住宅設備のススメ

IHヒーター

IHクッキングヒーターの原理とメリット・デメリット徹底解説!

IHクッキングヒーターの仕組みやメリット・デメリットをガスコンロとの比較も交えながら徹底解説!卓上・据え置き・ビルトインなどIHクッキングヒーターのタイプ別の特徴や主要メーカー、製品寿命の目安や少しでも長く使うための手入れ方法も詳しく解説!

490

最終更新 -

この記事の目次

初めてIHクッキングヒーターを見た時は衝撃的ではなかったでしょうか?上部のガラスパネルに触れても全然熱くないのに鍋を載せると加熱して調理ができるの?と。誰もが最初は半信半疑だったのではないでしょうか。本当に魔法の調理器具というイメージでしたね。

オール電化住宅などで主として利用されるIHクッキングヒーターは、火を使用しないので二酸化炭素を発生させず、環境にやさしく火災リスクの小さい加熱調理器具として人気があります。さらに最近のIHクッキングヒーターは、ガスコンロと比べても火力が強く短時間で加熱できて、手入れも簡単に済むなど普段から忙しくされている主婦の方の力強い味方ではないでしょうか。

IHクッキングヒーターの仕組みとは?

IHとは(Induction Heating)電磁誘導加熱の略語です。

この電磁誘導加熱とは、交流電源に接続されたコイルの中に金属の棒を入れると金属棒はコイルと接触していないのにも関わらず、表面から加熱されるのです。交流電流によって形成される交番磁束が被加熱物を通過して高密度の電流である渦(うず)電流を誘導して、そのジュール熱で被加熱物の表面が加熱される訳です。

交番磁束

時間の経過と共に規則的に一定の周期で、その大きさと方向を変える交流電流が流れることで磁束の方向が変化します。この磁束のことを交番磁束と呼んでいます。

ジュール熱

電流によって導体内に発生する熱のことで、導体に与えられた電気エネルギーが熱に変化します。ジュール熱は電灯や電気溶接、ヒューズ、IHクッキングヒーターなどに応用されています。

ごく簡単に言えば、IHクッキングヒーターで加熱する仕組みは下記の通りです。

  1. IHクッキングヒーターのガラストップの下には、渦巻き状のコイルが入っています。そしてそこに電流が流れることで、このコイル周辺に磁力線が発生します。
  2. この状態の時にガラストップの上に鍋やフライパンなどが載っていると、この磁力線が鍋の内部を通過します。その際に鍋やフライパンの底面に渦電流が発生するのです。
  3. 上記で発生した渦電流が鍋などを通過する時に電気抵抗によって熱が発生します。この熱を調理に利用している訳ですね。

IHクッキングヒーターのメリット・デメリット

昔から長期に使用されてきたガスレンジにもメリットとデメリットがあります。両者を比較することで各ご家庭の生活スタイルからどちらを使用する方が有利か検討して頂ければと思います。

IHクッキングヒーターのメリット

安心・安全

何と言っても最大のメリットは、ガスコンロと違って調理に一切火を使用しないので火災を起こすリスクが非常に小さいということでしょう。特に高齢者所帯や小さなお子さんのいる家庭では安心して使用できます。

火力が強い

意外に思うかも知れませんが、一般的なガスコンロの火力よりも最近のIHクッキングヒーターの方が火力は強いのです。通常、ガスコンロの火力は2.5kw程度が最大火力とされているのに対して、IHクッキングヒーターの方は何と最大出力が3.0kwですから料理などもかなり時間短縮できますね。

ガスコンロは熱が四方八方に逃げているので熱効率は50%程度とされています。その点、IHクッキングヒーターは鍋やフライパンなどに直接熱を伝えるので無駄がなく約90%の熱効率とされています。さらに最新のIHクッキングヒーターは1リットルの水が約2分で沸くほど非常にパワフルです。

またガスコンロと違って加熱の際の温度管理が容易な為、素材を均一に加熱する料理やスープなど液体の加熱にとても適しています。

掃除が非常に簡単

ガスコンロの掃除は、受け皿や五徳に吹きこぼれなどの汚れが一旦付着するとタワシやブラシでゴシゴシと結構な力仕事になってしまいますが、IHクッキングヒーターの場合は、天板のガラストップをサッと軽くひと拭きするだけですから時間も手間も掛かりません。

夏場の料理も苦にならない

従来のガスコンロを台所で使用すると、特に暑い夏場などは台所の温度が一気に上昇してしまうので、汗だくになりながらの調理は非常に苦痛ですよね。その点で火を一切使用しないIHクッキングヒーターを使用すると熱源となる火がないので全然周囲が暑くなることはありません。毎日、台所に立つ人にとっては非常に大きな利点ではないでしょうか。

水蒸気や二酸化炭素が発生しない

火を一切使用せずにIHクッキングヒーターは鍋自体を磁力によって発熱させる仕組みなので、当然ながら水蒸気や二酸化炭素の発生はありません。従ってダニやカビの発生も未然に防止できて冬場の結露なども予防できるので非常に清潔に室内環境を維持することができます。

IHクッキングヒーターのデメリット

停電時には使用不可

IHクッキングヒーターは電気をエネルギーとして使用しますから、停電が発生した際には当然使用ができなくなります。

使える鍋やフライパンが限られる

家庭にある全ての鍋やフライパンが使用できれば好都合なのですが、実際には使用できるものと使用できないものがあります。IH対応のものしか選択できず基本的に中華鍋やガラス鍋、土鍋などは使えません。

購入費用が高い

一般的にガスコンロを購入する場合と比較して、IHクッキングヒーターの製品単価は高価です。大体、2~3万円程度の差になるのではないでしょうか。

IHクッキングヒーターではできない料理がある

IHクッキングヒーターは炙ったり、表面だけを軽く焼いたり、焦げ目を付けるような料理には不向きです。

火力が目でわからない

火を使用しないので一見しただけでは火力を判断できません。

うっかり火傷のリスクあり

熱いかどうかの判断が感覚的にわかりにくいので、うっかり触れてしまい火傷する恐れがあります。

ガスコンロのメリット・デメリットとは?

これまで長年にわたって使用してきたガスコンロですが、これにも当然メリットやデメリットがあるのです。

(ガスコンロのメリット)

  1. 長年、使い慣れた「火力」を使って調理ができてしまう。
  2. 万一、停電に見舞われても問題なく使用が可能です。
  3. 金属鍋からガラス鍋、土鍋など、どのような鍋でも使用が可能です。
  4. 鍋全体を温める為、焦げ目を付けたり炙ったりする料理なども十分可能です。
  5. IHクッキングヒーターのように電磁波の影響を心配する必要がありません。

(ガスコンロのデメリット)

  1. どうしても「火」を使用する為にガスの消し忘れなどによる火事のリスクがあります。
  2. 特に夏場では、室内でガスを使用するのでキッチン内の温度上昇が悩みの種です。
  3. IHクッキングヒーターと比べて五徳などの掃除が面倒です。
  4. 居住エリアがプロパンガス供給地域の場合はガス料金が割高になります。

3タイプのIHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターは形状別に下記の3タイプに分けることができます。

  1. 卓上型のIHクッキングヒーター
  2. 据え置き型のIHクッキングヒーター
  3. ビルトイン型のIHクッキングヒーター

卓上型のIHクッキングヒーター

これは文字通り手軽に持ち運びできて、必要な時に簡単に卓上で使用できるカセットコンロのIHバージョンと考えれば良いでしょう。価格的にも3,000円~7,000円位と非常に手頃でリーズナブルですね。

据え置き型のIHクッキングヒーター

本来、ガスコンロが設置されていた場所に据え置くタイプのIHクッキングヒーターです。このタイプのIHクッキングヒーターは魚焼きグリルの有無によって価格が異なります。魚焼きグリル付きのヒーターは5万円~13万円程度と機能によってかなり価格幅が大きいです。一方で、魚焼きグリルの無いようなヒーターは1.2万円~3万円程度と比較的安価での購入が可能です。

ビルトイン型のIHクッキングヒーター

これはいわゆるシステムキッチン対応のIHクッキングヒーターです。このビルトインタイプには通常、魚焼きグリルが付いているのが普通です。価格的には3万円~13万円程度と機能や性能によって大きく異なります。IHクッキングヒーターの中では最もラインナップが豊富であり、機能的にもバラエティーが豊富です。

標準タイプのIHクッキングヒーターとオールメタルタイプの相違点

一般的なIHクッキングヒーターでは鉄やステンレス製のフライパンや鍋しか使用することはできません。しかしオールメタル対応のIHクッキングヒーターの場合には文字通り、すべての金属の鍋やフライパンなどが使用可能です。

現在のところ、パナソニックと日立がオールメタル対応の機種を商品化して販売しています。しかし、スペシャル仕様ですから価格的に割高になってしまいます。1口タイプで1万円~2万円、2口タイプの場合で2万円~3万円程度は価格的に高くなると考えてください。

IHクッキングヒーターの主要メーカーは?

現在のところIHクッキングヒーターの主要なメーカーはパナソニック、日立及び三菱の3社ですが、この3社で市場の90%以上のシェアを占めています。当初は東芝やシャープも参入していましたが、既に両社とも撤退しています。

参照:住宅設備建材マーケットデータ1106号(2014/01/28発行)|リフォーム産業新聞

IHクッキングヒーターの製品寿命はどのくらい?

一口にIHクッキングヒーターの寿命と言ってもヒーター部分(IHクッキングヒーターの上部)とグリル部分では寿命は異なります。一般的にヒーター部分は大体10~15年程度、グリル部分(魚を焼いたりする部分)で7~10年程度とされています。ヒーター部分よりもグリル部分の寿命が短いのは調味料や魚の油などで劣化しやすいからと思われます。

製品寿命を延ばす為の日頃の手入れ方法は?

  • 煮こぼれや吹きこぼれしにくい鍋を使用してください。IHクッキングヒーターの場合、吹きこぼれても掃除は手軽で簡単ですが、実はヒーターの隙間や小さな傷などから浸水して故障の原因になったりします。
  • ガラストップにひび割れなどが発生するとヒーター内部への浸水から故障の原因になりますから、決して鍋を落としたりしてトッププレートは割らないように注意しましょう。
  • 魚焼きグリルの手入れでは、年に5~6回程度の空焼きが非常に有効です。空焼きを実施することで、グリル内部に付着した油なども焼き切ることができるのです。それに消臭にもとても効果的です。具体的な空焼きの手順は以下の通り簡単です。
  1. 金網と受け皿及び受け皿ホルダーを取り外して汚れを拭き取ります。
  2. グリルの扉を閉めてから、メニューで「お手入れ」をセットします。
  3. 空焼きがスタートして、終了するとブザー音で知らせてくれます。

使用中のIHクッキングヒーターが寿命時期に近づいてきて、もし下記の状況にひとつでも当てはまるのであれば買い替えを検討した方が良いかも知れません。

  • 使用してから既に10年以上が経過している。
  • 修理の見積もりでは、4万円以上掛かると言われた。
  • 過去1年間で3回以上故障しているなど。

おわりに

従来のガスコンロから、IHクッキングヒーターに変更することを検討されているのは、今後オール電化にしようと計画されているご家庭が多いかと思います。

そんな場合は同時に太陽光発電やエコキュートなどの設置をすることで全体での光熱費が割安になったり、ガス料金が不要になったりしますから家庭に占める光熱費のコストが大幅に節減できます。是非、トータルコストでの比較で検討を進めてみてください。