住宅設備のススメ

エコキュート

パナソニック製エコキュートが人気の理由!HEMS活用術も伝授

パナソニック製エコキュートがなぜ人気なのかを分かりやすく徹底的に解説!エコキュートが初めての方でメーカーを迷っている方は特に必見の内容。エコキュートがお湯を沸かす仕組みからパナソニック独自の優れた技術、HEMSでより快適に使うコツまで解説!

299

最終更新 -

この記事の目次

数あるエコキュートメーカーの中でも、その優れたデザイン性で定評のあるのがパナソニックです。もちろんデザインだけでなく、省エネに繋がるオリジナルのエネルギー効率化システムである「エコナビ」を搭載しているのも大きな特長のひとつと言えるでしょう。

今回はそんなパナソニックのエコキュートの様々な特長に関してお伝え致します。

エコキュートでお湯を沸かすしくみとは?

さて既に耳慣れた「エコキュート」という名称ですが、一体どのような仕組みでお湯を沸かすのか理解されているでしょうか?

そもそもエコキュートは、大きく分けて「ヒートポンプユニット(圧縮機)」とお湯を貯めておく「貯湯タンクユニット」のふたつのパーツで構成されています。「ヒートポンプユニット」はエコキュートの心臓部ですが、その働きは空気中の熱を熱交換器で自然冷媒(CO2:二酸化炭素)に集めて、それを更に圧縮することで高温にします。

気体は急激に圧縮されると分子同士が擦れあって温度が上がるという性質を利用しているのです。そして高温になった冷媒の熱を今度は水に伝えてお湯を沸かす訳ですね。こうやって生まれたお湯はどんどん貯湯タンクユニットにストックされていくのです。

冷媒の中には人工的なものと自然界に普通に存在するものとがあります。人工冷媒として有名なものは、エアコンや冷蔵庫などで使用されたフロンガスがあります。この冷媒はオゾン層を破壊して地球温暖化を促進する元凶とされていますね。

一方の自然冷媒というのはアンモニアやプロパン、二酸化炭素などがありますが中でも可燃性や毒性がなく、しかも加熱能力が高いという点から二酸化炭素がほぼ理想的な自然冷媒として認識されているのです。加えて加熱能力が高いですから寒い冬場で、外気温がマイナス10℃のような厳しい環境下でも高温での貯湯が可能となるのです。その意味でも高温の沸き上げに非常にマッチした冷媒で環境にも優しいのです。

「エコキュート」の正式名称は「自然冷媒ヒートポンプ式給湯機」ですが、空気中の熱をうまく利用して1の電力で3のエネルギーを生み出すことができるという文字通りエコな給湯機なのですね。

パナソニック製エコキュートの特長

「エコナビ」搭載!

これは人の出入りを即座に感知して、より適したエコを実現しようとするものです。

業界初のひとセンサー

人が浴室に入ったことを、ひとセンサーが感知して設定温度までの加熱を直ちにスタートします。これによって誰も入浴していない時のふろ自動保温によるエネルギー消費を抑制することができます。

湯温学習コントロール

過去の実績からお湯の冷め方を学習して浴室が無人の場合の15分ごとの湯温チェックをカットしたことで省エネ効果がアップしました。パナソニックの独自の検証実験によれば、ふろの保温時には「エコナビ」使用時で最大約35%の省エネ効果を確認しています。

リズムeシャワープラス

シャワー使用時にシャワーの流量が一定リズムで強くなったり弱くなったり、湯温自体も上下したりして快適性をアップし、更に省エネで最大約20%、節水効果は最大約10%を達成しました。

ぬくもりチャージ

この「ぬくもりチャージ」機能は、従来なら捨てられていた入浴剤の残り湯の熱を有効に再利用して夜間の焚き上げを節約しようとするものです。ふろ保温運転と回路を切り替えることで無駄を無くして必要に応じたお湯づくりを実現できたのです。ちょうど残り湯の熱を貯湯タンク内のお湯にチャージするようなイメージですね。

尚、この「ぬくもりチャージ」の作動時間は浴槽内の残り湯の温度や貯湯タンクにストックされているお湯の量や湯温によっても変わりますが、大体5分から最大で60分です。

温浴セレクト

各人の好みの湯温を「あつめ 42℃」「普通 40℃」「ぬるめ 38℃」の3種類の快適な温浴モードから選ぶことができます。従来は入るときに水を蛇口から足したりしていましたが、その手間は不要になります。最初からあなた好みのドンピシャの湯温で、おふろは準備完了ですから!

一般的に浴槽の湯温を2℃上下させるのに必要な時間は春や秋の中間期であつめで約4分、ぬるめで約5分程度が目安です。

パワフル高圧給湯

これまではエコキュートのシャワーの勢いが弱くてストレスを感じたり、台所で同時にお湯を使用すると余計にシャワーの水流が弱まってしまったりとイライラの種だったのですがもう大丈夫です。この「パワフル高圧給湯」によってシャワーの湯量もアップして2階や3階でもパワフルなシャワーを楽しむことができるようになりました。

酸素入浴機能

この機能の仕組みはどうなっているのでしょうか? 酸素運転の内容は、ふろ接続アダプターから浴槽内に毎分約2リットル、酸素濃度約30%の空気を送り出します。浴槽内に送られた酸素は拡散されるので入浴時に消費される空気の酸素を補充する形になって自然で楽な呼吸で入浴できる訳です。

また気になるレジオネラ菌ですが、酸素を追加的に添加することによる菌の増殖速度への影響は確認されておりません。また別のメリットとして酸素入浴の場合は通常の入浴と比べて湯冷めしにくいという傾向があります。

床暖房機能

温水式床暖房パネルと接続することで温水式の床暖房が出現します。この床暖房のメリットは何でしょう?

  1. 火を使用しないので空気が汚れずクリーンな暖房です。
  2. エアコン暖房のように温風を対流させないので空気の乾燥も少なく更にホコリも 舞い上がりません。
  3. 室内に熱源や暖房器具が存在しないので、燃焼音や送風音が発生しません。単にお湯が循環するだけですから非常に静かです。
  4. 床暖房は暖かい床面からの輻射熱(遠赤外線)で熱を伝える理想的な頭寒足熱タイプの暖房と言えるでしょう。また最大で20畳の部屋までの床暖房対応がOKです。

エコミストi・ミスト

i・ミストとエコキュートを接続するとあなたのバスルームがマイナスイオンを含んだホームサウナとしてリラックス空間に早変わりです!目に見えない「i・ミスト」のクリアミストは、ナノ微細水(水破砕ユニットにより作られる1ミクロン(1000分の1ミリ)未満の微細水滴ですから肌が濡れたような感覚がないような高湿度で低温の浴室環境を作りますから、のんびり・ゆっくり・まったりとした気持ちの良いバスタイムが満喫できるでしょう。

i・ミストの優れた効果は?

クリアミスト うるおいモード

濡れないミストでお肌が潤って入浴中に化粧水を使用すると浸透も良くなり肌の含有水分量が増加します。ですからクリアミストの中でヘアケアすると髪がしっとりと潤う効果があります。

クリアミスト サウナモード

クリアミストで満たされたバスルームは、通常のドライサウナのような息苦しさはありません。また、しっかりと手足の先まで保温されるので入浴後も体の芯からポカポカと暖かくて湯冷めしにくいでしょう。

お湯はり時間を更に短縮!

フルオートタイプのエコキュートの場合、お湯はり時間は1階で約12分、2階で約14分3階で約15分程度です。もし残り湯があっても、あふれる心配は要りません。より早く正確なお湯はりを実現しています。

その他の便利機能は?

「給湯ガイド」スイッチ

各ご家庭に合った沸き上げモードや節約機能の紹介や説明、使用に関するアドバイスなど給湯全般に関するお助け情報を表示します。

お湯はりサポート機能

ヒートポンプで沸かしたお湯を即座にお湯はりに使用することで放熱ロスを減らして省エネに貢献します。更に効率よく沸かしたお湯(通常よりも低い湯温のお湯)を利用することで深夜の沸き上げ量を軽減します。

自動配管洗浄

この機能はおふろの排水栓を抜くたびに、ふろ配管に10リットルのお湯を流し込み配管内の残留している温水を洗い流すものです。

手動配管洗浄

リモコン上の「メニュー」から手動での配管洗浄も可能です。

ダブル湯温コントロール

バスルームと台所で同時に違う温度のお湯を使用できます。

「キレイキープコート」採用

貯湯タンクユニットの外装に水滴が付きにくく、汚れも付きにくい親水性の素材を採用しているので汚れも落ちやすくお手入れが非常に簡単にできます。

非常時に頼りになるエコキュート

停電時でもシャワーや蛇口からお湯を使うことができます。但し、停電時には温度の調整ができないので、使用時に必ず湯温をチェックするようにしてください。また断水時には貯湯タンク内のお湯(水)を生活用水として活用することが可能です。

尚、タンク内に貯めていたお湯(水)なので飲用水としては適していません。ちなみに取り出せる非常用水の量ですが、370リットルの貯湯タンクの場合で20リットルのポリタンクに約18個分くらいです。これだけの生活用水が常時確保できていれば少々、断水が続いても安心ですね。

多様化する電気料金プランに対応するパナソニック・エコキュート

電力小売り完全自由化に伴う新しい電気料金メニューに対応が可能です。事前に設定しておくことで朝方の電気使用量ピークの時間帯と重ならないように沸き上げの完了時間を1時間早めることも可能です。

地震に強いエコキュート

ヒートポンプユニットと貯湯タンクユニット共に3本脚から4本脚に改善することで基礎面にしっかりと固定することができ、耐震強度が約1.3倍アップして震度7相当の地震にも耐えることが可能になりました。

「スマートHEMS(ヘムス)」でより快適に!

パナソニックが提案する「スマートHEMS(ヘムス)」とは、HEMS(Home Energy Management System :ホーム エネルギー マネジメント システム)の略語です。これはIT技術を活用することによって、エネルギーの使用状況をリアルタイムで見える化したり、家電機器などを最適な状態で稼働するようにサポートしたりして節電と便利を両立させるエネルギー管理の支援システムです。

「スマートHEMS(へムス)」を活用して何ができるのか?

例えばアプリを利用して外出先からスマートフォンでおふろのお湯はりを指示することも可能なので、暑い夏場や寒い冬の時期も帰宅後にすぐ適温のお風呂に飛び込めます。また使用電力や使用した湯量、貯湯タンク内の残湯量なども即座に確認できるので節電意識が身に付きますね。

太陽光発電とエコキュートを併用することで省エネ効果もダブルに!

太陽光発電を活用することで電気料金の高い昼間には、太陽からの恵みである自然エネルギーを利用して得られた電気を使用して更に余った電力は売ることも可能です。夜間には割安な電力で湯沸しできる為、24時間通して無駄なく省エネ生活が送れますね。

おわりに

エコキュートは今から17年前の2001年4月に日本で初めて発売が開始されました。勿論、最大の特徴は従来の電気やガス給湯器と比べて大幅に電気料金が削減されることや当時から大きな問題であった地球温暖化の観点から見ても非常にエコな製品であり環境にも優しいという面であったと思います。

しかし昨今の日本では地震や大型台風による被害、大雨による大規模な水害など自然災害が各地で頻発しています。その点で、エコキュートの別のメリットが注目されています。例えばエコキュートと並行して太陽光発電を使用しているとしましょう。

大規模な自然災害が発生してライフラインがひどいダメージを受けて長期の停電・断水の事態に見舞われたとします。そんな場合でも太陽光発電があれば自前の電気が使用できます。加えてエコキュートがあれば、断水が長引いても生活用水はたっぷりと貯湯タンクの中にストックされていますからお風呂も毎日入れますしトイレや洗濯も困りません。

ほとんど平常時に近い生活が確保できるのではないでしょうか。非常時における備えとしては、ほぼ万全でしょう。

現在、エコキュートの新規購入や買い替えなどを検討されているご家庭も多いかと思います。その際にはパナソニックの製品も選択肢に加えてみては如何でしょうか?もし新築やリフォームなどを機に導入を考えておられるのであれば、太陽光発電やオール電化なども選択しやすいタイミングであると思います。

エコキュートの大きな魅力のひとつである電気料金の削減以外にも自然災害リスクに対する生活防衛ツールとしてのエコキュートの魅力にも注目すべきかと思いますね。