住宅設備のススメ

エコキュート

電気温水器とエコキュートの違いとは?種類や費用など徹底比較!

電気温水器とエコキュートの違いを徹底比較!お湯を沸かす仕組みや設置にかかる費用、ランニングコストなどについて比較するとともに「フルオート」「セミオート」「給湯専用」など種類ごとの特徴も解説。気になる稼働音やご近所トラブルを防ぐコツも伝授。

222

最終更新 -

この記事の目次

電気温水器もエコキュートも両方とも電気でお湯を沸かす給湯設備という点では共通ですが、導入コストやランニングコスト、お湯を沸かす仕組みや設置に必要となるスペースなどの面で大きな相違点があります。

今回は両者の違いについて詳しく説明しますので是非とも選択の際には参考になさってください。

電気温水器のお湯を沸かす仕組みと機能は?

簡単に言えば電気温水器とは巨大な電気ポットと同じと考えてください。電気ヒーターによってお湯を沸かしてタンク内に貯蔵しておく訳ですね。ガスと違って火は一切使用しない為、不完全燃焼などのトラブルがなくて安全です。

この電気温水器の熱源は「貯湯タンク」内に設置されたヒーター(電熱器)です。電気だけをエネルギーとしてお湯を沸かすので、機械の構造自体は非常に簡単でお湯を沸かすサイクルのすべてを貯湯タンクひとつで担っています。

お湯を沸かすサイクルは以下の通りです。

  1. 貯湯タンクの下部にストックされている水をヒーターで加熱してタンク上部に保温しながら貯蔵していきます。
  2. お湯がなくなってくるとタンクの下部の水を加熱して、再度お湯がタンクの上部に溜まっていくという工程を繰り返します。

電気温水器は機器の管理が楽なことから一般家庭でも安心して使用できます。エコキュートと異なり稼働音もなく静かで、ガス給湯器にありがちな燃焼音もありません。屋外に設置する本体からのノイズ等がないので近隣からの騒音に対するクレーム発生の懸念も無用です。

電気温水器には電気ポットと同様にお湯が必要な時に必要な量だけを沸かす瞬間式と、電気ポットのように常に一定の湯温をキープしてくれる高機能タイプの電気温水器があります。この高機能タイプは追い焚き機能もあり貯湯して使用します。そして夜間の割安電力を利用して電気料金を節約できるのはエコキュートと同じです。

電気温水器の設置場所と設置に掛かる費用は?

一般的に電気温水器の設置工事は専門業者に依頼するのが普通です。設置場所に求められる条件は満タンの貯湯タンクの重量に対して十分に耐えられることです。もし問題がないのであれば屋内でも屋外でも構いません。

また設置に際してはエコキュートと違って電気温水器の場合、機械本体がひとつだけですから、必要とされるスペースはそれほど広くありません。

そして電気温水器に掛かる設置費用ですが、設置場所の条件や施工業者によっても異なるので一概には言えませんが、目安としては安価モデルの場合で5万円程度、高級機種の場合には20万円以上掛かるケースもあるようです。

実際に設置する場合には、必ず複数の業者から相見積もりを入手して比較検討されることをお勧めします。

電気温水器のランニングコストは?

電気温水器に掛かる電気代ですが、これも使用するモデルによって変わります。

一例として消費電力が5,400kWの機種を1日当たり2時間使用したと仮定すれば約130円位(夜間電力12.16円/kWhとして)の電気料金になります。

従ってこのケースでは1カ月で約6,000円、年間で約72,000円の電気代が発生する計算になります。

電気温水器の種類は?

基本的に電気温水器には給湯性能別に次の3種類のタイプがあります。

フルオートタイプ

電気温水器の中で最も高機能で使用に便利なのが、このフルオートタイプと呼ばれるモデルです。文字通りこの機種では、操作がボタンひとつでお湯張りから追い焚き、お湯足しまで自動的に作動してくれるので手間が掛からず非常に楽です。

また機種によっては、配管の自動洗浄や湯温のキープなどの機能が備えられたものもあります。

セミオートタイプ

フルオートタイプと比べて搭載機能をよりシンプルにしたタイプです。

お湯張りや足し湯などはフルオートタイプと同様にボタンひとつで操作が可能ですが、その他については必要に応じて人間がボタン操作することになります。人間が都度機能を調整するので少し面倒かも知れませんが逆に細かい調整ができるので、電気代の節約には役立つかも知れません。

給湯専用タイプ

このタイプは給湯専用の最もベーシックな機種と言えます。当然ながら自動のお湯張りや足し湯機能などはなく、必要に応じて人間が蛇口をひねる必要があります。価格的には最も安価なタイプです。

電気温水器の稼働音について

電気温水器の場合は使用中もほとんど無音に近いですから近隣住民との間で、騒音クレームなどのトラブルが発生することはないでしょう。

エコキュートのお湯を沸かす仕組みと機能とは?

「エコキュート」という名称は一般消費者向けの愛称です。「エコな給湯」から名付けられました。正式な名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯器」で、2001年から販売がスタートしました。

エコキュートはヒートポンプを利用してお湯を沸かす給湯器です。このヒートポンプとは、「空気を圧縮すると熱を持つ」という性質に着目して開発された省エネ性能に非常に優れた給湯器システムなのです。

電気温水器と異なりエコキュートの場合は、ヒートポンプユニットと貯湯タンクユニットのふたつの室外機を設置する必要があります。エコキュートで効率良く空気の熱を利用してお湯を沸かす「ヒートポンプ方式」とは以下のような仕組みになっていて、このサイクルを繰り返しています。

仕組みが比較的シンプルな電気温水器と違ってエコキュートは非常に複雑です。ここで簡単にエコキュートがどのようにお湯を沸かすのかを説明しましょう。

電気温水器が電気だけをエネルギーにしているのに対して、エコキュートでは「電気」と屋外の「空気の熱」を両方うまく使って下記の1~4の工程を繰り返し実行してお湯を沸かしています。

  1. まずヒートポンプのファンが空気中の熱を取り込みます。そして空気熱交換機で自然冷媒である二酸化炭素(CO2)を圧縮して最初に取り込んだ熱を更に高温にまで高めます。(ヒートポンプ技術)
  2. 圧縮されて高温になった二酸化炭素は水熱交換機へと運ばれて貯湯タンク内にストックされている水を約65~90度にまで加熱します。そうして作られたお湯は貯湯タンクの上部に保温された状態でストックされます。
  3. 水が温まると二酸化炭素を膨張弁で膨張させて温度を下げます。そして冷えて低温になった二酸化炭素は再度、空気熱交換機へと戻ります。
  4. お湯がなくなれば、貯湯タンクの下部にストックされている水が水熱交換機に運ばれて上記の1~3のサイクルを繰り返して再びお湯を沸かすのです。

ご覧のようにエコキュートの場合は通常の電気温水器と比較してかなり複雑な構造になっています。

各家庭のライフサイクルや家族構成等によって毎日使用するお湯の量なども当然異なります。そのような個々の状況をエコキュートは学習して記憶する機能を搭載していますから、毎日の必要な量のお湯を過不足なく沸き上げることが可能です。無駄に大量のお湯を沸かすことなく家計に優しい省エネに貢献しています。

エコキュートの設置場所と設置に掛かる費用は?

電気温水器の設置と比較して、エコキュートの設置には比較的広い設置スペースを確保する必要があります。エコキュートの場合はヒートポンプユニット(外観はエアコンの室外機に似ています)と背の高い貯湯タンクユニットのふたつを自宅の敷地内の適切なスペースに設置しなければなりません。

エコキュートの設置に掛かる費用ですが、一例として370リットルのエコキュートの場合には相場として20~35万円程度でしょうか。本体価格と設置費用込みでは約60~70万円は必要でしょう。更に高級機種になれば100万円以上になるケースも珍しくありません。

エコキュートのランニングコストは?

電気温水器と比べてエコキュートは本体価格や設置費用が非常に割高なことから新規導入に際しての初期コストは大きくなってしまいますが、毎月の電気代は電気温水器の1/3程度に収まるとされています。

従って、初期導入コストは高くてもランニングコストが非常に安くなるので、日頃からよくお湯を使用する家庭や家族の多い家庭などであれば効率良く初期コストの回収が可能で、長い目で見れば電気温水器よりも有利になるでしょう。

割安な深夜電力を有効に活用することで、1日の電気料金を30~40円に抑えることも可能になります。そうすると月額でも1,000円前後で収まります。

しかし広い設置スペースが必要になることや、導入コストが高額になる点などデメリットもありますから、自分のご家庭の環境や経済状況、ライフスタイルなどもよく検討してニーズに合致した選択が必要になります。

エコキュートの種類は?

エコキュートには給湯性能別に3種類のタイプがあります。

フルオートタイプ

これはすべておまかせの全自動タイプです。スイッチでいちいち操作する必要はありません。リモコンのワンタッチでお湯張り・足し湯・追い焚きから湯量や湯温の自動キープまですべて自動的にコントロールしてくれます。

セミオートタイプ

フルオートタイプとセミオートタイプの違いは、追い焚きや自動保温が自動制御ではなく手動でコントロールする必要があるということです。例えばお湯をタンク内に戻して温め直すことができないので、そのようなケースでは「高温足し湯」機能を利用します。但し、お湯張りなどは自動でできますからセミオートタイプと呼ばれています。

給湯専用タイプ

このタイプもセミオートタイプ同様に自動保温や追い焚きなどはできません。セミオートタイプとの相違点は「お湯張り」や「高温足し湯」機能が自動か手動かということです。給湯専用タイプの機種を使用する際には蛇口をひねって給湯し、お湯張りをすることになります。

また給湯の自動停止機能もありませんから、お湯の止め忘れによって浴槽からお湯が溢れてしまうような事態も考えられるので十分に注意が必要です。

エコキュートの稼働音について

電気温水器と違って、エコキュートの場合には稼働音の発生がありますから騒音クレームなどの問題が起こらないように近隣住民に対しての慎重な配慮が必要になります。この稼働音とは低周波音と呼ばれるもので、ちょうど家庭の冷蔵庫から発するノイズ音と同じです。

この雑音自体の感じ方は人によって異なるので全然気にならない人がいる一方で、不眠症やノイローゼを引き起こすような深刻な方もいるので一概にはどうこう言えません。

エコキュートも電気温水器と同じように割安な深夜電力を利用して稼働するケースが多いので、場合によっては深夜の稼働音が近隣とのトラブルになる恐れもあります。そのようなトラブルを未然に防ぐ為に、導入前にエコキュートのことを近隣に説明したり、最初の設置工事の際に隣家の寝室から遠い場所に設置したりするなどの工夫が必要になってきます。

そういう気遣いがご近所の皆さんの理解を得る助けになるかも知れません。

災害時にも心強いエコキュートのメリット

電気温水器にはないメリットがエコキュートにはあります。それは大震災や台風、大雨などの災害非常時に断水になってしまったような場合の対処です。

そのような非常事態では飲料水以外にトイレや風呂、洗濯などに必要な生活用水の確保が非常に重要になりますが、エコキュートがあれば、常時大きな水がめを家庭で確保しているという安心感があるのです。

では一体、どの位の水量(お湯)をストックできているのでしょうか?

標準家庭(3~4人用)で使用される370リットルの機種であれば、2リットルのペットボトル換算で何と185本分の水(お湯)が常時ストックされている勘定になります。これだけ大量の生活用水を確保していると考えれば非常に安心できるのではないでしょうか?

停電などと異なり一旦断水になってしまえば復旧までに長い時間が掛かるのが普通ですから。

終わりに

今回は電気温水器とエコキュートの相違点に関して説明しました。簡単に両者の違いを言うならば、空気の熱を利用しているかどうかでしょう。初期の導入コストやランニングコストなどでも両者には大きな開きがあります。それぞれにメリット・デメリットがある為、一概にどちらが絶対に良いとも断言できません。

但し、もしエコキュートを導入する予定であれば2台の室外機が余裕を持って設置できるだけのスペースの確保が絶対条件になります。マンション住まいの方々がエコキュートではなく、電気温水器を選択するケースが多いのはその為です。選定の際にはコスト面だけでなく自分たちの住宅事情や環境面も含めて総合的に判断することが大切です。