住宅設備のススメ

エコキュート

ダイキンのエコキュートが優秀すぎる!機能や賢い使い方を解説

空調機メーカーであるダイキンのエコキュートが優秀と言われる理由を徹底的に解説!自分が好きな温度を維持してくれる「温浴タイム」や、身体を芯から温める「マイクロバブルアダプター」など注目の機能や省エネ性、アプリでできることや節電のコツまで紹介。

1,707

最終更新 -

この記事の目次

よく耳にする「エコキュート」という言葉ですが、どんな仕組みでお湯を沸かすのか?をご存知の方も多いと思いますが念の為に少しおさらいしておきましょう!

簡単に言えば、大気中の熱をヒートポンプユニットに取り込んで「自然冷媒(CO2):二酸化炭素」で圧縮し高温にして、その熱でお湯を沸かすというものです。従来のフロンガスなどを冷媒として使用せず自然界に存在する二酸化炭素を活用しているので地球環境に対しても無害で優しいシステムです。

暑い夏場にフル稼働するエアコンの場合は空気中の熱をポンプのように吸い上げて外部に放出して熱を取った後の冷たい空気を部屋に戻しています。エコキュートの心臓部である「ヒートポンプユニット」もこれとまったく同じ原理で作動しているのです。

エコキュートは使用する1の電力に対して3の熱エネルギーを取り出せるので非常に効率的です。文字通りエコな給湯機ということで「エコキュート」の名称で親しまれている訳ですね。

空調機メーカーダイキンのエコキュートへの取り組み

エアコンなどの空調設備で世界的にも有名なダイキンですが、このダイキン製のエコキュートの第一の特長は何といっても給湯力が非常にパワフルなことでしょうか。例えばキッチンと浴室で同時にお湯を使ってもお湯の勢いが弱くなりにくいことです。

また製品のラインナップには180リットルのコンパクトなサイズの機種もあり貯湯タンクユニットの設置場所に広いスペースが確保できないような場合でも新聞紙一枚程度の広ささえあれば設置が可能な点も魅力でしょう。

更にダイキンのエコキュートで特筆すべき点は製造しているすべての機種において耐塩害仕様や寒冷地仕様モデルも提供できることです。日本中どこの顧客に対してもすべての同じ製品ラインナップの中から選択してもらえることは素晴らしいアピールポイントではないかと思います。

加えて空調機メーカーとして成長してきたダイキンは、ヒートポンプ技術を活用した商品の製造では60年以上の実績と経験の蓄積があり、それもダイキンのエコキュートは故障しにくいとされる理由かも知れませんね。

それでは具体的にダイキンのエコキュートの特長を見てみましょう。

自分の好きな湯温を設定して、その温度を維持する「温浴タイム」機能

これは各人のお好みの湯温に簡単に自動調整してくれるもので、温度調節の為に途中でお湯を足したり水を加えたりする手間は一切不要です。湯温の低下を感知すると即座に追い焚きして設定温度に戻して安定させます。また配管内の冷めた残り湯が浴槽内に流れ込む不快感もありません。要するに湯温を常時チェックして、お湯を継続的に循環させるのです。

その日の気分に応じて、おふろの温度を「さらにぬるめ」から「あつめ」まで1℃刻みで4段階から選ぶことができます。

  •  「あつめ」    ふろ設定温度にプラス1℃
  •  「いつもと同じ」 ふろ設定温度
  •  「ぬるめ」    ふろ設定温度からマイナス1℃
  •  「さらにぬるめ」 ふろ設定温度からマイナス2℃

では足し湯や水を加えたりせずにどうやって湯温を調整しているのでしょうか?

浴槽の湯温を上げたい時は

貯湯タンク内の高温のお湯と浴槽のお湯を熱交換します。そうすることで浴槽に一切足し湯せずに湯温を上げることができるのです。

浴槽の湯温を下げたい時は

今度は貯湯タンク内の高温のお湯と浴槽の水を熱交換します。そうすることで浴槽に水を加えることなく浴槽のお湯の温度を下げることができるのです。

「マイクロバブルアダプター」を取り付けることで快適性が一段とアップ!

吸気ユニットから取り込んだ空気は直径が約0.005~0.05ミリの非常に微細な泡として浴槽内に勢いよく吹き出すのです。そしてこのマイクロバブルが身体全体を優しく包み込むことにより、すべすべでうるおいのあるマイクロバブル入浴が楽しめるのです。温熱効果で身体が芯から温まり湯冷めしにくくなります。おふろから出た後もぽかぽかですよ。

この機能はオプションですが、マイクロバブルアダプターと吸気ユニットは非常に簡単な工事で取り付けが可能です。ワンランク上のバスタイムを楽しんでみませんか?

地震の際にも安心な倒れにくい貯湯タンクユニット

エコキュートは自然災害の際には非常用生活用水として利用できますが、東日本大震災の発生時には貯湯タンク本体が転倒してしまって、折角のタンク内の水が利用できないケースもありました。その教訓を踏まえて貯湯タンクユニットの耐震性能を大幅にグレードアップしたのです。

補強箇所としては貯湯タンクユニット本体の脚部とタンク支持部の補強に加えて転倒防止金具と補強プレート付き脚部化粧カバーを取り付けることで耐震クラスSクリア基準の約140%の耐震性能を達成しました。

※耐震クラスSとは、「建築設備耐震設計・施工指針」における「局部震度法による建築設備機器の設計用標準震度」において設計用水平震度=2.0(満水質量の2倍の荷重)に耐えられることです。

その他の特長として

新電力メニュー対応

電力の自由化で多様化した電気料金メニューに対応して安価な電気料金の時間帯で沸き上げ設定ができます。また今後新たに電気料金メニューが出た際にもマニュアル設定することで十分に対応が可能です。

電力抑制機能を搭載

これは過去における消費電力のピーク電力によって電気料金が算定される契約形態に対応した機能です。電力抑制機能をセットすることで沸き上げ時に掛かるピーク電力を低減するのです。

省エネルギー性能の向上により全機種がトップランナー基準を達成

ダイキンエコキュートの全機種が改正省エネ法のトップランナー基準を達成しておりグリーンの省エネ性マークに対応しています(トップランナー基準:改正省エネ法に基づく「エコキュート」の2017年度を目標とする省エネ性の達成基準)。

「パワフル高圧」の水圧を更にアップ!

従来は300kPaであった減圧弁設定値の「パワフル高圧」を320kPaにパワーアップしました。その為、貯湯タンクユニットが1階に設置されていても3階のバスルームでも快適にシャワーが使用できます。シャンプーの泡も素早く洗い流せて快適です。

また2ヵ所同時給湯ですから浴室でシャワーを使用中であっても、同時に台所でも問題なくたっぷりのお湯が使用できます。更にお湯はりもスピーディーに完了できます。大体のお湯はり時間の目安としては、1階の浴室の場合で約11~14分、2階の場合は約13~17分、3階で約16~19分程度です。

リモコンのデザイン一新で更に見やすく!

スムーズな操作性は維持したままで高級感のあるアクリルパネルを採用し直線基調のシンプルでスタイリッシュなデザインに一新しました。

「バスクリン」の全入浴剤製品に対応!

(株)バスクリンの入浴剤全製品を使用することが可能です。従来ならNGであった「にごり湯」などの入浴剤にも対応しているので好きなバスクリンの入浴剤でお風呂タイムを楽しめます。これは非常に嬉しい特長ではないでしょうか?

ターボ沸き上げ機能

外気温が低い冬場など、もし沸き上げ能力が低下したような場合には自動的にパワーアップして安価な電力料金の夜間時間帯に沸き上げ作業が完了するように自動的にコントロールする機能です。

自動ふろ配管洗浄

「自動ふろ配管洗浄」の機能をスイッチONにしておけば、おふろの栓を抜くと自動的に約10リットルの水を配管内に注水して洗浄します。

沸き増し能力アップで急な湯切れにも対応!

予期せぬお湯の大量使用などで湯切れが心配になっても自動的に強力な沸き増し運転を実施します。通常と比べて約1.3倍の加熱で即座にお湯を沸かすので湯切れが心配になっても自動的に強力な沸き増し運転を行うので湯切れリスクの際も安心です。

蛇口閉め忘れのお知らせ機能

蛇口やシャワーからお湯が少量ずつ流れていることを感知すると設置されているすべてのリモコン上に表示とアラームで閉め忘れを通知してくれるので安心です。

地下水や井戸水への対応

これまではエコキュートへの使用を諦めていた地下水や井戸水への対応もダイキン独自の水質検査基準をクリアした場合はエコキュートでの使用が可能になります。

水質検査を受ける場合は専用の容器に水を入れて販売店に渡すだけですから手間いらずです。

キッチンと浴室で会話

リモコンを経由してキッチンと浴室で会話ができます。シャンプー切れとか食事の準備ができた時などの連絡に非常に便利です。

コストパフォーマンスに優れているエコキュートを更に節電する賢い使い方は?

湯量設定は「おまかせモード」がおススメ!

これはエコキュートが毎日のお湯の使用量を学習していて常に把握しており、適切と思われる湯量を自動的に沸き上げるので無駄が発生しないからです。

「昼間休止設定」

あまりお湯を使わない予定の日は「昼間休止設定」にします。そうすれば昼間の割高な電気を使用しないので節電できるという訳です。

「沸き上げ休止設定」

旅行などで数日間家を留守にするような場合には「沸き上げ休止設定」にしましょう。そうすることで節電に繋がります。

「ふろ自動」をOFF

おふろの保温が必要ない場合には「ふろ自動」をOFFにしましょう。「ふろ自動」がONになっていると自動的に保温する工程が作動しますからOFFにすることで節電になります。

お湯の使用履歴チェックで節電意識を高めよう

一週間前からのお湯の使用量がリモコン上で確認できますから、使用量の増減が一目瞭然です。毎日の節電、節水に役立てましょう。

どちらの方が節電になるでしょうか?

「追い焚き」と「高温足し湯」では?

正解は「高温足し湯」です。「追い焚き」は貯湯タンクユニット内のお湯の熱を利用して浴槽のお湯を温めます。その点では「高温足し湯」の方が早く温まり、お湯の熱も無駄なく使用できるのでより省エネですね。

前日の残り湯を沸かし直す時は「追い焚き」それとも「ふろ自動運転」?

「追い焚き」よりも、残り湯を少なめにして「ふろ自動運転」にした方が省エネです。その場合に減らす湯量は循環口が水面に出ない程度が目安です。

エコキュートを効率よく使用して省エネに繋げる為のひと工夫とは?

  • 入浴はできる限り間隔を空けずに入るようにしましょう。
  • お湯の水位は浸かった時にちょうど良い高さに設定すると無駄が省けます。
  • 入浴が終わったら次の人が来るまで浴槽にフタをして放熱を防ぐようにします。
  • 給湯温度は低めにします。洗顔の場合などは体温よりも少し低くても快適です。
  • お湯はこまめに止める習慣を付けましょう。食器類はつけ置きしてまとめて洗ってしまいましょう。
  • 外部のヒートポンプユニットの周囲に物を置いたりしないようにしましょう。

吸気効率が悪くなってしまいますから。

ダイキンホームコントローラーアプリを使えば何ができるのか?

  1. 従来は浴室リモコンで操作していた「追い焚き」がタブレットで操作可能になります。
  2. エコキュートの使用電力量もリアルタイムで把握できるので節電しやすくなります。
  3. キッチンやリビング、ダイニングなど自宅のどこにいてもタブレットを使用してエコキュートの運転や停止の指示ができます。
  4. キッチンの給湯設定温度やおふろの設定温度、また貯湯タンクユニットの残湯量なども即座に確認することができます。
  5. その他、貯湯タンクの沸き増しやおふろの予約、湯量設定など一連の基本設定もタブレット上で行うことができます。

おわりに

ダイキン製エコキュートの特長に関していろいろと説明致しましたが自然災害が特に多発している昨今は、エコキュートの別の面がクローズアップされています。それは非常時における生活防衛の為の強力なツールとしてです。

もとより日本は地震、台風、大雨被害など自然災害の多い国ですが、被災した際には長期間の停電や断水を余儀なくされる場合が多いですね。特に断水が続くとトイレや洗濯、おふろなどもすべてがお手上げ状態になってしまいます。でもそんなときに家にエコキュートが設置されていればどうでしょうか?

貯湯タンクに大量のお湯(水)をストックしているので飲料水としては適さなくても生活用水としては不自由することはありません。

例えば370リットルの貯湯タンクの場合であれば、20リットルのポリタンクで約18個くらいを貯蔵している計算になります。これだけの量の生活用水を常時確保しているのですから断水が少々長引いても大丈夫ですね。

もしエコキュートの新規購入や買い替えを検討されているのであれば、是非ダイキンのエコキュートも選択肢のひとつとして加えてみてはどうでしょうか?もちろんエコキュートの最大の魅力は電気料金の削減ですが、それにプラスして生活防衛ツールとしてのエコキュートのメリットにも注目すべきかもしれません。