住宅設備のススメ

IHヒーター

パナソニック製ビルトイン型IHクッキングヒーターの故障と対策

パナソニック製のビルトイン型IHクッキングヒーターでよく見られる症状や故障について解説!故障と勘違いしやすい症状や、多く見られる故障の原因と対処方法を具体例を挙げながら解説するとともに、エラーコードUとHの意味の違いやお問い合わせ先も掲載!

1,310

最終更新 -

この記事の目次

現在使用されているIHクッキングヒーターの調子はいかがでしょうか?

一般的に使用開始から10年程度が平均的な製品寿命とされています。それまでに不具合が発生したとか、本来のパフォーマンスを発揮できないなど故障と思われる症状が現れることがあります。内容によっては自力での解決が可能な簡単なエラーの場合と修理を依頼しなければいけないケースがありますから、その点をまず確認する必要がありますね。

今回はよく見られる不具合の症状とその原因などを紹介させて頂きます。是非、今後の参考になさってくださいね。

実際には故障ではないのに、故障と勘違いしてしまいやすいケース

基本的に何かおかしいな!と思った場合にそれが本当に故障なのかどうなのかを見極めて、自分で対応できないような時は早急に修理を依頼すべきです。

IHヒーターの電源を落とした後に音がしている

これは高温になっている内部を冷却する為にファンが回っているだけで決して故障の症状ではありません。

調理中の鍋から音が発生している

これは密着度が高いホーロー鍋や鍋底の薄い鍋などを使用した場合に音が鳴るケースがありますが、これも不具合ではありません。

ラジエントヒーターの使用中に天板が赤くなったり消えたりしている

これは使用している途中に温度調整や火力の強弱をコントロールしている為で故障ではありません。

※一般的にセンサー部などに汚れやホコリ、ゴミなどが付着していると誤作動が発生しやすくなります。定期的に布や綿棒などで掃除するようにしてください。細かな手入れを行う事が故障の低減につながります。

加熱中にエラーメッセージが出て加熱がストップしてしまう

このケースで最も多い原因が加熱中に鍋の位置をずらした、または鍋を外すなどの動作を行ったケースです。加熱中に鍋を本来の正常な位置から動かすと機器はエラーを発して加熱を停止してしまいます。これは故障ではありませんから、スイッチを切って再度、鍋を正しい位置に置いて加熱スタートしてください。

火力ランプが点滅してすぐに消えてしまう

IHクッキングヒーターのトッププレートに鍋を置いて電源ONにしても数秒ほどランプが点滅しただけで停止してしまう。このような場合には以下の点をチェックしてください。これは故障ではありません。

鍋自体がIHクッキングヒーターに検知されていない

鍋が正しい位置に置かれずにズレているような場合にはエラーとなります。再度、鍋を正しい位置に置き直して再加熱してみてください。

IH非対応の鍋をのせている

鍋にはIH対応とIH非対応のものがあります。IH非対応の鍋は検知されないので使用できません。IH対応の鍋に取り替えてください。

正しい位置にIH対応の鍋を置いたのにエラーが発生した

この場合には鍋底の変形が疑われます。鍋の底面が反っていたり変形していたりするとIHヒーターに検知されず加熱できません。

IHヒーターの火力感がなくなる

温度過昇防止機能によって鍋底の温度が異常に上昇した場合には一時的に火力がダウンします。そして鍋底温度が下がると再度火力はアップします。

自動湯沸かしで沸騰してもブザーが鳴らない

これは異常ではありません。沸騰が3分程度続いた後で鳴ることがあります。他の原因として鍋底に反りがあるケースや1リットル未満の少量の水を沸かした場合にもブザーが鳴らないことがありますから要注意です。

自動湯沸かしで沸騰する前にブザーが鳴ってしまう

このケースで考えられるのは、大量の水(2リットル以上)を入れているとか加熱の途中で水を足したり、鍋の位置を動かしたりしたなどがあります。また鍋底が汚れている場合やIHヒーターの中央部が汚れていることが要因になることがありますから確認してください。

揚げ物の油温が低い。余熱時間が長過ぎるなど

鍋底に揚げカスが溜まっている場合や古くなって劣化した茶褐色の油を使用している場合。更にトッププレートがまだ熱い状態の時に揚げ物の調理を開始したようなケースが考えられます。

グリルを使用した調理で受け皿に水を入れずに焼くと煙が多い

ヒーターに付着していた脂分などが焼ける為で、料理における焼け具合などには影響はありません。受け皿に水なしで焼くと少し煙が多く発生しますがこれは「お手入れ」機能で手入れすることで煙の発生を減少させられます。

IHクッキングヒーターを使用してもレンジフードが連動しない

これに関しては考えられる原因はいくつかあります。送信部に鍋などの物を置いている、テレビやエアコンのリモコンを操作しながらIHヒーターを使った、送信部にフライパンの取っ手などを向けているなどがあります。確認してください。

焦げ付いてしまう

従来のガスコンロの感覚で加熱するとIHは火力が強いので焦げ付きやすくなります。まず弱火で調理するようにしてIHの火力の感覚を覚えるようにしてください。

使用中にIHヒーターがOFFになっていた

安全の為にIHヒーターは約45分、グリルでは約30分の間にボタン操作がない場合にブザーが鳴ってヒーターが切れるようになっています。

トッププレートの操作ができない

指にサックをしていたり、絆創膏を巻いていたりするケースや鍋の取っ手を持ったまま操作しているケース、或はトッププレートの操作部分に何かが付着しているような場合があります。

よくある故障内容とは?

トッププレート(天板)にヒビが入って破損した場合

重い鍋やフライパンをトッププレート上に落下させて破損するケースがほとんどでしょう。この場合には早急に修理依頼をする必要があります。破損した状態のままで使い続けるとヒビ割れ箇所から水が侵入してしまってショートし内部にも大きなダメージを与えてしまう恐れがあるのです。そうなると修理の範囲が更に広がってしまいますね。

鍋をIHクッキングヒーターの天板上に置いても一向に加熱しない

IHクッキングヒーターの故障を疑う前に使用している鍋が間違いなくIH対応かどうかを確認してください。もしもIH非対応の鍋を使用していたのであればIHヒーターに認識されないので使用することはできません。IH対応の鍋を使用しているにも関わらず反応しない場合には、鍋底が反ったり窪んだり凸凹になっていないか、またゴミや汚れが付着していないかなどを確認してください。

上記に該当しない場合はIHヒーター自体の不具合である可能性がありますから修理依頼をしてください。

IHクッキングヒーターを使用しようとするとブレーカーが落ちる

この状態になる原因はIHクッキングヒーター本体の内部で漏電が発生していることが考えられます。一般的に多い漏電の要因は以下の3点です。

鍋からの吹きこぼれや煮こぼれを原因とする漏電

吹きこぼれた水分などを十分に拭き取って、よく乾燥させた後で再度電源を入れてください。それでもダメな時は修理が必要です。

グリルの劣化を原因とする漏電

これはグリルの庫内において、こびりついた魚の脂などが長年放置されたままでグリル庫内が劣化してしまい漏電の原因になるケースがあります。

害虫の侵入を原因とする漏電

これはIHクッキングヒーター内部にゴキブリなどが侵入して感電死したままになっていることが漏電原因になっているケースです。

上記の原因をチェックしても復旧しない場合は修理依頼して下さい。

IHクッキングヒーターの電源が入らない

このケースで多いのはIH専用ブレーカーが落ちているケースです。停電後などにブレーカーを上げ忘れている場合もありますから確認してください。ロースターグリルの劣化が原因で電源が入らない場合があります。グリルの電源がONにならない状態であれば修理が必要です。

IHクッキングヒーター本体からピーピーと音が発生する

このような音がIHヒーターから発せられるのは内部が水濡れしているか、IHヒーターに水が掛かっているような場合です。念の為、コンセントを抜いた状態で一日中放置して乾燥させてください。それでも同じ症状が現れるのであれば修理の必要があります。

ロースターグリルのスイッチをONにできない

ロースターグリル(魚焼きグリル)の電源スイッチをONにできない原因としては総電力の最大定格をオーバーしている可能性があります。国内で販売されているIHクッキングヒーターには総電力の最大定格(オーバーしてはいけない電力量)が5,800wと決められています。

例えば左右のIHヒーターを同時に最大出力(3,000w)で使用した場合には、自動で調整して火力は5,800wになるので、このタイミングでロースターグリルの電源をONにしようとしてもキャパが一杯ということで電源が入りません。

エラーメッセージU11(グリル受け皿高温自動OFF)が消えない

グリルの受け皿に水を入れても一向にエラーが消えないような場合は、受け皿の水がなくなった状態で焼き続けて庫内が高温になったことが原因です。このような場合には復旧に向けて以下の手順を試してみてください。

  1. グリルの電源をOFFにする。
  2. グリルの受け皿に水(約200ml)を入れて下さい。
  3. 再度、グリルの電源をONにしてトライしてみてください。

もしそれでもエラーメッセージが消えないような場合は故障の可能性がありますから修理が必要です。

フィルター(排気パネル)の目詰まり検知が直らない

これはIHクッキングヒーターの排気パネルフィルターの目詰まりサインです。エアコンのフィルター掃除と異なり、パネルフィルターだけを掃除するだけでなく、内部の排気口本体も取り外して水洗いして同時に両方をクリーニングしてやる必要があります。それでもフィルターの目詰まり検知エラーが消えない場合は加熱防止回路が故障していることが考えられますから修理依頼するようにしてください。

パナソニックIHクッキングヒーターのエラーコード「U○○」と「H○○」の意味の違いとは?

IHクッキングヒーターが何か不具合を検知した際にエラーメッセージの形で私たちに伝えてくれるのですが、パナソニックのIHクッキングヒーターでは「U」で始まるメッセージと「H」で始まるメッセージがあります。

基本的に「U」が頭に付くメッセージは、メーカーのエラーコードの対処法を参考にして自分でも対応できるエラーであることを示しています。一方の「H」で始まるエラーメッセージに関しては逆に個人での対応は不可能であり修理を必要とするというエラー内容ですから、このエラーが出た時は迷うことなく修理を依頼するようにしてください。

修理を依頼する際の連絡先は?

パナソニックのIHクッキングヒーターの具合が悪く「エラーコード一覧」などのリカバリー方法を試してみても問題が全然解決しないような場合には下記の「修理ご相談窓口」に連絡するようにしてください。

1)量販店や家電専門店で購入された方は

フリーダイヤル0120-878-554 (携帯電話・PHS可)
フリーダイヤルが使用不可の場合は、03-6633-6700
修理サービスサイト http://club.panasonic.jp/repair/

2)工務店、工事会社及び住宅会社で購入された方は

フリーダイヤル 0120-087-704  (携帯電話・PHS可)
修理サービスサイト http://sumai.panasonic.jp/support/repair/

1)・2)共に受付時間は

(月)~(土)9:00~19:00
祝日及び年末年始は、9:00~17:30

おわりに

今回はパナソニックのビルトイン型IHクッキングヒーターの様々な不具合や故障の原因とその対処法についてご紹介させて頂きました。IHクッキングヒーターの平均的な製品寿命は約10年とされています。今後も適切な使用方法を守って少しでも長持ちさせたいものですね。

案外、IHヒーターの正しい使用方法が分からない場合もあると思います。そこで今一度、メーカーの取扱説明書を復習の意味で再読することをお勧め致します。それに加えて日頃のお手入れや掃除の方法も詳しく説明されています。是非とも面倒がらず定期的にお手入れや機器の掃除をするようにしてください。それが私たちにとっては故障の頻度を減らして製品寿命を長くする唯一の方法であるからです。