住宅設備のススメ

エコキュート

三菱製の電気温水器でよくある故障とエラーコードについて解説

三菱電機の電気温水器でよくある不具合や故障について、症状や原因、対処方法などを解説!故障のようで故障ではない症状や修理が必要になる不具合、各エラーコードについて詳しく解説するとともに、長く使うためのお手入れ方法や買い替えのタイミングも解説。

2,000

最終更新 -

この記事の目次

既に電気温水器を10年以上使用されているご家庭も多いと思いますが、一般的に電気温水器の製品寿命は10~15年程度とされています。

従って使用年数が10年以上になると、どうしても故障や不具合の発生頻度が高くなってしまいます。誰しもが自宅の電気温水器を極力長期間に渡って使用したいと考えておられるでしょうが、機械ですからある日突然にダウンしてしまうかも知れませんね。

そのような場合にも慌てず冷静に対処できるように、チェックすべきポイントに加えて故障の際にリモコン上に表示されるエラーメッセージの内容などに関しても説明しますから是非今後の参考になさってください。

一見すると故障のようで実際には故障ではない症状

故障と間違いやすい症状なのに本当は故障ではない場合もありますから、その点は注意して見極める必要があります。以下のようなケースは故障ではありませんから修理を依頼する必要などはありません。

全然お湯が出てこない

原因

お湯の使い過ぎでタンク内のお湯がなくなってしまった「お湯切れ」ではありませんか?

電気温水器や蛇口からも水が出ない

原因

断水の可能性があります。近隣住宅の状況も確認してください。

電気温水器が作動しない

原因

電源が入っていないケースがあります。

電気温水器に給水されていない

原因

止水弁が閉じている場合があります。

お湯が沸いていない

原因

停電している可能性があります。

水やお湯が全く出てこない

原因

配管が凍結しているかも知れません。特に寒冷地の場合、冬場には特に注意する必要があります。

これらの事例は非常に故障と勘違いしやすい一時的な不具合の症状です。何か不具合が発生した場合には、最初にこれらをチェックしてください。

専門業者による修理が必要となる症状と原因

そして上記の事例とは逆に専門業者による速やかな修理が必要となる主な事例としては下記のようなケースがあります。

リモコン上にエラーメッセージが頻繁に表示される

原因

電気温水器本体の故障か電気系統の不具合

お湯も水も出ない

原因

電気温水器本体の故障か給湯配管の詰まり

お湯に異物が混入している

原因

貯湯タンクか給水配管が腐食している

貯湯タンクの下がいつも濡れている

原因

貯湯タンクか給水配管の腐食による水漏れ

朝になってもお湯が沸いていない

原因

電気温水器本体の故障かタイムスイッチの不具合、電気系統の故障など

お湯の温度が通常よりも低い

原因

タイムスイッチの故障、ブレーカーの作動など

ご自宅で使用中の電気温水器に不具合が発生した際に、リモコン上にエラーを示す記号のようなものが提示されます。このメッセージを見ただけでは、一体どういうエラーが自宅の温水器に発生しているのか分かりませんね。

詳しくは製品の取扱説明書にその内容などが記載されていますが、ここでは特によく発生するエラーメッセージについて、その内容や原因に関して説明したいと思います。

三菱製電気温水器の主なエラーコード

E00

内容及び原因

上ヒーター制御用(残湯75L)のサーミスタがショートしているか、貯湯ユニット内部のセンサー部品に不具合があります。

E01

内容及び原因

下ヒーター制御用(水温検知)サーミスタが断線かショートしています。貯湯タンク内部のセンサー部品に不具合があります。

E02

内容及び原因

(残湯200L)サーミスタが断線かショートしています。貯湯ユニット内部のセンサー部品に不具合が見られます。

E05

内容及び原因

ふろ用温度検知サーミスタが断線かショートしています。貯湯ユニット内部のセンサー部品に不具合が見られます。

E06

内容及び原因

給湯温度サーミスタが断線かショートしています。貯湯ユニット内部のセンサー部品に不具合が見られます。

E07

内容及び原因

ふろ戻り温度サーミスタが断線かショートしています。貯湯ユニット内部のセンサー部品に不具合が見られます。

E08

内容及び原因

ふろ側熱交出口温度検知サーミスタが断線かショートしています。貯湯ユニット内部のセンサー部品に不具合が見られます。

E13

内容及び原因

残湯サーミスタが断線かショートしています。貯湯ユニット内部のセンサー部品に不具合が見られます。

E16

内容及び原因

混合弁給水水温サーミスタが断線かショートしています。貯湯ユニット内部のセンサー部品に不具合が見られます。

E17

内容及び原因

ふろ側熱交出口/入り口温度検知サーミスタに不具合が見られます。貯湯ユニット内部のセンサー部品に不具合が見られます。

F06

内容及び原因

水位センサーの断線やショートによる浴そうの水位検知センサーの不具合があります。

F07

内容及び原因

タンクが満水にならない場合に表示されます。水漏れの疑いがあります。

F08

内容及び原因

貯湯ユニット内部で水漏れを検知しています。

H01

内容及び原因

貯湯ユニットとリモコン間の通信不良です。

H03

内容及び原因

貯湯ユニットとリモコンの組み合わせの間違いです。

P01

内容及び原因

給湯用電動混合弁に異常がありお湯が出ない状態です。

P02

内容及び原因

浴そう内のお湯を循環させて自動保温や追い焚きなどを制御する循環フロースイッチに不具合があります。

P20,P21

内容及び原因

給湯用電動混合弁の異常により蛇口やシャワーから設定した温度のお湯が出てこない状態です。

P31

内容及び原因

流量調整弁の異常で追い焚き時に作動すべき弁が正常に開閉しない状態です。

P35

内容及び原因

ふろ給湯用電磁弁閉止が異常で湯張り時に作動すべき弁が開閉していません。

U01

内容及び原因

沸き上げ用の電力供給が無いので沸き上げができません。

U04,U05

内容及び原因

湯切れの表示で貯湯タンク内に給湯できるお湯が残っていない状態です。

日頃の使い方によって電気温水器の寿命は変わる

毎日のお風呂タイムは日本人なら入浴剤を入れて、ゆっくりとリラックスしたいという方も多いと思います。しかし残念ながら、電気温水器にとって入浴剤の使用は決して望ましいことではないのです。なぜなら入浴剤に含まれている成分が配管内部にダメージを与える可能性があるからです。

各メーカーの取扱説明書にも詳しく記載されていますが、特に使用してはいけない入浴剤は下記のようなものです。大多数の入浴剤がこれらに該当するのではないでしょうか?

早速、毎日お使いの入浴剤がこれらに該当しないかどうか確認してみてください。要注意の事項ですね。

  • にごりタイプの入浴剤
  • ゆず、薬草などの固形物を含む入浴剤
  • 炭酸カルシウムを含んでいるものや、にごり湯になる入浴剤
  • アルカリ、酸、硫黄、塩分などを含む入浴剤
  • ミルク成分を含んだ「とろみ系」の入浴剤など

上記の入浴剤だけではなく、使用する水質自体もリスクとなる可能性があります。一般的な水道水を使用しているのであれば全然問題はありません。しかし井戸水を使用している場合や温泉等を利用している場合には、電気温水器の製品寿命を縮めてしまう恐れがあるのです。

その観点からメーカーサイドも井戸水や温泉利用のケースに関しては、品質保証の範囲外としている場合が多いようですから要注意ですね。

現在使用中の電気温水器を一日でも長く使用する為に!

私たち人間も元気で長生きできるように、人間ドックに入って健康状態を診断したりしますが電気温水器も同じです。定期的に点検したり、各部を清掃したりすることが結果的に製品寿命を一年、二年と延ばすことになるのです。

決して難しい作業ではありませんから、面倒がらずに習慣化するようにしてください。実施すべきことは下記の7項目です。

1)浴槽フィルターの掃除

これは週に一度でもOKです。風呂上がりにブラシを使って水洗いするだけです。このフィルターが目詰まりしてしまうと追い焚きができなくなる恐れがあるのです。

2)風呂の給水配管の目視点検

給水配管の接続部には消耗部品のゴムやシリコン製のパッキンが使用されています。これらは時間の経過と共に劣化してしまって水漏れを発生させるリスクがありますから、大丈夫かどうかを時々目視で確認してください。

3)漏電ブレーカーの作動確認

これはブレーカーが故障していないかどうかの確認です。ブレーカーの作動確認は次のような手順で行います。

  1. 操作部のフタを開けて、電源ランプが点灯中にテストボタンを押します。
  2. ブレーカーが「切」になることを確認します。
  3. ブレーカーを「入」にして本体操作部のフタを閉めて完了です。

4)電気温水器本体の水漏れチェック

チェックは目視ですから簡単です。電気温水器が設置されている床面が濡れていないかどうか確認するだけです。万一、水漏れしている場合はマンションなどの集合住宅では階下の部屋に水漏れしている恐れもあるので即座に修理を依頼するようにしてください。

5)逃がし弁の点検

この点検も非常に簡単です。逃がし弁は万一、異常に圧力が高くなった場合に安全を確保する為に圧力を逃がす役目をするものです。ですから、この逃がし弁が故障していると給湯器内部の圧力が高くなった際に減圧ができないので非常に危険です。逃がし弁の点検は以下の順序で実施します。

  1. 逃がし弁の点検用のフタ(本体の上部)を開けます。
  2. 逃がし弁レバーを上げてください。
  3. 排水管からお湯が出ることを確認します。
  4. 逃がし弁レバーを下げて排水管からのお湯が止まるか確認します。
  5. もしもお湯(水)が止まらない場合はレバーを上下に2~3回動かします。
  6. 最後は逃がし弁の点検フタを閉じて終了です。

尚、水漏れの点検として本体操作部の湯上げランプ(赤)が消灯時に排水管からお湯が出ていないかも確認してください。

6)タンクの掃除

電気温水器を長期間に渡って使用する間にどうしても内部に水垢やサビなどの汚れが付着してしまいます。ですから少なくとも半年に一度くらいはタンクの手入れを行うようにしてください。作業は簡単です。下記の手順に沿って実施するようにしてください。

  1. 本体の操作盤のフタを開けて漏電ブレーカーを「切」にします。
  2. 止水栓を閉じます。
  3. 逃がし弁レバーを上げます。
  4. 本体内部の排水栓を開けて2分間ほど排水します。
  5. 排水栓を閉じて排水栓点検フタも閉じます。
  6. 逃がし弁レバーを下げます。
  7. 止水栓を開放します。
  8. 漏電ブレーカーを「入」にして本体操作部のフタを閉じます。

上記のタンク掃除は直接的にタンク内部を掃除する訳ではなく、水圧によってタンクの底に沈殿している不純物を洗い流して除去するという作業です。

7)風呂配管の掃除

電気温水器本体と浴槽とは配管で繋がっています。入浴時には配管内部をお湯が循環するのですが、使用していない状態では不純物などが配管内部に溜まって汚れが沈着しやすくなります。通常は電気温水器自体に自動洗浄機能が搭載されていますが、もし装備されていない機種の場合には手動で洗う必要があります。

少なくとも半年に一度はジャバなどの洗浄液を使用して配管汚れを除去するようにしてください。

ご自宅の電気温水器の買い替えのタイミングは?

通常通り問題なく電気温水器が稼働している間は、買い替えなどは全く考えないと思いますが、電気温水器の製品寿命が一般的に10~15年程度とされていることから10年以上が経過してからの故障発生であれば、それが買い替えを検討する目安になるのではないでしょうか?

当然、10年以上が経過すると故障発生の頻度が多くなってきます。その時点では当然、メーカーの無料保証期間も過ぎていますから、修理費用も高くなってしまいます。

更にメーカー側に必要な補修部品のストックも無いようなケースも考えられます。電気温水器は料理や毎日のお風呂などに毎日使用するものですから、本当は故障が起こってから買い替えを考えるのは遅いのです。できるだけ早めに買い替えを進めるのが無難ではないでしょうか。

逆に電気温水器を使用してから10年を経過していないような場合には、故障したとしても修理対応で使用継続する方が得策でしょう。

おわりに

今回は三菱電機の電気温水器に関して、よく見られる不具合や各故障の事例とリモコン上に表示されるエラーコードの意味や原因などについて説明しました。特に10年以上、継続使用されている場合には故障の発生が多くなる傾向がありそろそろ買い替えを検討しなければいけないタイミングでしょう。

既存の電気温水器を一年でも長く使用する為には、日頃からのこまめなお手入れが非常に大切です。ご家庭でできる定期的なメンテナンスの手順も記載しましたが、簡単にできる作業ばかりで時間も掛かりません。面倒がらずに是非とも習慣化できるように取り組んでみてくださいね。