住宅設備のススメ

エコキュート

電気温水器の寿命はどれくらい?起こる症状や買い替え基準を解説

電気温水器の寿命について徹底解説!寿命が近づいたときに起こりやすい不具合の症状と原因、寿命を少しでも延ばすためにできる日々の点検と清掃などを手順も交えて解説するとともに、買い替えるかどうかの判断基準やエコキュートにすべきかどうかも解説!

159

最終更新 -

この記事の目次

ガスや電気など数ある家庭用給湯器の中で今回は特に電気温水器の製品寿命やその寿命を少しでも延ばす為の方法や日頃から気を付けるべき注意点などに関して説明致します。是非とも今後の参考になさってください。

平均的な電気温水器の寿命は?

一口に給湯器と言っても様々で4種類の製品が販売されています。今回取り上げる「電気温水器」以外にも「ガス給湯器」「石油給湯器」そして「エコキュート」などがあります。それぞれが使用する燃料やお湯を沸かす仕組みなどに大きな違いがあり導入コストやランニングコスト、寿命なども異なります。

通常、電気温水器の寿命としては大体15年程度とされています。一般的には使用開始してから10年以上が経過すると、どうしても故障や不具合の発生する頻度が多くなってくるのが普通です。

もちろんメンテナンスや日頃の掃除などのお手入れを定期的に実施しているような場合には、20年以上経過しても問題なく稼働しているケースもあります。

ここで誤解してはいけない点があります。15年の寿命ですが、これは飽く迄も電気温水器の本体寿命ということです。パッキンや減圧弁などの消耗部品は製品寿命よりも早く劣化してしまって交換修理が必要な場合があります。

3年に一度位の頻度で定期的にメンテナンスを実施することで製品寿命を延ばすことが可能ですから十分に留意して取り組んでください。

電気温水器を設置する場所の環境によって寿命は変わる

製品寿命は機械の故障頻度などによって大きく変わりますが、それ以上に大きな要因となるのが設置場所の環境や使用状況の内容です。電気温水器の寿命を延ばす為に絶対に避けるべき設置場所の環境とは以下のようなものです。

  • 本体に直射日光や風雨などが当たるような場所
  • ホコリや湿気が溜まりやすい場所
  • 温水器本体の周囲に余裕スペースがなく通気性が悪いような場所など

上記のような条件に当てはまる設置場所では製品寿命を縮める大きな要因となりますから十分に注意してください。また寒冷地や潮風が吹くような海の近くでは、その環境に適合した専用機種を選択する必要があるでしょう。

使用状況によっても電気温水器の寿命は変動する

浴槽に入浴剤を入れた状態で追い焚き機能を使用することは望ましくありません。入浴剤を含んだお湯が配管内を通過する際に配管内部を傷めてしまう恐れがあります。ですから極力、入浴剤の使用を控えた方が無難と言えます。

そしてどうしても入浴剤を使用したい場合には追い焚きをしないようにしましょう。

メーカーの取扱説明書にも記載されていますが、使用が禁止されているタイプの入浴剤があります。電気温水器の寿命に直接影響するとして使用が望ましくない入浴剤は一般的には以下のようなものです。

  • にごりタイプの入浴剤
  • アルカリ、酸、硫黄、塩分等を含む入浴剤
  • ゆず、薬草など固形物を含む入浴剤
  • ミルク成分を含んだとろみ系の入浴剤
  • 炭酸カルシウムを含んでいて、にごり湯になる入浴剤など

尚、メーカーや機種によって使用できる入浴剤は異なるケースがあるので取扱説明書の記載を参照するようにしてください。

更に使用する水自体もリスクとなる場合があります。通常の水道水使用であればまったく問題はありませんが、常時井戸水や温泉などを利用するのであれば製品の寿命を縮める恐れがあります。その為、メーカー側もそのような場合には品質保証の範囲外としているケースが多いです。

電気温水器の寿命が近づくと発生しやすい具体的な不具合の症状とは?

平均的な製品寿命である15年を目途にして、10年を経過した頃から下記のような故障や不具合の発生頻度が多くなってくると、そろそろ買い替えを検討すべきタイミングかも知れませんね。

電気温水器の不具合の症状と考えられる原因

お湯も水も全然出ない

  • 電気温水器本体の故障
  • 給湯配管の詰まり

給湯タンクの下部がいつも濡れている

  • 貯湯タンク腐食による水漏れ
  • 給水配管の腐食による水漏れ

お湯の中に異物が混入している

  • 配管や貯湯タンクの腐食

不具合が頻繁に起こる

  • 電気温水器本体の故障
  • 電気系統の不具合

上記のような電気温水器の劣化や故障を知りながら無視して使用することは非常に危険と言えます。特に寿命が近づいて不具合が発生している状態で無理に使用を強行すると貯湯タンクが破損したり、配管が壊れたりするリスクがあります。

これが根本原因となって水漏れや漏電トラブルなどに発展するケースがありますから細心の注意が必要です。

電気温水器の寿命を長くする為に必要な点検と掃除

電気温水器を購入後、一年でも長く使用する為に重要なことは、こまめに点検して早期に異常を発見し、定期的に掃除をして不具合を未然に防ぐという手順を習慣化することです。点検とお手入れに関して必ず実行すべきことは以下の通りです。今日からでも早速実行してみてください。

本体に水漏れの症状がないかどうかの目視確認

チェックは簡単です。電気温水器を設置している床面が水で濡れていないかどうか確認してください。万一、水漏れがある場合マンションやアパートなど集合住宅の場合には階下の部屋に水漏れしている可能性があります。濡れた水は即座に拭き取って専門業者に修理を依頼しなければなりません。

漏電遮断器(漏電ブレーカー)の作動確認

次にブレーカーが故障していないかどうかチェックします。ブレーカーの作動確認は次の手順で実施してください。

  1. 操作部のフタを開けて、電源ランプが点灯中にテストボタンを押します。
  2. ブレーカーが「切」になることを確認します。
  3. ブレーカーを「入」にして本体操作部のフタを閉めてください。

これで終了です。

逃がし弁の点検

この逃がし弁は万一、圧力が異常に高くなった場合に安全を確保する為に圧力を逃がす役目を果たすものです。この逃がし弁が故障していると給湯器内部の圧力が高くなった際に減圧ができず非常に危険です。逃がし弁の点検は下記の順序で行ってください。非常に簡単です。

  1. 逃がし弁点検フタ(電気温水器本体の上部にあります)を開けてください。
  2. 逃がし弁レバーを上げてください。
  3. 排水管からお湯が出ることを確認します。
  4. 逃がし弁レバーを下げて排水管からのお湯が止まるかを確認します。お湯(水)が止まらない場合はレバーを2~3回上げ下げしてください。
  5. 逃がし弁の点検フタを閉めます。

尚、水漏れの点検として、本体操作部の湯上げランプ(赤)が消灯時に排水管からお湯が出ていないかも確認してください。

タンクの掃除

電気温水器のタンク内部は時間の経過と共に家庭の電気ポット同様に水垢やサビなどで汚れてきます。少なくとも半年に一度位はタンク内のお手入れが必要になってきます。作業は別に難しいものではありません。以下の手順で行うようにしてください。

  1. 本体操作部のフタを開けて漏電ブレーカーを「切」にしてください。
  2. 止水栓を閉じてください。
  3. 逃がし弁レバーを上げてください。
  4. 本体内部の排水栓を開けて2分間程度排水してください。
  5. 排水栓を閉じて排水栓点検フタも閉じます。
  6. 逃がし弁レバーを下げてください。
  7. 止水栓を開放してください。
  8. 漏電ブレーカーを「入」にして本体操作部のフタを閉じてください。

この場合のタンク掃除は、実際にタンク内部を直接掃除するのではなく水圧によってタンクの下部に溜まって沈殿している不純物を洗い流して除去するという作業です。

浴槽フィルターのクリーニング

これは浴槽フィルターを、ブラシを使って水洗いするだけですから、毎日の掃除に組み込むようにしてください。このフィルターが目詰まりすると追い焚きができなくなる恐れがあります。

風呂配管の掃除

電気温水器と浴槽は配管で繋がっており、入浴時には配管内部をお湯が循環していますが、使用していない時には不純物などが配管内部に溜まって汚れが付着しやすくなります。普通は自動洗浄機能が搭載されているのですが、機種によって装備されていない場合には手動で洗う必要があります。

少なくとも半年に一度はジャバなどの洗浄液を使って配管汚れを取り除くようにしましょう。

風呂配管の点検

通常は風呂配管の接続部にはゴムやシリコン製のシールやパッキンが使用されています。しかしこれらの消耗部材は時間と共に劣化が進んで水漏れを起こす可能性があります。時々は意識して水漏れがないか目視確認することが大切です。

修理するか買い替えるかの判断の目安は?

電気温水器の場合の平均的な製品寿命は大体15年程度とされています。

使用を開始してからの経過年数などによって故障が発生したりした場合に修理すべきか、或は思い切って買い替えた方が有利かと判断に迷うケースもあるでしょう。これは非常に悩ましい問題ですが、ひとつの目安として購入後10年以上が経過しているような場合には買い替えを検討しても良いのではないでしょうか。

通常、10年を経過すると傾向として不具合や故障の発生頻度が増えてきます。

更に修理するにしてもメーカー側に補修部品のストックがないようなケースもあります。また10年以上経過しているとメーカーの保証期間も切れていますから修理費用が高くなる可能性があります。その意味からも10年以上使用している電気温水器に故障や不具合の発生が目立ってきたら、そろそろ買い替えのタイミングでしょう。

特に給湯器などの場合は毎日家庭内で使用するものですから、実際に故障してから買い替えを考えても遅いです。日々の生活にも支障が出るでしょうから、早めの買い替えが無難と言えるでしょう。

新たに買い替えるのは電気温水器かエコキュートか?

ご自宅が戸建ての場合で設置スペースに特に問題がないのであれば、電気温水器でもエコキュートでも選択は自由です。

一方でマンション住まいの方には電気温水器を利用しているケースが多いですが、これは戸建てと比べてエコキュートの室外機の設置スペースが確保できないという点が大きいと思います。更に夜間の騒音に対する懸念もありますね。

加えてマンションによっては電気容量が限定されており、エコキュートに供給する電気容量が不足して設置できないという面もあります。

エコキュートは、お湯を貯める「貯湯タンクユニット」とエアコンの室外機のような外観の「ヒートポンプユニット」のふたつの室外機を設置する必要があるので、どうしても適切な広さのスペースが確保できるかどうかが課題となります。

更に別の問題として購入時の高額な初期費用があります。電気温水器と比較してエコキュートの場合には機種にもよりますが、本体価格が電気温水器と比べて2~3倍と非常に割高になってしまいます。但し、エコキュートの利点はその圧倒的なランニングコストの安さにあります。

一例として一般的な家庭で電気温水器を使用した場合には、1カ月に約3,000円程度は掛かりますが、エコキュートでは約1,000円程度に収まります。使用期間が長くなり、使用頻度も多いような場合は益々両者の電気料金格差は拡大するでしょう。

確かに初期の導入コストは非常に割高ですが、使えば使う程に初期コストを回収できる為、特に大人数の家庭や今後長く居住する為にリフォームや新築を検討されているのであればエコキュートの導入を考えるのも良いと思います。

終わりに

今回は電気温水器の製品寿命や必要となる掃除内容、点検内容などに関して説明させて頂きました。家電製品全般について言えることですが、常日頃からのこまめなお手入れや点検、またメーカーの取扱説明書に沿った適切な使用方法を順守することが、製品が本来持っている寿命を最大限に延ばす秘訣であることは間違いのないことでしょう。

お手入れや点検なども非常に簡単にできることばかりですから、面倒がらずに是非とも習慣付けて実行するようにしてください。