住宅設備のススメ

エコキュート

積水化学工業の電気温水器でよくある故障とエラーコードの内容

積水化学工業製の電気温水器でよくみられる不具合や故障の内容および考えられる原因、各エラーコードの内容や対処方法などを徹底解説。故障と間違いやすい症状や修理が必要なケース、日頃のお手入れ方法や点検項目、修理するか買い替えるかの判断基準も解説!

1,379

最終更新 -

この記事の目次

電気温水器は日常生活に欠かすことのできない大切な家電製品であると思います。私たちは台所やお風呂など日々使用することに慣れ切っている為に突然の故障の発生などで使用できなくなると即座に不便が生じて日常生活にも大きな支障をきたしてしまうのは間違いのないことでしょう。

一般的には電気温水器の製品寿命は10~15年程度とされています。使用開始から10年を経過した頃から不具合や故障の発生頻度が高まってくるのが普通です。

今回は積水化学工業の電気温水器に関して、予期せぬ故障などが発生した際にも慌てずパニックにならず落ち着いて対処できるようにリモコン上に表示されるエラーコードの意味や対応策に加えて、製品寿命を延ばす為に必要な日々のお手入れ方法(メンテナンスの具体的な手順)などについても解説しますので是非今後の参考になさってください。

修理が必要な故障かどうかの見極めが重要

電気温水器には一時的な不具合の場合と専門業者による修理が必要なケースがあります。故障と見間違いやすい不具合の症状には下記のようなものがありますが、これらは故障ではありませんから原因が復旧すれば再度使用することが可能になります。

停電

症状及び注意点

普段ならお湯が沸いているはずなのにお湯が沸いていない。沸き上げ運転の途中で停電が発生してしまうと自動的に運転は停止します。

断水

症状及び注意点

家中の蛇口から水が出ない。隣近所の住宅にも念の為に断水状態であることを確認します。特に近年は異常気象などの影響もあり、局地的にゲリラ豪雨や大型台風の発生も増えてきており断水になるリスクも従来と比べて高まっているので細心の注意が必要です。

止水栓が閉じている

症状及び注意点

お湯が沸いておらず電気温水器にも給水されていない。

凍結

症状及び注意点

水が供給されないので当然ながらお湯をわかすことができません。特に寒冷地にお住まいの方は注意が必要です。凍結を未然に防止する為に、配管を布で巻いたり微量の水を出し続けたりして配管を保温するなどの工夫が必要です。

お湯切れ

症状及び注意点

電気温水器のタンク内に貯蔵されているお湯を使い切ってしまったので空っぽになった。普段ならタンク内の湯量と使用する量のバランスが取れていても、年末年始やお盆休みなどで人が急に増えたりすると一気に湯量が不足してしまいます。故障によるお湯切れの発生には、安全弁の故障や温水器からの水漏れなどの可能性がありますので点検修理が必要です。

電源が入っていない

症状及び注意点

電源が「OFF」の状態なので電気温水器が作動を停止していますが電源「ON」で復旧します。

専門業者による修理が必要なケース

不具合の症状が起こった時には、上記に述べた一時的な不具合なのかどうかをまずチェックするようにしてください。そして、その上で下記のような症状がある場合は業者に修理を依頼する必要があります。

水もお湯もまったく出ない

考えられる原因

  • 給水配管の目詰まり
  • 電気温水器自体の故障

貯湯タンクの下がいつも濡れている

考えられる原因

  • 給水配管の腐食が原因の水漏れ
  • タンク自体の腐食が原因の水漏れ

お湯の温度が通常よりも低い

考えられる原因

  • タイムスイッチの故障
  • ブレーカーが作動した
  • 電気系統の故障
  • スイッチがOFFになっている

通常よりも湯切れが早い

考えられる原因

  • 安全弁が故障している
  • ブレーカーが作動した
  • スイッチがOFFになっている

朝になってもお湯が沸いていない

考えられる原因

  • タイムスイッチの故障
  • 電気温水器自体の故障
  • 電気系統の不具合
  • スイッチがOFFになっている

お湯に異物が混入している

考えられる原因

  • 貯湯タンクが腐食している
  • 配管が腐食している

エラーメッセージが頻繁に出る

考えられる原因

  • 電気温水器本体の故障
  • 電気系統の故障

積水化学工業の電気温水器エラーコードの内容及び処置など

00

症状

長時間(約2日間)の停電

処置

沸き上げ温度を再度設定します

23:00

症状

長時間の停電があった場合23:00から時計は進みます

処置

沸き上げ温度を再度設定します。時刻合わせをしてください

11

症状

深夜の沸き上げ中に2時間以上の停電が発生。その日の温度が低いことがありますが翌日は通常通り沸き上げます

処置

沸き上げスイッチを押して表示を消す

33

症状

残湯センサーの故障(断線)。沸き上げは大丈夫です

処置

積水またはサービス店に連絡します

44

症状

残湯センサーの故障(短絡)、92℃以上の沸き上げをした

処置

積水またはサービス店に連絡します。連続して表示する場合は、積水またはサービス店に連絡します

55

症状

24時間200V未通電。200V通電で消えます

処置

積水またはサービス店に連絡します

77

症状

制御センサーの故障(断線)

処置

積水またはサービス店に連絡します

88

症状

制御センサーの故障(短絡)

処置

積水またはサービス店に連絡します

99

症状

沸き上げはしているが温度が低すぎる。その日の温度が低いことがありますが翌日は通常通り沸き上げます

処置

深夜電力通電中にお湯を使用すると「99」を表示することがありますが沸き上げ後には消えます

EE

症状

リモコンケーブルの断線など

処置

積水またはサービス店に連絡します

22

症状

空焚き検知

処置

約15分後に給水タンクを満水にして基板のリセットスイッチを押します

67

症状

タンク1の制御センサーの故障

処置

積水またはサービス店に連絡します(2タンクタイプの場合のみ)

68

症状

タンク1の制御センサーの故障

処置

積水またはサービス店に連絡します(2タンクタイプの場合のみ)

電気温水器の製品寿命を延ばす為に必要な日頃のお手入れとは?

一般的に電気温水器の寿命は10~15年程度とされていますが、こまめにメンテナンスを実行することで故障発生の頻度も確実に減って結果的に製品の持っている最大限の能力を発揮させることができる訳です。

定期的に点検したり、お手入れしたりすることに対して非常に面倒なイメージを抱いている方も多いと思いますが、実際にはとても簡単で時間も掛かりません。また難しい作業でもありませんので是非前向きに取り組んでみてください。

具体的なチェック項目は下記の7項目のみです。

1)漏電ブレーカーの作動チェック

これは万一の場合に備えてブレーカーが正常に働くかどうかの確認作業です。下記の手順に沿って点検を実施してください。

  1. 操作部のフタを開けて電源ランプが点灯している状態でテストボタンを押します。
  2. ブレーカーが「切」になることをチェックします。
  3. ブレーカーを「入」にしてからフタを閉じます。

以上で漏電ブレーカーの点検は完了です。

2)電気温水器本体から水漏れが発生していないかどうかの目視チェック

この点検は目視だけですから非常に簡単です。本体が設置されている床面が濡れていないかをチェックして、水漏れがなければ問題ありません。マンションなどの集合住宅で水漏れが確認された場合には階下の部屋へ水が漏れている可能性があるので大至急、点検・修理を依頼してください。

3)逃がし弁のチェック

本来、逃がし弁の役割は温水器内部の圧力が万一、異常に高くなったような場合に安全確保の意味で圧力を逃がして減圧するものです。その意味からも逃がし弁が故障すると減圧ができず非常に危険です。逃がし弁の具体的な点検の手順は以下の通りです。

  1. 本体上部にある逃がし弁の点検フタを開けます。
  2. 次に逃がし弁レバーを上げます。
  3. お湯が排水管から出ることをチェックします。
  4. 今度は逃がし弁レバーを下げて排水管からのお湯が停止することを確認します。
  5. 逃がし弁の点検フタを閉じて点検終了です。

*さらに水漏れの点検として本体操作部の湯上げランプ(赤)が消灯時に排水管からお湯が出ていないことも確認してください。

4)タンク底の掃除

電気温水器の基本的な仕組みは家庭で使用されている電気ポットと同じです。使用している期間が長くなれば電気ポットの内部と同様にサビや水垢などによって汚れてしまいます。可能ならば半年に一度程度はタンク内のクリーニングを実施するようにしてください。

作業自体は非常に簡単です。具体的には下記の手順に従って作業するようにしてください。

  1. 本体操作部のフタを開けて漏電ブレーカーを「切」にします。
  2. 止水栓を閉じます。
  3. 逃がし弁のレバーを上げます。
  4. 本体内部の排水栓を開けて2分間くらい排水します。
  5. 排水栓を閉じて、排水栓点検フタも閉じます。
  6. 逃がし弁レバーを下げます。止水栓を開放します。
  7. 漏電ブレーカーを「入」にして本体操作部のフタを閉じてチェック終了。

*タンクの掃除ということで誤解されやすいのですが、上記の掃除手順はタンクの内部を直接掃除するものではありません。タンクの底に溜まって沈殿している不純物などを水圧によって洗い流してしまう作業です。

5)お風呂配管の掃除

浴槽と電気温水器とは配管で繋がっていて、入浴時には配管内部をお湯が循環していますが使用していない時間帯に不純物などが配管内部に付着して汚れが溜まりやすくなります。多くの機種では配管の自動洗浄機能が搭載されていますが、その機能が無いモデルの場合は半年に一度くらいジャバなどの洗浄液を利用して配管内部の汚れを除去するようにしてください。

6)お風呂配管の接続部のチェック

お風呂配管の接続部分には通常シリコンやゴム製のパッキンが使用されていますが、これらは時間の経過と共に消耗して品質劣化を引き起こして水漏れが発生する恐れがあります。水漏れを起こしていないか時々、目視チェックをするようにしてください。

7)浴槽フィルターのクリーニング

フィルターが目詰まりしてしまうと追い焚きができなくなってしまう可能性があります。週に一度でも古い歯ブラシなどで浴槽フィルターを掃除するようにしてください。

入浴剤使用の有無が電気温水器の製品寿命に影響する!

入浴時にお好みの入浴剤を使用することを楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。しかし残念ながら電気温水器にとっては入浴剤の使用は好ましくないのです。なぜなら入浴剤の成分が溶け込んだお湯が配管の中を循環し配管内部にダメージを与える恐れがあるからなのです。

各メーカーの取扱説明書にも詳しく記載されていますが、その使用を禁止しているタイプの入浴剤もあります。特に下記のようなタイプの入浴剤は要注意です。悲しいことにほとんどの入浴剤が該当してしまいますね。

  • アルカリ、硫黄、酸、塩分などを含んでいる入浴剤
  • にごりタイプの入浴剤
  • ミルク成分を含むねっとりタイプの入浴剤
  • ゆず、薬草などの固形物を含む入浴剤
  • 炭酸カルシウムを含んでいて、にごり湯になる入浴剤など

それでもどうしても入浴剤を使用したいという場合には、入浴時に追い焚き機能を利用しないことです。追い焚きをすると配管の内部を入浴剤成分の溶けたお湯が循環してその影響が大きくなってしまうからです。

また、使用する水の種類にも注意してください。通常の水道水を使用するなら全然問題ありませんが、井戸水や温泉などを常時使用するのであれば製品寿命を縮める恐れがあります。メーカー側も、そのようなケースでは品質保証の範囲外としている場合が多いです。

電気温水器を修理するか買い替えるかの判断の目安は?

一般的に電気温水器の製品寿命は10~15年程度とされています。使用開始してから10年程度が経過して故障や不具合の発生頻度が従来と比べて多くなったと感じられるようなケースでは修理するか買い替えるか判断に迷う場合もあるでしょう。これは非常に悩ましい問題と言えます。

しかしひとつの判断基準として10年以上が経過しているのであれば思い切って買い替えを検討すべきではないでしょうか? ちなみに購入後10年を経過するとメーカーサイドで修理に必要となる補修部品のストックが無いようなケースもありますし、その時点で既にメーカーの保証期間も切れていますから、高い修理費用が掛かる恐れもあります。

更に電気温水器はキッチンでの使用と浴室などで毎日使用する日常生活に欠かせない家電製品ですから故障してから買い替えを考えるのでは遅すぎます。日常生活に支障をきたしてしまいますから、少しでも早めの買い替えが無難と言えるのではないでしょうか。

おわりに

今回は積水化学工業の電気温水器に関して、よくある故障内容やエラーコードの意味と対策、製品寿命を最大限伸ばす為のメンテナンスの具体的な方法、入浴剤の使用に関しての注意点などを解説しました。

自分たちが定期的に無理なくできるメンテナンスを面倒がらずに確実に実行することができれば電気温水器の寿命を延長することは難しくありません。是非ともそのお手入れを習慣化できるように前向きに取り組んでみてください。