住宅設備のススメ

IHヒーター

ビルトイン型IHクッキングヒーターのメリット・デメリットとは

ビルトイン型IHクッキングヒーターのメリット・デメリットについて、ガスコンロとの比較を交えながら解説!IHクッキングヒーターの基本的な仕組みについて解説するとともに、IHクッキングヒーターとガスコンロどちらが向いているのかなど選ぶ基準も解説

246

最終更新 -

この記事の目次

一般家庭において従来からキッチンで調理する場合は、ガスコンロが圧倒的な主役だったと言えるでしょう。ところが最近では新築やリフォームをきっかけにしてガスからオール電化に切り替えてエコキュートやIHクッキングヒーターを導入するような流れが加速しているように思います。

ずっと昔から継続して使用してきたガスコンロからIHクッキングヒーターに変更するに際しては、使用する上でのメリットとデメリットを把握して十分に理解しておく必要があるでしょう。

そこで今回はIHクッキングヒーターに関してガスコンロと比較した場合の具体的なメリットとデメリットを検証してみたいと思います。またIHクッキングヒーターが加熱する基本的な仕組みも合わせてお知らせしますので是非、今後使用する場合の参考になさってくださいね。

IHクッキングヒーターの基本的な仕組みは?

従来のガスコンロでは文字通り、ガスに着火することで鍋やフライパンを直接加熱して中の食材を煮たり焼いたり炒めたりして調理していました。一方のIHクッキングヒーターはご存知のように火は一切使用しません。磁力線の働きによって鍋底自体を加熱する仕組みになっています。その為、ガスコンロと違ってIHクッキングヒーターの本体自体は発熱しないのです。

磁力で渦電流を発生させて鍋底やフライパンの底の電気抵抗によって発熱させるという原理です。安定した加熱コントロールができるので素材を均一に加熱する料理やスープなど液体の加熱を非常に得意にしています。

またIHクッキングヒーターで使用できる鍋と使用できない鍋がある理由は、その金属が持つ抵抗値に関係しています。鉄やステンレスに比べて電気抵抗の小さい銅やアルミ製の鍋は使用不可です。これは電気抵抗が小さいので効率良く加熱されない為です。更に土鍋や耐熱ガラス鍋は最初から電気を通さないので使用不可となっている訳ですね。

ガスコンロ使用と比較してIHクッキングヒーターのメリットは何か?

ガスにもIHヒーターにもそれぞれメリットとデメリットがあります。ここでは特にIHヒーターに絞ってメリットをお伝えします。

1)IHクッキングヒーターの方がガスコンロよりも火力が強く加熱も早い!

意外に思われる方も多いかも知れませんが、ガスよりもIHヒーターの方が熱効率は遥かに良いのですよ。ちなみにIHヒーターの熱効率は90%程度ですがガスに至っては約50%程度しかありません。要するにガスの炎の熱の半分は鍋の周囲の空気を無駄に温めている訳ですね。その点に関してIHヒーターなら鍋底に集中して加熱しますから実に効率良くスピーディーに調理ができるのです。

2)ガスを使用しないのでガス中毒の心配がない!

ガスを使用しない為、当然ながらガス漏れの懸念がありません。不完全燃焼による危険な一酸化炭素も一切発生するリスクがありません。

3)ガスコンロと比べて安全性が高い!

従来のガスコンロと違って一切火を使用しないので消し忘れなどによる火災の発生が防止できます。またIHクッキングヒーターでは、ある程度の時間が経過すると安全確保の為に自動的に電源が切れるように設定されていますから万一スイッチを切り忘れても安心です。特に高齢者やお子様がいらっしゃる家庭では大きなメリットになるのではないでしょうか。

4)ガスコンロと比べてIHヒーターはお手入れや掃除がとても簡単!

これまで使用してきたガスコンロは吹きこぼれなどによる汚れが、非常に強固にこびり付いて掃除が非常に面倒でした。洗剤を付けてタワシなどで力を込めてゴシゴシ洗う必要がありましたが、IHクッキングヒーターに関しては洗剤を付けた雑巾や布巾などで軽く簡単にサッと拭くだけでOKです。

5)調理中における火力調節がワンタッチで簡単!

ガスコンロでは調理中に必要な火力に変更するには目分量でつまみを調整していましたよね。しかしIHクッキングヒーターでは機種によっては火力の大きさが10段階に分かれているなど、希望する火力をワンタッチで選択することが可能です。ですから火力の微調整が難しいとろ火も簡単にアジャストできるのです。

6)暑い夏場のキッチンも快適!

今までのキッチンではガスコンロで火を使用していたので、暑い夏場は特にキッチン内の温度が上がって主に調理する主婦の方はとても苦痛でした。しかしIHクッキングヒーターを導入すれば暑くて苦しい夏の時期であってもキッチン内部の温度が上がらないので快適に作業ができることでしょう。

7)地球環境にも優しい!

ガスコンロでは酸素を消費して火力で調理しながら二酸化炭素を排出してきました。しかしIHクッキングヒーターなら電気をエネルギーとしている為に二酸化炭素を発生させません。また水蒸気も発生しにくいので家の中の空気が汚染されずダニやカビの発生も抑制されますし、寒い冬場の結露予防にもなる訳です。

8)オール電化にすれば光熱費も節約できる!

調理の為のIHクッキングヒーターと洗い物やお風呂などの給湯をエコキュートにして家全体をオール電化に変更した場合、毎月の光熱費が大幅に節約できます。これは格安な夜間の電力を利用してエコキュートは、お湯を沸かしてタンクに貯湯するからです。

またIHヒーターを使用する時間帯を安価な電力供給の時間帯に合わせれば更に電気料金を節約することが可能です。

ガスコンロ使用と比較してIHクッキングヒーターのデメリットは何か?

1)IHクッキングヒーターで使用できるフライパンや鍋には制限がある!

従来のガスコンロを使って加熱する場合には鉄製の鍋でもアルミでも銅でも土鍋であっても基本的には何でもOKでした。しかしIHクッキングヒーターの場合には通常使用ができるのは平底形状の鉄かステンレスの鍋やフライパンのみです。

その他の金属の鍋やフライパンでも使用できるオールメタル対応のIHクッキングヒーターもありますが、その場合でも銅やアルミ製の鍋などは使用できますが中華鍋や土鍋、耐熱ガラス製の鍋などは使用不可です。

2)停電してしまうと使用できない!

当然のことながらIHクッキングヒーターは電気をエネルギーにしているので停電になると使用することができません。ガスコンロの場合には停電などは関係なく使用できますが、これはIHクッキングヒーターの弱点として認識すべきですね。

3)IHクッキングヒーターの天板からフライパンを離して振っている間は加熱できません!

基本的にIHクッキングヒーターでは鍋やフライパンの底面がIHヒーターの天板に接触している状態でなければ加熱されません。但し、パナソニックの「光火力センサー」機能が付いているIHヒーターであればフライパンを振っての調理が可能です。

4)IHクッキングヒーターを使用中に不快な振動音が鳴る場合があります!

鍋やフライパンがIHヒーターから出る電磁波と共鳴して「キーン」とか「ビーン」とかの高い音が発生する場合がありますが、これは機器の故障などではありません。もし気になるのであれば、重い鍋を使用したりフライパンを別のものに変えてみたりしてください。また使用するIHヒーターを左右変えて使用してください。

5)IHクッキングヒーターは購入費用が高い!

一般的なガスコンロを買う場合と比較するとIHヒーターの購入価格は比較的割高になります。機種によりますが通常は2倍以上掛かるのが普通です。

6)直火が必要な料理や焦げ目を付けるような調理は苦手です!

表面だけを軽く焼いたり炙ったりという作業がIHクッキングヒーターの場合には不得手になります。

7)ガスコンロと異なり火は出ませんが調理終了直後の天板に触れて火傷するリスクがあります!

IHヒーターのガラストップの天板は、見た目だけでは高温かどうかの判別がつきにくいです。その為、使用直後などは特に注意が必要です。

8)IHクッキングヒーターから発生する電磁波が不安!

IHヒーターからは発ガン性がある電磁波が発生しているので人体に有害である旨の話もあります。一方で有識者や研究者によるNGOが示すガイドラインでは全く問題なく安全であるという発表がなされており現状では何とも言えません。但し、現時点においてIHヒーターの電磁波を原因としてガンを発症したという報告はありません。

IHはどれほど電気を使うのか?

(パナソニックのホームページより抜粋)

※標準的な4名家族世帯にて、朝・昼・夕食時に標準的なメニューでIHクッキングヒーターを使用した場合の1ヵ月の電気代は約1,020円(税込)です。
(JEMA・IH調理器技術委員会調べ)電力目安料金は、全国家庭電気製品公正取引協議会「新電力料金目安単価」から27円※/kWh(税込)で算出。
<※消費税8%で計算しています。2018年10月現在>

IHクッキングヒーター及びガスコンロに掛かる電気料金とガス料金の比較

IHクッキングヒーターとガスコンロのランニングコストは一概にどちらが安いとは断言できません。電気料金は住んでいる地域や電力自由化に伴って各電力会社が提供している様々なオール電化用のプランによっても変わってきます。特に電気の場合には使用する時間帯によっても電気料金は大きく変動しますからその点には十分に考慮する必要があるでしょう。

電気を使用する場合、深夜から早朝の時間帯の電気料金が大幅に安くなりますから、その時間帯にまとめて調理をする人ならランニングコストは都市ガスとほとんど同等です。しかし日中に調理する場合が多いとどうしてもIHヒーターは電気代が掛かります。光熱費を節約する為には調理する時間帯を意識する必要があるでしょう。

熱効率の点から考えればIHクッキングヒーターはガスコンロの2倍近いパフォーマンスですから煮炊きや焼き物もガスの半分程度の時間で完了することを考えればランニングコストはガスもIHヒーターも平均するとそれほどの大差にはならないのではないでしょうか。

IHクッキングヒーターとガスコンロ、どちらが自分に適しているか?

IHクッキングヒーターにもガスコンロにもそれぞれ長所と短所があります。どちらかを選択する際には各ご家庭のライフスタイルや好み、こだわりなどをよく考慮して決めることが大切です。例えば下記のようなチェックリストも検討するヒントになるのではないでしょうか?

IHクッキングヒーターが適しているケース

  • 小さい子供や高齢者がいるので安全を最優先に考えたい。
  • オール電化住宅にする予定がある。
  • 住んでいるエリアに都市ガスがなく、高いプロパンガスの供給地区である。
  • キッチンのスッキリした美観にこだわっている。
  • ガスコンロを使用した暑い夏場の調理が苦痛である。
  • 調理に関する色々な便利機能を活用して料理してみたい。
  • ガスコンロの掃除が面倒で嫌だ。

ガスコンロが適しているケース

  • 調理にはどうしても直火が欲しい。
  • 中華鍋を使った料理をする頻度が多い。
  • フライパンを煽って調理がしたい。
  • 電磁波の影響を心配している。
  • 使い慣れた調理機器で料理を作りたい。など。

最も台所に立つ機会が多い主婦の皆さんの意見を最優先して後悔のない選択をしてくださいね。

おわりに

家の新築やリフォームをきっかけにIHクッキングヒーターの導入を検討されている方もいらっしゃることでしょう。ひと昔前のIHクッキングヒーターと比べて現在では各メーカーの努力もあって各社製品の性能もコストパフォーマンスも遥かに上がってきています。また製品ラインナップも非常に豊富で各ご家庭のニーズにピッタリ合った製品が見つかると思います。

是非、各ご家庭のライフサイクルや好み、こだわりなどを考慮して決めるようにしてください。今後ますます高齢化世帯が増加していく中で、火を使わないIHクッキングヒーターの安全性がより一層クローズアップされるかも知れません。是非、自分たちの希望に合致したIHヒーターを選択してください。