住宅設備のススメ

IHヒーター

オール電化とガス併用はどちらがお得?初期費用や電気料金を比較

「オール電化」にした場合と「電気とガスを併用」した場合、どちらがお得なのか徹底検証!オール電化のメリット・デメリット、電気とガスを併用した場合のメリット・デメリットをそれぞれ解説するとともに、導入コストや年間電気料金など具体例を挙げて比較!

300

最終更新 -

この記事の目次

自宅の新築やリノベーションをきっかけに従来の電気とガス併用の生活からオール電化への移行を検討されている方もいらっしゃるでしょう。電気とガスの併用とオール電化を比較した場合、100パーセントオール電化の方が有利になるとは断言できません。

各々の家族構成やライフスタイル、高齢者世帯か比較的若い世帯かどうか?また夫婦共稼ぎで日中は誰も家にいないなど様々な条件の違いによってオール電化にした場合のメリット・デメリットは変わってきます。

決断するに際しての最も大きな要素は、やはりガスと電気を併用する場合に比べて光熱費が節約できるかどうかでしょう。今回はオール電化に移行した場合の一般的なメリット・デメリットに加えて両者の光熱費の比較という観点から

考察してみたいと思います。是非、ご参考になさってくださいね。

オール電化にした場合のメリットとは?

エアコンとお湯を沸かすコストが安く済む

お住まいの地域をカバーしている電力会社では、オール電化向けに有利となる特別な電気料金体系を提供しています。オール電化向けのプランでは日中の電気料金に比べて夜間電力を大幅に安く供給しています。電気給湯器のエコキュートは効率良く安価な夜間電力を最大限活用してお湯を沸かして、大きな貯湯タンクユニットに保存しているのです。

光熱費を一本化できる

本来、電気もガスも基本料金というものがありますが、オール電化に移行すれば当然ながらガスの基本料金は不要になります。

高い安全性

従来のガスコンロを使用した調理と比べると、IHクッキングヒーターでは「火」を使用しない分、火災などのリスクは大幅に低減できます。特に高齢者の方がいらっしゃるような場合には、非常に安心できるのではないでしょうか。また消し忘れても安全装置が働いてスイッチが切れます。

太陽光発電でオール電化のメリットを拡大

太陽光発電オール電化とは非常に相性の良い組み合わせだとされています。夜間は電力会社からの安価な電力を利用して、電気代が高い昼間には自家発電した電気をフル活用することで電気料金を大幅に節約することが可能ですし、蓄電池を併用すれば夜間にも自前の電気を使用することができますから、電気代ゼロも夢ではありません。また余った電力は電力会社に売ることも可能ですから無駄がありません。

断水時にもエコキュートのタンク内の水を生活に利用できる

地震や台風などの自然災害による断水にもタンク内の大量の水をトイレや洗濯用に活用できます。

オール電化にした場合のデメリットとは?

初期の導入コストが大きい

基本的にオール電化を導入する場合には、ガス給湯器に替えてエコキュート、ガスレンジに替えてIHクッキングヒーターを購入することになります。購入する機種にもよりますが、工事代金も含めて55万~100万円程度は必要とされています。

オール電化が必ずしも従来と比べて光熱費が安くなるとは限らない

特にオール電化導入後には、少しでも電気料金を節約できるように適切な使用法を心掛ける必要があります。

オール電化用に各電力会社より提案されるプランは夜間電力が非常に安価な代わりに日中の電力は割高な設定になっています。ですから、昼間にお湯が不足して頻繁にお湯を沸かすような状況では電気料金も高くなってしまいます。

停電時には完全に機能が停止して使用できない

使用するエネルギーが電力のみですから当然ながら停電時には全機能がマヒしてしまいます。そのリスクをカバーする為に前述の太陽光発電システムと蓄電池の同時導入が望ましい訳ですね。

オール電化と電気・ガス併用の場合のコスト比較

オール電化の導入を検討する際に最も大きな要素がコスト面でどうなるかという点ではないでしょうか?ここでは初期費用とランニングコストでチェックしてみましょう。

オール電化導入に掛かる初期費用は?

  • エコキュート本体:30万~50万円
  • エコキュート工事費用:10万~20万円
  • IHクッキングヒーター本体:10万~20万円
  • IHヒーター工事費用:5万~10万円
  • 合計:55万~100万円

電気・ガス併用の場合に掛かる初期費用は?

  • ガス給湯器本体:5万~25万円
  • ガス給湯器工事費用:3万~5万円
  • ガスキッチン本体:2万~20万円
  • ガスキッチン工事費用:2万~3万円
  • 合計:12万~53万円

初期費用の比較では圧倒的に電気・ガス併用の方が安いと言えます。また上記では電気・ガス併用の場合の機器類も新たに購入する前提で計算していますが、実際には既に使用中ですから余分に発生するコストは無いでしょう。

電気とガス併用の場合のメリットは?

都市ガスはコストが安い

都市ガスを使用できるエリアにお住まいの方にとっては、安価な都市ガスを利用できますからオール電化よりも調理やお風呂の湯沸かしを低コストで賄えます。

初期投資が必要ない

従来のインフラやガス設備を利用する為、実際には新たな機器購入などの初期投資は必要ありません。

停電時にも給湯や調理が可能

災害等で万一停電に見舞われても、ガスがあれば湯沸かしや調理には問題がありません。

電気とガス併用の場合のデメリットは?

基本料金が高くなる

ガスと電気各々で基本料金が発生してしまうので、オール電化と比べると基本料金が高くなります。

オール電化と比べて火災のリスクが高い

ガスコンロでは火を使用するので、IHクッキングヒーターと比べると当然、火災のリスクは高くなります。また夏場のキッチン内の温度上昇が難点です。

オール電化向けの電気料金プランとは?

各電力会社からオール電化住宅に適した電気料金プランが提案されています。従来の一般的な電気料金プランでは、日中でも深夜でも電気料金は同じでした。時間帯によって電気料金が変動することは一切なかったのです。

しかし一方のオール電化に対応した電気料金プランでは夜間や休日など電力需要の少ない時間帯の電気料金を大幅に安く設定して、逆に日中は割高にするなどメリハリの効いた料金設定になっています。

従来のプランとオール電化用プランの1kWhあたりの料金単価は?

では実際に両者の電気料金単価は、どの程度なのか?国内最大手の東京電力の電気料金プランからオール電化向けの「スマートライフプラン」と一般的なプランである「従量電灯プラン」で比較してみましょう。最終的には基本料金と税金がこの金額に加わることになります。

1kWhとは?

1kWは1kW(1000w)の家電製品を1時間使った場合の消費電力量です。kWhの読み方は「キロワットアワー」で消費電力(kW)×時間(h)で計算できます。

東京電力(従量電灯プラン)24時間

  • 120kWhまで:19.88円
  • 120~300kWh:26.48円
  • 300kWh以上:30.57円

東京電力(スマートライフプラン)昼間/夜間

  • 06:00~25:00/25:00~翌06:00
  • 25.33円/17.46円

上記のプランでは夜間電力が格安の設定になっていますし、昼間の料金も意外に高くありませんね。では次に関西電力のプラン「はぴeタイムR」では以下のようになっています。

関西電力(従量電灯プラン)24時間

  • 120kWhまで:20.32円
  • 120~300kWh:25.80円
  • 300kWh以上:29.29円

関西電力(はぴeタイムR)平日/土日祝日

  • 7:00~10:00:22.47円/7:00~23:00:22.47円
  • 10:00~17:00:25.86円
  • 17:00~23:00:22.47円
  • 23:00~翌7:00:14.93円/23:00~翌7:00:14.93円

オール電化住宅における年間の平均光熱費はどの程度か?

関西電力のホームページによれば、世帯別・住居形態別・季節別でのオール電化の平均的な光熱費は以下のようになっています。

オール電化住宅の年間平均光熱費

世帯別

  • 1人暮らし:10,751円
  • 2人家族:12,904円
  • 3人家族:14,454円
  • 4人家族:14,914円

住居別

  • 一戸建て:16,039円
  • 集合住宅:14,956円

季節別

  • 夏期(7月~9月):13,363円
  • 冬期(1月~3月):19,857円

オール電化住宅と都市ガス、プロパンガス使用住宅の光熱費比較

1kWhあたりのエネルギーコストを比較すると以下のようになります。

  • オール電化住宅の日中の1kWhあたりのエネルギーコスト:25.33円
  • オール電化住宅の夜間の1kWhあたりのエネルギーコスト:17.46円
  • 都市ガスの1kWhあたりのエネルギーコスト:10.00円
  • LPガス(プロパンガス)の1kWhあたりのエネルギーコスト:17.59円

*オール電化の料金は東京電力「スマートライフプラン」契約を前提に算出しています。
*都市ガス1kWhのコストは東京ガスの一般契約で1立米あたりの単価128円をベースに計算しています。
*LPガス(プロパンガス)のコストは関東エリアの1立米あたりの平均単価491円をベースに算出しています。

オール電化向けの電気料金プランと一般のプランとのメリット・デメリット

従来から利用している一般の電気料金プランと比較してオール電化用のプランはどのような相違点があるのでしょうか?両者のメリットとデメリットからその違いを見ていきます。

オール電化住宅向けの電気料金プランのメリットは?

  • 夜間の電気料金が非常に割安に設定されています。
  • 共働き家庭に有利な土日祝日の料金が安い料金プランもあります。
  • 全体的に電力需要の少ない夜間に多くの電力を使用するので特に電力が不足しがちになる夏場の電力ピークシフトに貢献しています。

オール電化住宅向けの電気料金プランのデメリットは?

  • 日中に使用する電気料金が非常に高い。
  • オール電化の導入に伴って購入すべきエコキュートやIHクッキングヒーターの初期導入コストがとても高くなる。
  • お住まいの地域によっては料金プランの選択肢が少ない場合があります。

一般の電気料金プランのメリットは?

  • 一年中、日中も深夜も電気は同一料金なので時間帯などを気にせずに電気を使用できます。
  • 料金プランの内容自体がシンプルなので申し込みも簡単です。
  • どこの地域でも比較的豊富な選択肢からプランを選ぶことが可能です。

一般の電気料金プランのデメリットは?

  • 24時間いつでも同じ電気料金が設定されているので、電気を使う時間帯を工夫しても電気料金の節減ができません。
  • 意識的に努力しなければ電力のピークシフトには貢献できません。

オール電化の電気料金平均額は年間で191,753

この電気料金は日本全国にある電力会社のオール電化向け電気料金プランの電気代の平均額から算出したもので、一般家庭の電気代+ガス料金+灯油代の平均額と比較してみるとオール電化の電気料金の方が安くなる傾向があります。

各電力会社のオール電化向け電気料金プランとその平均電気料金

  • 北海道電力「eタイム3」:281,577円/年
  • 東北電力「時間帯別電灯A」:183,252円/年
  • 東京電力「電化上手」:160,236円/年
  • 中部電力「Eライフプラン」:210,576円/年
  • 北陸電力「くつろぎナイト12」:183,804円/年
  • 関西電力「はぴeタイム」:190,680円/年
  • 四国電力「季節別時間帯別電灯」:156,144円/年
  • 九州電力「電化でナイト・セレクト」:167,760円/年

オール電化の電気代は電気・ガス併用の家庭と比べると高いのか安いのか?

オール電化住宅の電気代の平均額は191,753円/年(15,979円/月)でした。そこでオール電化ではない電気・ガス併用の一般家庭の光熱費と比較するとどうでしょうか?総務省統計局の家計統計調査のデータをチェックしたところ下記のような結果となりました。

  • オール電化住宅の電気代平均額:191,753円(15,979円/月)
  • 電気・ガス併用の場合の光熱費平均額:202,543円(16,878円/月)

これで見る限りでは、オール電化の方が年間で10,790円(月間で899円)安くなっています。勿論、これは全体の平均での話ですから、個々のご家庭の状況によっては逆転する場合もあるでしょうから、一概には言えません。

おわりに

今回はオール電化と電気・ガス併用の場合のメリット・デメリットやコスト面に関して解説を致しました。全国平均のデータではオール電化の方が安くなるとの結果が出ましたが、必ずしも全てのご家庭に当てはまるとは限りません。各々の家庭のライフスタイルや生活パターン、世帯人数などによっても結果は違ってきます。

オール電化の場合でも電気・ガス併用のご家庭でも即座にできる簡単な光熱費の節約方法は料金プランの見直しです。自分たちの暮らしに一番ピッタリ合致した料金プランに変更するのです。ひょっとして現在の料金プランは子供たちがいた時代のプランで、子供たちが皆独立して家を出た今も同じプランのままではありませんか?

それを現状に合わせて見直すだけでも現在のコストから更に圧縮することができるのです。是非、面倒がらずに確認してみてくださいね。