住宅設備のススメ

エコキュート

いくら必要?エコキュートの買い替え・交換費用とオススメ業者

エコキュートの買い替え費用は40万円前後。インターネットの販売店で購入することで比較的お安く買い替え交換が可能です。エコキュートの買い替えに必要な費用や、買い替えの際に注意したいポイントもご紹介。オススメ業者やその選び方についても解説!

3,897

最終更新 -

この記事の目次

エコキュートの故障・寿命で買い替えをご検討ですか?

エコキュートの場合、一般的には10年程度が本体機器の寿命とされています。従って
購入してから10年前後から故障頻度が高まるようなケースが多くなってきます。
少しでも健康寿命を延ばして長寿をまっとうさせる為には普段のケアが欠かせません。
メーカーの取扱説明書に示されているメンテナンスや注意事項を守るだけでも、その後の故障頻度が大幅に変わってきます。

例えば、定期的な水抜きのメンテナンスなどを面倒がらずにきちんと行ったり、エコキュートに不適切とされている入浴剤などは絶対に使用しないなど毎日の細かいケアが大切です。

もしエコキュートを設置して10年程度であれば、そろそろ買い替えのタイミングかも知れませんね。完全にエコキュートが故障して使用不能になってから買い替えを考えるのでは遅過ぎますよ。どうしてでしょうか? それは非常に困った状況に直面してしまうからです。例えば次のような不都合が発生する訳ですね。

新しいエコキュートの設置まで風呂もシャワーも使用できない!

エコキュートが故障すると困るのは、風呂の給湯だけではなくキッチンでも食器洗いにおいてもその全てでお湯が使用できなくなってしまうことです。

エコキュート交換は30万円以上と高価!即決はなかなか出来ない…

自分の好みのメーカーやタンク容量、タイプなど希望に合致した機種が即座に見つかって購入できるかどうかわかりません。

故障で早くほしい時は値段交渉の余裕も無いかも…

とりあえずは即納・即工事が第一優先となるので、複数機種の価格の比較検討や値引き交渉もできず結局は高い買い物になってしまいます。

これらの理由からから使用中のエコキュートが10年を経過したら、そろそろ買い替えのタイミングと考えて事前に次に購入するエコキュートの機種やタイプ等を選定しておけば安心ですね。

旧エコキュートから新エコキュートへの買い替えの際の工事内容

  • 既存のエコキュート本体を撤去します。
  • 新しいエコキュートを搬入し設置します。
  • 電気配線工事を行います。
  • 古いエコキュート本体の運搬・廃棄作業を行います。(費用が発生します)

従来から使用していたエコキュートとタイプなどが同じであれば新たな配線工事なども必要ないので工事自体は半日程度で終了します。

但し、以前はオートタイプのエコキュートを使用していて、今回はフルオートタイプのエコキュートにグレードアップするようなケースであれば特に注意が必要です。
オートタイプのエコキュートであれば、お風呂の浴槽には1本の専用配管で良いのですが、
フルオートタイプのエコキュートになると2本の専用配管が必要になるのです。当然その場合には追加で配管工事が必要になりますからその点も考慮しなければなりません。

エコキュートの交換工事費用

大体の目安ですが、エコキュートの交換に際しての工事費用は次の通りです。

・取り換えの工事費用として      10~15万円程度
・エコキュート購入費用として     20~35万円程度
 合計                30~50万円程度

旧エコキュートから新規のエコキュートへの買い替え工事において、ひとつの業者が他の業者の見積もり価格と比べて5~7万円程度高かったり、安かったりする場合があります。そのような場合は、次の点を事前に確認しておけば安心です。

(他社よりも見積もり価格が安い場合)
 ・配管工事で以前使用していたエコキュートの既設配管の再利用を前提にしているのか
  どうか?

(他社よりも見積もり価格が高い場合)
 ・工事自体を下請け業者に委託しているのではないか?
 ・配管工事で新品の配管への変更を前提にしているのかどうか?など。

電気温水器からエコキュートへの買い替えの際の工事内容

  • 既存の電気温水器の取り外し及び本体を撤去します。
  • 新規にエコキュートを設置します。
  • エコキュート用の配管工事を実施します。
  • 古い電気温水器本体の運搬と廃棄作業を行います。
  • エコキュートへ変更する為の電気工事を行います。場合によっては分電盤も交換する場合があります。

電気温水器からエコキュートへの交換及び工事費用

・エコキュート取り換え工事費用として 10~15万円程度
・エコキュートの購入費用として    20~35万円程度
・電力会社申請費用(注)        2~4 万円程度
合計                32~54万円程度

 (注)電力会社申請費用とは、電力会社への契約変更手続き及び申請等に掛かる費用です。

ガス給湯器からエコキュートへの買い替えの際の工事内容

  • 既存のガス給湯器を取り外して撤去します。
  • 新規にエコキュートを搬入・設置します。
  • エコキュート用の配管工事を行います。
  • 従来のガス給湯器を搬出・処分します。
  • エコキュートへ変更する為の電気工事を実施します。場合によっては、分電盤を交換する場合もあります。

ガス給湯器からエコキュートへの交換及び工事費用

・エコキュート取り換え工事費用として 10~20万円程度
・エコキュートの購入費用として    20~35万円程度
・電力会社申請費用           2~4 万円程度
 合計                32~59万円程度

エコキュートへの交換や買い替えをする場合の注意点

サービス内容を確認しましょう

業者と契約する前に必ず確認すべき大切なポイントがあります。それは設置工事終了後にアフターサービスが付いているかどうかです。訪問販売の業者などにはアフターサービス自体が最初から付帯されていないケースもありますから、必ず事前に確認することが大切です。

複数の業者から見積もりをもらいましょう

また業者を選ぶ際には、必ず複数の業者から同じ条件下での見積もりを取りましょう。
 業者によって価格にばらつきがありますから、慎重に比較検討を行うようにします。
 尚、業者に見積もりを依頼する際には、相見積もりを取って検討する旨を事前に伝えておきます。そうすることで各業者からベストに近い見積もりが集まると思います。

もし特定の業者が他社と比べて極端に高かったり、逆に安かったりする場合には注意してその理由をまず確認すべきですね。
そして見積もり作成前には、しっかりと現地調査をしてもらうことが重要です。きちんとした現場確認なしでは正確な見積もり計算などできませんから。

エコキュートの機種の選び方

エコキュートは機種も多くタンクの形状や容量も複数あって、タイプもその機能別に数種類に分かれているなど、一体どれを選べば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか?
まず大切なことは、自宅でのエコキュートの設置予定場所の広さや状況がどうなっているかです。隣家との距離はどの位離れているか?特に隣家の寝室と設置予定場所までどの位離れているか? これは隣家との騒音トラブルを未然に防ぐ意味で非常に重要なことです。

また自宅に関して言えば、何人家族か? 風呂派かシャワー派か? 風呂に入る頻度は毎日か?などなど。取り巻く環境は各人違いますから、自分たちの必要に見合った機種を探し出すことです。

設置場所で機種を選択する

エコキュートは貯湯ユニット本体とヒートポンプユニットの二つから構成されます。
自宅に設置する場合には慎重に設置場所を決定しないと後で後悔することになりますよ。
不適切な場所に設置してしまうと、後々に隣家との騒音トラブルが発生してしまって最悪、訴訟問題にまで発展しかねません。更に自宅の敷地内で移設することになると余分な費用も掛かることになります。場合によっては、見た目は悪いですが玄関の横で道路に面している場所しか選択肢が無いようなケースもあります。

隣家の寝室からは極力遠い場所にヒートポンプユニットは設置する必要があります。
このヒートポンプユニットからは作動時に低周波音が発生するのです。家庭用冷蔵から「ブーン」という低い音が聞こえる場合がありますが、あの音が「低周波音」です。
そんなに大きな音ではありません。しかしエコキュートが活躍するのは深夜から真夜中に掛けてです。(エコキュートは高い昼間の電力は使用せずに、非常に割安な深夜の電力をフル活用しているので、基本的に活動時間は真夜中になります)

夜中に例の低周波音が発生するので近隣と問題が発生したりする訳です。静かな真夜中にヒートポンプが隣家の寝室近くに設置されているとトラブルの元になりますよね。ですからエコキュートの設置場所は慎重に検討したうえで決定すべき最重要事項です。

貯湯タイプには角型と薄型の2種類がありますから、各家庭の状況に合わせて選んでください。

・角型タイプ:豊富な種類から選択できるベーシックタイプです。
・薄型タイプ:奥行きがないような場所にも設置可能な薄型のモデルです。

タンクの容量で機種を選択する

一般的に3~4人なら370リットルクラス、4~5人なら460リットルクラス、5~7人なら
550リットルクラスが最適とされています。ご自身の家族構成やライフスタイルの変化なども考慮して最適と思われる容量を選んでください。

エコキュートは一度設置すると、その寿命は約10年と言われています。例えば数年後に息子夫婦や孫と同居する予定などがあるのであれば、それも見込んで大きめのタンク容量の機種にすべきでしょう。小さいタンク容量で常時湯切れを起こして、電気料金の高い昼間にエコキュートを稼働させていたのでは電気代が大幅にアップしてしまって、エコキュートを導入した意味がなくなりますよね。逆に近々に、息子や娘が家を出るような予定であれば先を見据えてエコキュートのタンク容量も小さめで良いかと思います。

給湯スタイルで機種を選択する

3種類の給湯スタイルが販売されていますから、好みに合わせて選んでください。

フルオートタイプ

文字通り、ワンタッチでお湯はりから保温、足し湯まで全ておまかせの全自動タイプです。
ボタンひとつで自動的にお湯はりして、適量で自動停止、お湯が減れば自動的に足し湯するなど完全自動の正に至れり尽くせりのタイプです。

オートタイプ

このタイプは、お湯はりのみ自動で行うものです。差し湯や足し湯などは手動で行う必要があります。

給湯専用タイプ

このタイプは昔ながらの蛇口からお湯を出すだけのものです。追い焚きや足し湯機能などはありません。

エコキュートの設置によって補助金が出る場合があります

エコキュートの導入を促進し環境に配慮した街づくりを目標に各自治体で補助金制度を取り入れていますから、積極的に申請してみましょう。但し自治体によっては、補助金制度を
実施していない場合もあるので現在お住まいの自治体に確認が必要です。

補助金の受領の為には、いくつかの条件がありますので、これも事前に詳細を確認する必要があります。補助金制度への申し込みはエコキュートの設置前に行います。そして補助金の
交付が正式決定してから設置工事を進めるのが順序です。申請には様々な申請書類の提出が必要ですから時間に余裕を持って早めに申請手続きを開始した方が良いでしょう。

業者への見積もり依頼に便利なサイトは

複数の業者から相見積もりを取って比較・検討することが大切なことは既にお伝えしましたが、実際のところ個人で業者に何軒も電話して見積もり依頼をするのは手間も掛かって
面倒で一苦労ですよね。そんな時にオンライン上で複数の業者からの見積もりが取れて便利なサイトがありますからご紹介しましょう。

                 (入力時間) (最大査定数) (加盟店数)
・リショップナビ  公式サイト   約30秒     5社    1,000社以上

・リフォームガイド 公式サイト   約1分      8社    非公開

・タウンライフ   公式サイト   約3分     10社    300社以上
 リフォーム

これなら一日中24時間いつでもパソコンやスマホからの申し込みができますし、後々にしつこい営業電話に悩まされる心配もありませんから安心ですよ。

エコキュート買い替えまとめ

新しいエコキュートへの買い替えを検討中のご家庭も多いと思いますが、エコキュート自体は非常に高価な商品ですから、購入後に後悔することのないように自分たちの希望に合った機種やタイプをライフスタイルに照らし合わせてピッタリのものを選択することが重要です。

また貯湯ユニットやヒートポンプユニットの設置場所も慎重にチェックして決めなければなりません。特に今回初めてエコキュートの導入を予定されている方は、設置前に近隣にその旨を説明しておくのが無難です。騒音問題に関しては、その感じ方に個人差が大きい微妙な問題ですから、その点も事前に説明しておいて万一騒音が気になるような場合は遠慮なく伝えて頂くように依頼しておきます。

騒音トラブルが起こった場合には、近隣と相談しながら真摯に対応することが重要です。それが近隣との人間関係を壊さずに円滑に維持する大きなポイントだと思いますから。