住宅設備のススメ

エコキュート

「エコキュート」と「エコジョーズ」はどちらが得か?徹底解説!

エコキュートとエコジョーズで得なのはどちらなのかを、さまざまな角度から徹底解説!特徴やメリット・デメリット、初期費用やランニングコストまで具体的に比較・解説するとともに、それぞれ導入に適しているのはどんなケースなのかも分かりやすい例で紹介。

1,569

最終更新 -

この記事の目次

給湯器を選定するに際してよく耳にする「エコキュート」と「エコジョーズ」ですが、その両方とも頭に「エコ」が付いているので経済的で地球環境にも優しい先進的な給湯器だろうということは容易に想像できるものの両者の違いがよく分からないという方も多くおられると思います。

似たようなネーミングですが、この両者は外観から大きさや仕組み、機能だけでなく初期の導入コストやランニングコストなども大きく異なっているのです。今回はこれらを比較してご紹介したいと思います。各ご家庭のニーズに合致した選択ができるように是非とも参考にしてみてください。

「エコキュート」と「エコジョーズ」の相違点は?

まず「エコキュート」と「エコジョーズ」は給湯の仕組みが全然違うことを認識しておく必要があります。エコキュートはそのエネルギーに電力を使用しているのに対しエコジョーズはガスを利用しているのです。

エコキュートは昼間と比べて大幅に安くなる夜間電力を使用して深夜にお湯を沸かして保温・貯湯します。一方のエコジョーズでは従来は無駄になっていた排気熱を有効利用してお湯を沸かすので、これまでよりも少ないガスの消費量で効率よくお湯を沸かすことができます。

エコキュートの特徴は?

  • 非常に割安な夜間の電力を使用してお湯を沸かして貯湯します。
  • 貯湯タンクユニットが大容量なので、その為の設置スペース確保が必要となります。(畳一畳分ほどです)
  • 設置には基礎工事等も必要になることから比較的高額な工事費用が掛かります。
  • ランニングコストはガスを使用するエコジョーズよりも安く済みます。
  • 地震、台風、大雨被害などの自然災害で断水になった際にはタンク内に大量に貯蔵されているお湯(水)は生活用水として数日間活用できます。但し飲料水としては推奨されていませんから飲み水には使えません。

エコジョーズの特徴は?

  • 電力ではなくガスを利用してお湯を沸かします。
  • 設置工事の費用自体はエコキュートの場合よりも安価です。
  • しかしランニングコストはエコキュートよりも割高になります。
  • 水道直結式ですから直接飲んでも問題ありません。
  • 必要に応じてお湯を沸かす瞬間湯沸かし器タイプですから、タンクにお湯を貯める方式のエコキュートと異なりお湯切れの心配はありません。
  • エコジョーズはエコキュートと違って瞬間湯沸かし器のようなものですからお湯を貯めて置く大型タンクなどは必要としません。従って外部に取り付ける本体自体が非常にコンパクトでエコキュートと比べると十分の一程度の大きさになります。もしも設置スペースに余裕がなくてエコキュートが設置出来ないような場合でも、エコジョーズならまず大丈夫でしょう。

「エコキュート」と「エコジョーズ」の初期費用の比較

  • エコキュート(本体価格と設置工事費を含んだ費用)25万~45万円程度
  • エコジョーズ(本体価格と設置工事費を含んだ費用)15万~35万円程度

上記の価格は定価ではなく値引き等も加味した最終的で現実的な価格と考えて頂ければ良いと思います。従来はかなり高かったエコキュートの製品価格も最近では競合が激しく大きく値下がりの傾向にあるなど以前のような大幅な価格差は無くなってきています。実際のところ初期費用の格差は設置工事費込みで10万円程度にまで縮小しています。

「エコキュート」と「エコジョーズ」のランニングコストの比較

エコキュートは非常に割安な深夜の電力を使用している為、年間に掛かる電気料金は大体4万~6万円くらいでしょうか。10年スパンで見ると40万~60万円程度です。一方のエコジョーズはガスを効率良く利用してお湯を沸かしますが各ガス会社の料金設定がマチマチなので年間に掛かるガス料金も6万~10万円とかなり幅があります。基本的に都市ガスよりもプロパンガス使用の場合の方が料金は割高になります。

エコジョーズのランニングコストを10年スパンで見ると60万~100万円程度ですからエコキュートと比べてかなり割割高になってしまいますね。特にエコジョーズの導入を検討されている場合には、ご自分の居住地のガス料金設定を注意深くチェックする必要があると思います。

結論としてランニングコストに関してはエコキュートの方がずっと安くなります。

トータルコストの比較では?

一口で言って、エコキュートは本体価格が高いがランニングコストは安い。一方のエコジョーズは逆に本体価格は安いがランニングコストは割高になります。最近ではエコキュートの本体価格が下落しており両者の初期コストの価格差自体もかなり小さくなってきています。長い目で見ればエコキュートの方がコストパフォーマンスは良いでしょう。

「エコキュート」と「エコジョーズ」の製品寿命は?

  • エコキュートの製品寿命年数10~15年程度
  • エコジョーズの製品寿命年数8~10年程度

一般的にはエコキュートの方がエコジョーズよりも製品寿命が長いとされています。25年のスパンで考えた時に、あくまでも計算上のことですがエコキュートなら1回の買い替えで済むところをエコジョーズでは2回の買い替えが必要になります。そうなれば初期コストで有利であったエコジョーズとの価格差がなくなってしまってランニングコストでリードしているエコキュートの方が総合的に見て有利と言えるのではないでしょうか?

「エコキュート」と「エコジョーズ」のどちらにしようかと検討されているのであればコスト的には長い目で見てエコキュートの方が有利だと思います。しかし実際の決定にはコスト以外の様々な条件や希望が絡んでくるのが普通ですから、自分が給湯器に求める条件の優先順位に沿って決めれば後々で後悔しない賢い選択ができると思います。

「エコキュート」と「エコジョーズ」それぞれのメリット・デメリットは?

どちらにしようかと迷っている場合は両者のメリットとデメリットを冷静に見比べてどちらの方が自分の希望する条件により近いか?どちらのデメリットの方がより許容できるか?でしょうね。長所と短所を並べてみますから比較してみてください。

エコキュートのメリットとデメリット

メリット

  • 太陽光発電と組み合わせて使用すれば相乗効果で大幅に電気料金を下げられます。太陽光発電なら自然災害による停電の場合にも問題なく自家発電が可能ですし、断水時にもエコキュートの貯湯タンク内にたっぷりとお湯は確保されていますからいざという時にも数日間の生活用水には困りません。
  • 火を使用しませんから火災の発生原因となるリスクが極めて低いです。
  • 数多くのメーカーが競合しており従来よりも価格が大幅に安くなってきています。
  • 各メーカーがバラエティー豊かに様々なタイプの製品を供給しており性能や容量などを細かく比較検討して希望にピッタリの製品を選びやすいです。

デメリット

  • 水道直結式ではなく貯湯式なので、どうしても水圧が少し弱くなります。その為に同時使用や2階などでの使用が少し厳しい場合があります。
  • 大容量の貯湯タンクを設置することが必要なので、ある程度大きな設置スペースが必要になります。
  • 貯湯タンク内のお湯を使い切ってしまったような場合は、新たにお湯を沸かすので一時的に湯切れ状態が発生します。
  • ヒートポンプユニットから発生する低周波騒音問題のリスクがありますが、これは設置の際に適切な場所に取り付ければほとんど問題は無いと思います。エコキュートの稼働時間は電気料金の安い深夜ですから隣家の寝室に近いような場所にヒートポンプユニット(室外機)を設置するとクレームが発生するリスクがあるということです。この低周波音というのは例えば自宅の冷蔵庫がブーンという低い音を発生させていることがあると思いますが、まさにあれが低周波音なのです。夏場は問題ないと思いますが外気温の低い冬場はお湯を沸かす為にヒートポンプユニットが夏以上にフル稼働する為にどうしても稼働音がある程度大きくなってしまうのです。そんな場合には騒音を低減化させる為に振動を抑えるゴムを敷いたりその他の対策を取るようにしなければいけません。近隣とのコミュニケーションもトラブルを未然に防ぐ為には大切です。
  • エコキュートの場合は、貯湯タンクにある程度の時間お湯を貯めておくので飲料水としては推奨されていません。沸騰させれば飲めないことはないでしょうが。

エコキュートの導入が適していると思われるケースは?

  • 新築や大規模なリノベーションなどを検討されているご家庭であれば設計段階でエコキュートの設置場所も織り込めるので非常に理想的です。また太陽光発電の導入を検討中であれば相乗効果で大幅な電気料金の削減が期待できるでしょう。

エコジョーズのメリットとデメリット

メリット

  • ガスの使用料金が節約できます。従来のガス給湯器では燃料として使用されるガスの約20%が無駄に排気熱として消費されていました。しかしエコジョーズでは効率良くその排熱も利用してお湯を沸かすのでガス使用量を削減出来る訳です。
  • 水道直結式なので水圧が強く同時使用や2階での使用も問題ありません。
  • エコキュートのような大型の貯湯タンクは必要ありませんから設置場所のスペースは狭くても充分に設置可能です。狭小の戸建て住宅やマンションなどにはおススメですね。
  • 基本的に瞬間湯沸かし器タイプですから、お湯切れとは無縁です。使用したい時に必要な量を使うというイメージです。少人数世帯にはピッタリかも知れません。
  • 水道直結なので直接飲むこともできます。

デメリット

  • 設置場所が限定されます。エコジョーズから発生する蒸気は40度以上あるので隣家に近い場所には設置出来ません。更に排水も必要ですから排水を受ける設備が必要となります。
  • このところエコキュート本体の製品価格が下落傾向にあるので、エコジョーズの本体価格との差が縮小してきています。ランニングコストはエコキュートの方が安いのでエコジョーズの本体価格面での優位性が薄れてきているのも事実です。
  • 加熱時に発生するドレン水(排水)は強い酸性の為に水道水で薄めて中和してから排水しなければならずその為に水道代が掛かってしまうので節約という意味ではマイナスと言えますね。

エコジョーズの導入が適していると思われるケースは?

  • 自宅敷地が狭くてエコキュートの貯湯タンクユニットなどを設置する為の十分な広さが確保できないような場合。
  • 少人数の所帯で年間を通じて余りお湯を使わないような場合は大量にお湯をタンクに貯めて置くエコキュートは逆に効率が悪くなってしまいます。その点エコジョーズは必要な時に必要な量だけ使用できるのでより効率的でしょう。

自分の希望や好みに忠実に選択するとすれば?

次のような場合にはエコキュートがおススメです。

  • 年間の光熱費を出来るだけ安く抑えたいと思っている。
  • 大震災などの自然災害による断水の時も安心できるよう生活用水を確保したい。
  • 床暖房なども近い将来には設置したいと考えている。
  • プロパンガス使用のエリアに居住しているのでガス料金が高い。
  • 新築や大規模リノベーションを検討している。

次のような場合にはエコジョーズがおススメです。

  • 絶対にお湯切れは嫌だと思っている。
  • 購入設置時の初期コストを極力安くしたいと考えている。
  • 敷地が狭くて室外機を設置するスペースに余裕がないのでコンパクト型が良い。
  • 乾燥機も設置する予定でいる。
  • 浴室のシャワーは水圧が強くないと気持ち悪いのでダメと思っている。
  • 所帯が少人数であり年間を通して使用するお湯は比較的少ないと思う。

まとめとして

端的に言って本体導入時のイニシャルコスト(初期費用)はエコジョーズの方が割安ですが、特に近年は各社のエコキュートの価格競争も激化しており全般的に値下がり傾向にある為にエコジョーズとの価格差は非常に縮小してきています。

またランニングコストに関しては文句なしに割安な夜間電力を活用するエコキュートの方が優れていると言えるのです。「エコキュート」と「エコジョーズ」のいずれを選択するにせよ給湯器は一度購入してしまうと約10年の長期間に渡って毎日利用するものです。

各ご家庭のライフスタイルや実際のニーズに合致しない機種を購入・設置してしまうと大きな無駄が発生したり当初に期待したほどのコスト削減効果が現れなかったりと誤算に終わりかねません。購入の際には慎重にその辺りの状況も考慮し検討した上で決定するようにしてください。