住宅設備のススメ

エコキュート

エコキュートの水質に関する疑問やトラブルの原因と対処法まとめ

エコキュートを導入したあとに発生する水質問題や、それにまつわるさまざまな疑問とトラブルの原因および対処法を総まとめ!飲んでも問題ないのか、レジオネラ菌の繁殖は大丈夫なのか、配管洗浄はどの業者に頼むとよいのかなど困ったときに役立つ情報が満載。

518

最終更新 -

この記事の目次

エコキュートを導入したもののお湯の色自体が青いとか黒いとかで水質を心配したり、また臭い異臭がしたりと水質の安全性を懸念する場合もあるのではないでしょうか。今回はそのような状況の発生原因と解決策などをお伝えしたいと思います。また昨今、レジオネラ菌による死亡事故なども起きている温泉施設等もあり、エコキュートは果たして大丈夫なのか?と不安に思いながら利用されている方もいらっしゃると思いますので、その点も含めてお話させて頂きます。

エコキュートのお湯が青く見える

特にエコキュートを使い始めて間もない頃に浴槽の水が青く見えたり、浴槽の壁やタオルが青くなるような場合がありますが、結論から言ってこれは人体には無害ですからまったく心配いりません。これらの原因は水に極めて微量含まれている銅イオンと石鹸などに含まれている脂肪酸が反応して起こる現象です。大体1カ月程度経過したら自然になくなります。

黒いススのような汚れが出てくる

お湯張りの際に黒いススのような汚れがお湯の表面に浮かぶような場合は、エコキュート内で使用されているゴムパッキンの劣化によるゴムの欠片です。これはゴムパッキンの交換で簡単に解決しますから業者に状況を説明してゴムパッキンの交換を依頼してください。

エコキュートのお湯が臭い場合の原因は?

一日が終わって気分良くお風呂に入ろうとした時にお風呂のお湯が臭かったりしたらガッカリですよね?一体この臭いニオイは何でしょうか?どこから発生しているのでしょう?

状況によっていくつかの可能性が考えられます。貯湯タンクユニットの配管パイプがもしも生活排水用のドレインパイプに連結されていると悪臭が貯湯タンクに逆流してお湯自体にも悪臭が移ってしまうケースがあります。もし、そのような場合には施工業者に連絡して詳しく原因を究明して修理しなければ解決できません。

エコキュートの設置直後などは配管のつなぎ目などに使用されている接着剤独特の揮発性の臭いがお湯に移ってしまうことがありますが、もしもこれが原因なら通常は一カ月程度で収まります。

引っ越しした中古住宅で既にエコキュートが設置済みになっているようなケースですが、可能性として考えられることは、貯湯タンクの中に残っていた古い水が腐敗しているような場合です。このような場合には残っている古い水を全部排水して新しい水に入れ替えることで通常は解決します。

エコキュートに井戸水は使えるか?

もともと井戸水などは、それに含まれているカルシウムなどが配管に詰まる恐れがあり、故障の原因にもなることからエコキュートでは使用不可とされてきましたが、日立、ダイキン、パナソニックなどでは事前に井戸水の水質検査を実施して基準に合えば使用可能とする井戸水仕様のエコキュートを販売しています。但し配管等は特別仕様となる為に一般的な機種と比べるとどうしても5~10万円程度は割高になってしまうようです。

大切な追い焚き配管の洗浄とは?

ほとんど毎日使用するお風呂は当然ながら汚れが蓄積しますね。特にお湯を循環させる追い焚きは雑菌の温床を作るようなものです。通常、健康な人なら問題がなくても抵抗力が弱い老人や幼児は細菌の感染被害を受けやすくなります。レジオネラ菌だけでなく、大腸菌や黄色ブドウ球菌なども発生するのでそれらの感染にも要注意ですね。

このようなリスクを除外する為には、追い焚き配管洗浄の定期的な実施が何よりも効果的ですから、是非とも第一優先事項として習慣化して頂きたいと思います。

定期的にこまめに配管洗浄しないと配管内部に汚れが蓄積されて当然のこととして水質悪化に繋がります。配管内部の汚れの原因は皮脂や湯あか、更には入浴剤の成分などですが、洗浄の手入れを怠ると雑菌が発生して日々増殖していきます。配管内部の清潔を維持する為には1カ月に一度の頻度で洗浄することが望ましいとされています。

エコキュートにはすべて洗浄ボタンが付いています。浴槽のお湯を排出する際に洗浄ボタンを押せば自動的に配管洗浄してくれます。同時に風呂釜のカバーを取り外して内側の掃除を行えば更に効果的です。また長期間に渡って洗浄しなかった為に、汚れがひどいと予想されるようなケースではジャバのような洗浄剤を使用すれば良いでしょう。

但し実施前には念の為、必ずメーカーの取扱説明書などで推奨されている洗浄剤を確認して安全なものを使用するようにしてくださいね。

ジャバを使用した追い焚き配管洗浄の仕方は?

浴槽内部が1つ穴タイプの配管洗浄(ジャバ1つ穴用で掃除します)

  1. 浴槽内のお湯の水位を穴よりも約5センチ程度上になるように調整してジャバを全量投入します。入浴剤を使用していない残り湯はそのまま活用できますが、入浴剤が入っている残り湯の使用はNGです。入浴剤成分とジャバの成分が反応して浴槽内に逆に汚れを発生させる恐れがあるためです。
  2. 2~3分追い焚き運転した後で、10分間程度放置してから排水します。もし冷水から使用する場合や汚れがひどい時には追い焚き時間を長くしてください。通常は7~8分程度ですが、それ以上の時間を掛けても風呂釜を傷めるような心配はないので問題ありません。
  3. すすぎのために再度浴槽の穴の上5センチまでお湯を溜めて5分ほど追い焚きしてください。
  4. 再度排水して洗浄は終了です。

浴槽内部が2つ穴タイプの配管洗浄(ジャバ2つ穴用で掃除します)

  1. 残り湯が浴槽の上の穴の上まで入っている事を確認して、ジャバの赤いキャップの先端を開けて水中に沈めます。湯温は40度程度で使用して下さい。低温のお湯では効果が発揮できません。使用する残り湯は入浴剤を使っていないことが条件です。入浴剤が入っている残り湯は使用しないでください。
  2. ジャバを全量風呂釜に送り込みます。ジャバ容器の底を10回ほど押してきれいに中身を出し切ってください。
  3. ジャバ容器を外して1~2分程度追い焚きします。
  4. 風呂釜内部に残っている汚れを排出します。お湯を張った状態で、ホースを下穴に入れて勢いよく水を出し釜の中の汚れを押し出してください。
  5. 浴槽内のお湯をすべて排出して洗浄は終了です。

このジャバを使った洗浄プロセスの大掃除は手間も掛かりますし水も大量に使用するので、半年に一度程度行えば充分だと思います。もしこの大掃除でも汚れが落ち切らない程にひどい場合には、追い焚き配管洗浄の専門業者に依頼してください。

一応の目安として作業時間は2~4時間程度で料金は1.5~2万円程です。単にきれいにするだけでなく本格的な除菌も期待できますから価格に見合った価値はあるのではないでしょうか?もし必要な場合には下記の専門業者のホームページを覗いてみることをお勧めします。

評判の良い配管洗浄の専門業者は?

貯湯タンク内の汚れた水の排水は?

エコキュートの貯湯タンクユニット内部には水に含まれるカルシウムなどの成分が沈殿物として溜まっています。もちろん、もともと水に含まれていた成分ですから基本的に人体には無害です。これらも6カ月に一度、完全に水抜きすれば除去できます。確かにタンク内の水を捨て去るのは勿体ないような気もしますが、これも清潔・安全を確保する為の必要経費と割り切る必要がありますね。是非定期的に行うようにしてください。

貯湯タンクの排水プロセスは?

  1. 漏電遮断器を「切」にします。
  2. 給水元栓を閉じます。
  3. 逃し弁レバーを上げます。
  4. 排水栓を開いて約2分間排水してから閉じます。
  5. 給水元栓を開けてタンクを満水にします。
  6. 逃し弁レバーを下げます。
  7. 漏電遮断器を「入」にします。
  8. 混合水栓のお湯側を開き水(お湯)が出ることを確認します。

まったくエコキュートの清掃や手入れをしないということは、分かり易く言えば一度も電気ポットの内部を洗わずに何年も使い続けるようなものです。その汚れた電気ポットで入れたコーヒーを飲むことに抵抗ありませんか?

エコキュートのお湯は飲んでも問題ないか?

基本的にメーカー側は、そのままの飲水を推奨していません。エコキュートの貯湯タンクユニット内に貯蔵されているお湯は通常80度以上で保温されている場合が多いのですが、その間に水道水に含まれている消毒用のカルキ成分は抜けてしまっています。その意味では水道法に定められた飲料水としての水質基準を満たしておらず、もし飲む場合には念のため煮沸処理してから飲むようにしてくださいね。

但し、唯一の例外が日立の販売している「水道直圧タイプ」のエコキュートです。この「水道直圧タイプ」というのは他のエコキュートのように貯湯タンクユニットに貯めたお湯を給湯するのではなく、水道水を瞬間的に熱交換器で沸かして給湯しているからです。しかし対象はシャワーと台所向けのみに、この「水道直圧タイプ」の給湯は限られています。

お風呂の浴槽に向けての給湯は通常のエコキュート同様に貯湯タンクのお湯が利用されているため、そのままでは飲むことはできません。飲む場合には必ず一旦沸騰させてから飲むようにしてください。

エコキュートでレジオネラ菌の繁殖は大丈夫なのか?

循環式の浴槽や温泉施設などで死亡事故なども発生している恐ろしいレジオネラ菌ですが、エコキュートでは発生する心配はないのでしょうか?これは非常に気になるところですよね?一般的にレジオネラ菌などの雑菌が生息・繁殖できる温度は50度程度までとされています。

ちなみにエコキュートの貯湯タンクユニット内のお湯に関しては約65度~90度の範囲で自動的に維持されていますからレジオネラ菌の繁殖に関しては死滅してしまうので基本的に問題ありません。温度帯に幅があるのは、追い焚き時など湯温が上がるプロセスがあるからです。

但し、エコキュートの貯湯タンク内の温度は、特に寒さの厳しい冬場の場合は外気温が低いのでどうしても貯湯タンクユニット自体の放熱が大きくなってしまって内部の温度が下がる可能性があります。冬場に関してはその都度タンクの湯温に注意を払って、常に60度オーバーをキープしていることを確認してください。もし下回りそうなら設定温度の調整をした方が良いでしょう。

また、例えば1カ月など長期に渡って不在になるような場合には、タンク内のお湯の水質劣化などを未然に防ぐという意味で貯湯タンク内のお湯を全て排水して空っぽにしておいた方が無難ですね。次回に使用する時に新たに水を注入するほうが新鮮な水ということで水質の点からも安心だと思います。

断水時や復旧直後の濁り水が出る時の処置は?

居住地区において水道管工事等で断水の予告が来る場合があると思います。そして断水が復旧してもしばらくは濁り水が出てくる状態になりますが、このような場合にエコキュートをそのままにしておくと濁り水が流入してフィルターが目詰まりを起こしたりお湯が濁ったりする恐れがあります。そのような事態を未然に防ぐ為に、断水前にエコキュートの「給水配管専用止水栓」を閉じるようにしてください。

通常、この止水栓は貯湯タンクユニットの脚部カバー内部の中央下部にありますからチェックしてみてください。もし分かりにくい場合はメーカーの取扱説明書を参照して頂ければと良いと思います。地震等の自然災害などで断水になった時も同様の処置をするようにしてください。

断水が復旧して濁り水もなくなった場合は?

  • エコキュート水栓以外の水道蛇口をひねってきれいな水が出ることを確認します。
  • 万一、まだ水が濁っていれば水がクリアになるまで水を流し続けます。
  • その後、エコキュートの給水配管専用止水栓を開けるようにします。

エコキュートの水質問題のまとめとして

ここまでエコキュートに関連した水質の問題と解決策に関して述べてきましたが、基本的に使用者が行うべき内容は定期的な追い焚き配管洗浄の実施と入浴剤を使用するならメーカー推奨のものに限定して使うことなどですね。またレジオネラ菌など雑菌の繁殖に関する懸念に関しては、貯湯ユニット内のお湯は雑菌が生息できないような高温で貯湯されているため安心であることがご理解頂けたかと思います。今後も定期的な配管洗浄を実施して快適なエコキュートライフをお楽しみください!