。

双方向ハンズフリー通話機能

話したい側が「通話スイッチ」を押せば浴室と台所で交互に会話ができて非常に便利です。

デカ文字モード

これはコロナが業界で初めて導入したものです。リモコンの表示文字のサイズを2段階に切り替えることができる機能で特に高齢者に配慮した親切な機能と言えます。

ecoガイドで省エネをサポート

毎日のお湯の使用量や使用パターンなどを「見える化」することで省エネやムダ使いを防止する方法やアイデアをアドバイスしてくれます。1日あたりの使用湯量の目標を設定することで達成状況や進捗を表示し、週ごとや月ごとの使用量についても表示します。更に一歩進んだ便利機能の紹介なども表示してくれます。

コロナエコキュートのその他の快適機能とは?

湯温が安定している

SMA(形状記憶合金)ミキシング弁の効果によって、シャワーを出したり止めたりしている途中に熱湯や冷水が出るような状況を防止します。

自動でふろ配管を洗浄

入浴後におふろの栓を抜いて排水を開始すると、自動的にエコキュートがおふろの配管を自動洗浄してくれます。

最適な給湯モードが選べて便利

学習機能付き「おまかせ省エネ」モード

日々の実際の使用湯量の実績を学習して最適と思われる量のお湯を自動で沸かします。

学習機能付き「使い切り」モード

これはコロナ独自の機能で「おまかせ省エネ」モードよりも更に少量のお湯を沸かします。省エネの為に昼間の自動湯増し運転はしません。二人所帯など少人数の家庭では便利で実用的な機能です。

学習機能付き「おまかせ」モード

これは「おまかせ省エネ」モードではお湯が不足するような場合に便利な機能です。日々の使用湯量を学習した上で「おまかせ省エネ」よりも多めにお湯を沸かします。

湯量設定モード

自宅に適した必要湯量をあらかじめ自分で設定できるので節電につながります。

「タンク湯増し」スイッチ

急にお湯が必要になったような場合に、1時間、2時間、3時間から湯増し時間を選んで設定することができます。

「今日の湯増し休止」スイッチ

これは特定の日だけ有効にする機能です。例えば外出などで少量のお湯で済む場合に設定して節電します。また最長で15日間迄の沸き上げ休止設定が可能です。

自動たし湯の有/無の選択ができます

もし自動たし湯を「無」に設定しておくと、おふろの湯量が少なくなっても自動たし湯を実行しません。この機能でお湯のムダ使いを減らすことができます。

きめ細かい使いやすさと親切設計

「汚れんコート」

貯湯タンクユニット本体の表面に親水性の塗膜を施した「汚れんコート」を採用しています。その為汚れが付きにくくお手入れも簡単です。

低騒音設計のコンプレッサー

エコキュートの場合は静かな深夜に稼働し安価な夜間電力を利用してお湯を沸かします。ヒートポンプユニットの設置状況や隣家との距離など取り巻く環境によっては騒音トラブルになるケースもあります。特に外気温が低い冬場には夏と比べて稼働音が大きくなるのが普通です。

コロナは夜間でも安心してエコキュートを稼働させられるように低騒音設計のコンプレッサーを搭載しています。

違う温度のお湯が同時に使用可!

「給湯」と「お湯はり」でそれぞれ異なる温度のお湯が同時に使用できるので非常に使い勝手が良く便利です。

冬の凍結予防も省エネ設計

ヒートポンプユニットと貯湯タンクユニットの配管が凍結するのを防止する為、貯湯タンク内のお湯をヒートポンプに送付するバイパス制御を実行します。

コロナエコキュートで使用可能な入浴剤は?

花王(株)の「バブ」(但し、にごりタイプは除く)、(株)バスクリンの「バスクリン」、アース製薬(株)の「バスロマン」を使用することができます。

貯湯タンクユニットの配管をステンレス化

配管をステンレス化することで耐腐食性が更にアップすると同時に錆びにくいことで耐久性も大幅に向上しました。

おわりに

エコキュートの新規購入や買い替えなどを現在検討中のご家庭もあると思います。特に初めてエコキュートの導入を考えておられる場合には、メーカーの選択や我が家にふさわしい機種の選定など迷ってしまう局面が非常に多いと思います。

ひとつ言えることは、どのメーカーのモデルを選んでも性能的にはそれほど極端な差はないのではないでしょうか?それよりも我が家の需要にピッタリのモデルを選定する方が大変かもしれません。

選定に際しては一戸建てか、マンションか?設置予定スペースに余裕はあるかどうか?家族構成や使用水量はどの程度になりそうか?などなど。大切なチェックポイントはたくさんありますから漏れのないように慎重に選びましょう。

各メーカーは、それぞれ他社製品と差別化を図るべく独自機能を製品に盛り込んでアピールしていますから、どのメーカーの特長が自分たちに適しているかを考えて選ぶのも良いでしょう。選ぶポイントに優先順位を付けて選択すると楽かも知れませんね。

今回のコロナのエコキュートに関しては世界で初めてエコキュートを販売したメーカーですが他の大手メーカーと比較するとどうしてもブランド力に劣る為、その分販売価格を安く設定して拡販に注力しています。しかし安いからと言って決して性能面で劣るということはありません。

逆に価格的に安くて高性能な製品という点で考えれば最後まで候補に残るメーカーではないでしょうか?

更に自然災害が多発している昨今、エコキュートの持つ生活防衛ツールとしての役割も決して見過ごすことはできないと思います。