住宅設備のススメ

エコキュート

中国電機製の電気温水器によく見られる故障とエラーコードの内容

中国電機製の電気温水器でよくある不具合や故障について、症状や考えられる原因、対処方法などを解説。修理を依頼したほうがよいケースやエラーコードごとの原因と対処方法、少しでも寿命を延ばすためのお手入れ方法、買い替えのタイミングも交えて徹底解説!

231

最終更新 -

この記事の目次

一般的に電気温水器の製品寿命は10~15年程度とされており、通常は使用開始から10年以上が経過すると不具合の発生が目立ってきます。これらは寿命に近づいている兆候と考えても間違いではないでしょう。

今回、ご紹介するのは中国電機製造㈱の電気温水器によく見られる故障事例や不具合発生の際にリモコン上に表示されるエラーコードの意味及び処置方法、更には日頃から必要とされるメンテナンスの具体的な方法なども詳しく解説しますので是非、今後の参考として役立ててください。

尚、中国電機製造㈱は広島市に本社があり、中国電力の完全子会社で電力機器や配電盤、制御盤などを扱っています。

修理が必要な故障かどうかの見極めが非常に大切

電気温水器には実際には故障ではない一時的な不具合の場合と専門業者による修理が必要なケースがあります。故障と見間違いやすい不具合の症状には下記に列記したものがありますが、これらは故障ではありませんから原因が復旧すると再度使用することが可能になります。

断水

症状及び注意点

電気温水器だけではなく他の蛇口からも水が出ない。隣近所の住宅にも念の為に断水状態であることを確認しましょう。特に近年は異常気象などの影響もあり、局地的にゲリラ豪雨や大型台風の発生頻度も増えてきており断水になるリスクも従来よりも高まってきているので注意が必要です。

停電

症状及び注意点

普通ならお湯が沸いているはずなのにお湯が沸いていない。沸き上げ運転の途中で停電してしまうと自動的に運転は停止します。上記の断水リスク同様に災害時にはこまめな確認が必要になってきます。

凍結

症状及び注意点

水の供給ができないので当然ながらお湯をわかすことができません。特に寒冷地にお住まいの方は要注意です。凍結を未然に防止する為に、保温の為に配管を布で巻いたり微量の水を出し続けたりするなどの工夫が必要です。

止水栓が閉じている

症状及び注意点

お湯が沸いていない。電気温水器に給水されていない。止水栓を開けます。

お湯切れ

症状及び注意点

電気温水器のタンク内に貯蔵されているお湯を使い切ってしまったのでお湯がなくなった。普段ならタンク内の湯量と使用する量のバランスが取れていても、年末年始やお盆休みなどで家族が急に増えたりすると一気に湯量が不足してしまいます。故障ではありません。

故障によるお湯切れの発生には、安全弁の故障や温水器からの水漏れなどの可能性がありますので点検修理が必要です。

電源が入っていない

症状及び注意点

電源がOFFの状態なので電気温水器が作動を停止しています。電源ONで復旧します。

専門業者による点検・修理が必要なケース

まず不具合の症状が発生した際には、上記に述べた一時的な不具合かどうかを疑って確認するようにしてください。そして、その上で下記のような症状がある場合には業者に点検・修理を依頼する必要があります。

貯湯タンクの下がいつも濡れている

考えられる原因

  • 給水配管の腐食による水漏れ
  • タンク自体の腐食による水漏れ

水もお湯も全然出ない

考えられる原因

  • 給水配管の詰まり
  • 電気温水器自体の故障

通常よりも湯切れが早い

考えられる原因

  • 安全弁が故障している
  • ブレーカーが作動した
  • スイッチがOFFになっている

お湯の温度が通常よりも低い

考えられる原因

  • タイムスイッチの故障
  • ブレーカーが作動した
  • 電気系統の故障
  • スイッチがOFFになっている

お湯に異物が混入している

考えられる原因

  • 貯湯タンクが腐食している
  • 配管が腐食している

朝になってもお湯が沸いていない

考えられる原因

  • タイムスイッチの故障
  • 電気温水器自体の故障
  • 電気系統の不具合
  • スイッチがOFFになっている

エラーメッセージが頻繁に出る

考えられる原因

  • 電気温水器本体の故障
  • 電気系統の故障

リモコン上に表示されるエラーコードの内容と処置

F07

原因・処置

  • タンク内が満水でない場合に「F07」が表示されます。表示が消えるまでお湯側の蛇口を開くか、逃がし弁レバーを手前に起こしてタンクを満水(蛇口や排水口から水またはお湯が出る状態)にします。

H03

原因・処置

  • 温水器とリモコンが正しい組み合わせではありません。据え付け工事店に連絡し正しいリモコンと交換します。

U00

原因・処置

  • 温水器の給水口にお湯が供給されています。給水口には水を供給するようにします。
  • 給水配管専用止水栓が閉じている時に、お湯側の蛇口を開きました。止水栓を開けてから、お湯側の蛇口を開きます。
  • 断水時や配管が凍結している時に、お湯側の蛇口を開きました。断水時には断水の復旧を待ってお湯側の蛇口を開きます。凍結の場合は給水配管専用止水栓を閉じて専門業者に連絡します。

U01

原因・処置

  • 沸き上げ用の電力が供給されていません。200Vの電源ブレーカーと本体の漏電遮断機(2カ所)の電源レバーを「入」にします。万一、「入」にしても何回も「切」になってしまう場合には専門業者に連絡します。

U10

原因・処置

  • 浴槽にお湯(水)が入っていない状態で、高温差し湯を行うと表示されます。この時点で高温差し湯をストップする為に高温水遮断形浴槽アダプターから音が発生する場合があります。
  • 高温差し湯は浴槽にお湯(水)がある状態で実施します。風呂配管内のお湯が冷めるまで20~30分待ってから浴槽にお湯張りをします。

P05

原因・処置

  • タンク内に水がないケースでは、タンク内を満水にします。
  • 給水配管の専用止水栓が閉じている場合は開くようにします。
  • 断水時には、それが復旧するまで待つようにします。
  • 配管凍結しているケースでは、給水配管の専用止水栓を閉じて専門業者に点検・修理を依頼します。

その他の表示

原因・処置

  • 温水器の点検が必要です。200Vの電源ブレーカーと本体の漏電遮断機(2カ所)の電源レバーを「切」にして、給水配管の専用止水栓を閉じてから専門業者に点検・修理を依頼します。

電気温水器に対してご家庭で定期的に実施すべきメンテナンスの内容は?

常日頃からのこまめなお手入れをきちんと実行するかどうかで製品寿命自体は大きく変わります。メンテナンスと聞くと何か面倒で難しく時間が掛かるイメージがあるかも知れませんが、ここで紹介するお手入れの方法はすべて非常に簡単で短時間で終了し手間も掛かりません。

全部で7項目ありますので定期的に実施できるように是非取り組みましょう。

1)漏電ブレーカーの作動確認

これはブレーカーの故障の有無をチェックするもので、実際の作動確認は以下のような手順で実施します。

  1. 操作部のフタを開けて電源ランプが点灯中にテストボタンを押します。
  2. ブレーカーが「切」になることを確認します。
  3. ブレーカーを「入」にして本体操作部のフタを閉めて完了です。

2)風呂の給水配管の目視点検

給水配管の接続部分には消耗部品のシリコンやゴム製のパッキンが使用されています。これらは時間の経過と共に劣化して水漏れを引き起こす場合がありますから状態を時々、目視確認するようにします。

3)浴槽フィルターの掃除

週に一回程度はフィルターを掃除するようにしてください。風呂上がりにでも古い歯ブラシなどを使用して水洗いするだけでOKです。万一、目詰まりしてしまうと追い焚きができなくなってしまう恐れがあります。

4)電気温水器本体の水漏れチェック

チェックは目視だけですから簡単ですぐに終わります。単に電気温水器が設置されている床面が濡れていないかどうかをチェックするだけです。もしも濡れている時などは、特にマンションなどの集合住宅の場合には階下の部屋に水漏れしている恐れもありますから即座に業者に連絡して修理を依頼する必要があります。

5)逃がし弁の点検作業

この点検作業も極めて簡単に終了します。本来、逃がし弁の役目というのは万一、温水器内部で圧力が異常に高くなったような場合に安全確保の為に圧力を逃がすものです。ですから逃がし弁が故障していると異常な高圧になった場合に減圧することができず非常に危険な状況になってしまいます。

逃がし弁の点検手順は以下の通り実施してください。

  1. 逃がし弁点検用のフタ(温水器本体の上部)を開けてください。
  2. 逃がし弁レバーを上げてください。
  3. 排水管からお湯が出ることを確認します。
  4. 逃がし弁レバーを下げて排水管からのお湯が停止することを確認します。もしもお湯(水)が停止しない場合はレバーを上下に2~3回動かします。
  5. 最後に逃がし弁の点検フタを閉じて終了です。

*また水漏れのチェックとして本体操作部の湯上げランプが消灯時に排水管からお湯が出ていないかも確認するようにしてください。

6)風呂配管の掃除

電気温水器と浴槽は配管で繋がっています。入浴時には配管内部をお湯が循環しますが、使用していない状況の時には不純物や鉄分などが配管内に溜まって汚れが沈着しやすくなってしまいます。普通は電気温水器の機能として「自動洗浄」が搭載されていますが、装備されていない機種の場合には手動で掃除する必要があります。

その場合にはジャバなどの洗浄液を使用して半年に一度、配管内部の汚れの掃除をするようにしてください。具体的には下記の手順に沿って実行するようにします。

7)タンクの掃除

タンクの掃除と言っても直接タンクの内部を掃除するのではありません。水圧によってタンクの底に沈殿している不純物などを洗い流して除去する作業です。電気温水器を長期間使用していると内部にサビや水垢などの汚れが付着してきます。ですから少なくとも半年に一度くらいはタンクの手入れをするように心掛けてください。

具体的には下記の手順に沿って実施するようにします。

  1. 本体操作盤のフタを開けて漏電ブレーカーを「切」にします。
  2. 止水栓を閉じます。
  3. 逃がし弁レバーを上げます。
  4. 本体内部の排水栓を開けて約2分間排水します。
  5. 排水栓を閉じて排水栓点検フタを閉じます。
  6. 逃がし弁レバーを下げます。
  7. 止水栓を開放します。
  8. 漏電ブレーカーを「入」にして本体操作部のフタを閉じたら完了です。

電気温水器の寿命は日頃の使い方次第で変わる!

電気温水器に給水する水自体の水質及びお好みで使用する入浴剤に関しても使用には細心の注意が必要です。まず使用する水ですが常時水道水を使用するのであれば何の問題もありません。電気温水器にとってリスクとなるのは井戸水や温泉などを日常的に使用する場合です。

メーカーの取扱説明書にも記載されていますが、含有成分が配管パイプに対してダメージを与える恐れがあるのです。この観点から井戸水や温泉を利用しているケースについてはメーカーの品質保証の適用外としている場合が多いので注意が必要です。

さて一方の入浴剤に関してはどうでしょうか。こちらも残念ながらその使用は推奨されておりません。入浴剤に含まれる成分が配管内部を傷めるリスクがある為です。こちらも取扱説明書に説明されていますが、特に下記のような入浴剤については要注意です。

  • アルカリ、酸、硫黄、塩分などを含む入浴剤
  • ミルク成分を含む「とろみ系」の入浴剤
  • にごりタイプの入浴剤
  • ゆず、薬草などの固形物を含む入浴剤
  • 炭酸カルシウムを含んでいる入浴剤など

人気のある入浴剤はほとんどが上記に該当しているのではないでしょうか?

お好みの入浴剤でリラックスするお風呂タイムを楽しみにされている方も多いと思います。どうしても入浴剤を使用したい場合には少しでもダメージを軽減させる為に入浴時には追い焚き機能を使用しないことをお勧めします。追い焚きをすると入浴剤を含んだお湯が配管内部をくまなく循環するからです。

電気温水器の買い替えのタイミングは?

一般的に電気温水器の製品寿命は10~15年程度とされていることから、現在使用中の電気温水器が既に10年を経過しており不具合の発生頻度が高まってきたのであれば、そろそろ寿命が近づいていて買い替えが必要なサインかも知れません。

10年が経過すればメーカーの無料保証期間も終了しており修理費用も割高になるのが普通です。更にメーカーサイドに修理に必要な補修部品のストックが無いようなケースも考えられます。

特に電気温水器は台所やお風呂場で毎日使用するものですから、故障が発生してから買い替えを考えるのでは遅いのです。日々の暮らしに不便を生じさせないよう早めに買い替えを検討しておくのが無難と言えます。

また逆に10年未満の使用年数の電気温水器であれば、何らかの不具合の発生に対して修理対応するのが得策でしょう。

おわりに

今回は中国電機製造の電気温水器に関して、よく見られる故障や不具合の具体的な事例とリモコン上に表示されるエラーコードの内容や対策について解説しました。

更に少しでも長持ちさせる為に必要なお手入れ方法に加えて、電気温水器にとって望ましくない使用方法などもご紹介しましたので是非とも今後の参考になさってください。長期間使用できる電気温水器ですが日頃からこまめにメンテナンスを実行することで製品寿命自体も変わってきます。

家庭でのお手入れ方法は時間が掛からず簡単な作業ばかりですから面倒がらずに確実に実施するようにしてくださいね。