住宅設備のススメ

IHヒーター

日立ビルトイン型IHクッキングヒーターの故障と対処方法を解説

日立製のビルトイン型IHクッキングヒーターに見られる故障と原因、対処方法を分かりやすく解説!CやHなどのエラーコードごとに考えられる主な原因と対処方法をポイントを絞ってお伝えするとともに、故障と間違えやすい症状やその対処方法まで詳しく解説。

1,134

最終更新 -

この記事の目次

IHクッキングヒーターは台所で毎日使用するものですから、故障や不具合で使えなくなってしまうと非常に不便で仕方ありませんね。実は故障かな?と思える症状であっても自分で比較的簡単に復旧できる内容の場合もあれば、修理を依頼しないと無理なケースもあります。

IHクッキングヒーターを使用していて何か困った時は、まず症状から原因をチェックした上で正しい処置をすることが大切です。エラーコードが表示されている場合には、それが何を意味しているのかをメーカーの取扱説明書などで注意深く確認してから対処するようにしてください。

今回は特に日立製のIHクッキングヒーターに関しての故障の原因やその対処方法をお伝えしますので是非、今後の参考になさってくださいね。

IHクッキングヒーターの使用中に「故障かな?」と感じる具体的な症状とは?

長年IHクッキングヒーターで調理していると困った状況に遭遇する場合があります。そのような場合には慌てずに適格に処置しなければなりません。以下の症状は、よくメーカーに問合わせがある内容です。今後の為にも症状と具体的な対応策を理解するようにしてください。

1) ブレーカーが落ちてしまう

一口にブレーカーが落ちると言ってもIH専用ブレーカーが落ちるのか或は他のブレーカーが落ちるのかによって原因も対処法も異なります。IH専用のブレーカーが落ちる場合にはIH本体の不具合の可能性がありますから日立の修理相談窓口に点検の依頼をしてください。

他のブレーカーが落ちてしまう場合には、ブレーカーの容量オーバーになったか漏電の可能性があります。IHヒーターの電化製品の同時使用をセーブした時にブレーカーが落ちないのであれば単に電力の使い過ぎです。もしも頻繁にブレーカーが落ちるのであれば、IHヒーターの総消費電力を下げるか、ブレーカー容量の見直しが必要です。

2) トッププレートが割れてヒビが入ったが継続して使用しても良いか?

トッププレートの上に鍋やフライパンなどを落としてヒビが入ってしまうケースがあります。そのような場合には即座に使用を停止してメーカーの修理相談窓口に修理依頼をするようにしてください。ヒビ割れた状態のままで使用すると吹きこぼれなどで水分がヒビから内部に侵入してショートしてしまう危険がありますよ。

3) IHヒーターの使用中に鍋から「カチカチ」「ジー」「キーン」などの音がする

この症状自体はIHに鍋が共振したり、磁力線で鍋が振動したりして発生する音なので異常な症状ではありません。音が発生しやすい鍋には、ホーローの密着度が悪い鉄ホーロー鍋や鍋底の薄い鍋、多層鍋などがあります。

4) IHヒーターの火力が上がらない

このケースでは、ふたつのポイントをチェックしてください。ひとつは設定している総消費電力を超過していないかどうかです。もし設定値を超えている場合には他のヒーターの火力を下げるか、加熱をストップして再度操作するようにしてください。そしてもうひとつは節電モードに設定されていないかどうかです。もし設定されているのであれば必要に応じて解除する必要があります。

5) 魚の焦げ付きが足りない

メニューを選択してオート調理に設定している場合には「追加焼き」を行うようにしてください。手動で調理をしている時や「追加焼き」が出来ない場合には手動メニューの「グリル」で様子を都度確認しながら焼くようにしましょう。

6) ガラスタッチ式の操作パネルでボタン操作ができない

操作パネルの上に物が置かれていたり、汚れが付着していたりしている場合には即座に取り除くようにします。指に傷テープや指サック、手袋などをしている場合は、直接指で操作します。操作ボタンの端を押したことで反応しないケースでは、数秒間待ってボタンの中央を押して操作してください。

7) 火力が弱くなることがあります

IHヒーターの中央部から鍋がズレている場合や鍋底の直径が小さいもの、鍋の底が反っているものなどをIHヒーターに使用すると火力が弱くなる場合があります。使用する鍋は必ずIHヒーターの中央に置くことと、IH対応の底面が平らなものを使うようにしてくださいね。

8) 電源をOFFにしても「高温注意」の表示が消えません

電源を切ってもオーブン庫内の温度が約60℃、トッププレートの温度が約50℃に下がるまで安全確保の為に表示されています。

9) ラジエントヒーターを使用中に赤くなったり消えたりします

この状況は故障ではありません。温度調節機能や火力のコントロールがなされている為です。

10) 電源を切った後にも音がします

電源を切った後も熱くなった本体内部を冷却する為に継続的に冷却ファンが稼働しています。電源を切っても最大で約30分間は冷却運転を続ける場合があります。

11) 焼き網や波皿、受け皿などに魚がこびりついてしまう

メーカーの取扱説明書をチェックして、アルミホイルが使用可能な機種であればアルミホイルを敷いた状態で調理してください。焼き網にこびりつく場合は、生活の知恵として焼き網自体にレモン汁や油を事前に塗っておくことでこびりつきにくくなりますよ。

12) 調理中にIHヒーターの加熱がストップしてしまう

これは故障ではありません。安全の為の「切り忘れ防止自動停止機能」が働いて停止したと考えられます。そしてこの機能が働く時間はIHヒーターに関しては、最後のボタン操作から約45分、手動メニューでの「オーブン」や「グリル」では同様に約30分、手動メニューでの「トースト」の場合は約10分間でストップするようになっています。

そしてこの機能により停止する3分前と停止した時にブザーで知らせてくれます。調理の途中であった場合には再度スイッチONにしてスタートしてください。

13) C〇〇」「H〇〇」のエラーコードが表示されています

お知らせ内容とその対策に関しては以下の通りです。「対処方法」に従って操作をしても同じエラーコードが再度現れた場合にはIH専用ブレーカーを入れ直してみてください。それで復旧するケースもありますが、万一改善されないような場合にはメーカーの修理相談窓口に修理・点検の依頼をするようにしてください。

IHヒーターで調理中に表示部に下記エラーコードが現れた場合の症状と対処法

[C11] [C16] [C21] [C26] [C51]

考えられる症状は?

  • 鍋がIHヒーターの中央部からズレています。
  • 鍋底の反りや剥がれ、変形などがあります。
  • 空焚きなどで鍋が高温になり過ぎています。

対処方法としては

  • 鍋をIHヒーターの中央部に置き直します。
  • 鍋底の反りを確認してください。もし反りや変形が認められるなら新しい鍋を購入するようにしてください。
  • 鍋が高温になり過ぎた場合には火力を弱めて使用してください。

[C13] [C18] [C23] [C28] [C58]

考えられる症状は

  • 鍋底の反りや剥がれ、変形などがあります。
  • 市販の汚れ防止シートを使用しています。
  • 鍋底に鍋の中の調理物がこびりついています。
  • 光りセンサーの上に鍋が置かれていません。或は左右IHヒーターの中央部から大きくズレた位置に鍋が置かれています。

対処方法としては

  • 鍋底の反りを確認してください。もし反りや変形が認められるなら新しい鍋を購入するようにしてください。
  • 市販の汚れ防止シートの使用は止めるようにします。
  • 鍋底から十分にかき混ぜて食材が鍋底にこびりつかないようにします。
  • 鍋をトッププレート上に置く場合にはIHヒーターの中央部に置きます。

[C15] [C25]

考えられる症状は

  • 光りセンサーの上に鍋が置かれていません。或は左右IHヒーターの中央部から大きくズレた位置に鍋が置かれています。
  • 鍋底の直径が12cm未満の小さなものを使用しています。

対処方法としては

  • 鍋をトッププレート上に置く場合にはIHヒーターの中央部に置きます。
  • 鍋底の直径が12cm以上のものを使うようにしてください。

[C12] [C22]

考えられる症状は

  • トッププレートや鍋底に異物や汚れが付着しています。
  • 鍋の底が変形しているか3mm以上の反りがあります。

対処方法としては

  • 汚れや異物が認められる場合にはお手入れをして除去してください。
  • 鍋に変形や反りがある時には鍋を適切なものに交換してください。

[CP]

考えられる症状は

  • ボタンを長押ししています。
  • トッププレートの操作パネル上に鍋などを置いています。
  • 上面の操作パネルに調理物が吹きこぼれています。または水滴などが付着しています。

対処方法としては

  • 約3秒以上はボタンを押し続けないようにします。
  • 操作パネル上に鍋やフライパンなどを置いていれば取り除きます。
  • 操作パネルの吹きこぼれや水滴は取り除きます。

[H15] [H25] [H55]

考えられる症状は

  • 排気カバーが塞がれています。
  • 排気カバーにほこりが溜まっています。

対処方法としては

  • 排気カバーは絶対に塞がないように注意します。
  • ほこりなどは定期的に除去するようにします。

[C14] [C24] [H17] [H27] [H57]

考えられる症状は

  • IHヒーターで使用するのに不適当な鍋です。

対処方法としては

  • IHヒーターに対応した適切な鍋を使用してください。

[C61]

考えられる症状は

  • 液晶表示が赤く点灯します。
  • このエラーコードは電源電圧が異常に高いか低い場合にも表示されます。

対処法としては

  • この場合は故障の可能性があります。メーカーの修理相談窓口に点検依頼をするようにしてください。

上記以外のH11などのH〇〇表示

考えられる症状は

  • 通常は部品故障が発生した場合に表示されます。

対処法としては

  • この場合は故障の可能性がありますから、メーカーの修理相談窓口に点検修理の依頼をしてください。

オーブンで調理中に表示部に下記のエラーコードが出た場合

[C3] [C4]

考えられる症状は

  • 鍋が空焚きになっています。
  • 加熱したまま連続して魚などを焼いています。
  • 使用すべき付属品やメニューが異なっています。

対処方法としては

  • 空焚きの場合は、食材を投入してください。
  • 一度、加熱をOFFにしてオーブン庫内の温度が下がってから次の調理物を入れるようにしてください。
  • 使用すべき付属品やメニューを再度確認します。

[Cd]

考えられる症状は

  • オーブンのドアが完全に閉まっていません。

対処方法としては

  • オーブンのドアはフロントオーブンに密着するように押し込んでください。

[CF]

考えられる症状は

  • 使用する平皿、波皿、メニューなどが異なっています。

対処方法としては

  • 本来使用すべき平皿、波皿、メニューを再確認してください。

[C6]

考えられる症状は

  • これは電圧電源が異常に高い場合や低い場合に表示されるエラーコードです。

対処方法としては

  • この場合は故障の可能性があります。メーカーの修理相談窓口に点検依頼をするようにしてください。

上記以外の[H11]などのH〇〇表示

考えられる症状は

  • これは通常、部品故障が発生した場合に表示されます。

対処方法としては

  • この場合は故障の可能性があります。メーカーの修理相談窓口に点検依頼をするようにしてください。

日立のIHクッキングヒーターの故障時における連絡先は

日立お客様相談センター
電話番号:0120-3121-11(携帯電話・PHS可)
受付時間:9:00~17:30(月~土)/ 9:00~17:00(日・祝日)
尚、年末年始は休業

*フリーダイヤルに接続できない場合は、050-3155-1111でもOKです。

おわりに

今回は特に日立製のIHクッキングヒーター(ビルトイン型)の様々な不具合の原因とその対処法に関してご紹介致しました。

以前と比べるとIHクッキングヒーターの一般家庭への普及と共にその販売価格も随分と安くなり比較的購入がしやすくなりました。但し他の調理家電製品と違って、十分なパフォーマンスを発揮させるには少し製品への配慮も必要となってきます。確認の意味も含めて再度、メーカーの取扱説明書を読み通して適切な使用方法を把握するように努めてください。

故障ではない場合にもエラーコードが表示される時がありますから、事前に対処法を知っておけば、いざという時にも慌てずに対応ができるでしょう。

IHクッキングヒーターを良いコンディションで長持ちさせる為には日頃のお手入れが非常に大切です。添付されているメーカーの取扱説明書を熟読して適切なお手入れ方法を理解し実行するようにしてください。それがIHクッキングヒーターを長持ちさせる唯一の秘訣なのですから。