住宅設備のススメ

エコキュート

東芝製の電気温水器でよくある不具合や故障の原因と対策を解説!

東芝製の電気温水器を使う上でよくある不具合や故障について、症状や考えられる原因、対処方法などを詳しく解説!故障ではない一時的な不具合の具体例や「E:1」「E:2」などエラーコードの症状および処置方法、望ましくない入浴剤やお手入れ方法も紹介。

3,283

最終更新 -

この記事の目次

一般的に電気温水器の製品寿命は10~15年程度とされています。但し、これは一応の目安であって本体が設置されている場所の環境や使用頻度、普段からのお手入れの有無などによっても大きく変動するものと言えます。通常は使用を開始してから10年前後で不具合や故障の発生が増えてくるのが普通です。

今回は東芝製の電気温水器に関して、よく発生する故障や不具合に関しての内容、リモコン上に表示されるエラーコードの意味と対策、自分でできる日頃からのお手入れ方法などについて説明しますので故障が発生した時にも慌てずに対応できるように今後の参考になさってください。

よくある不具合や故障の症状とその対策

電気温水器で注意すべき事柄として本当に修理が必要な故障と、一見すると故障に見えて実際には一時的な不具合の症状である場合がありますから注意深く判別する必要があります。

一般的に本当の故障のサインとして多いのが下記のような症状です。これらに該当するような場合には即座に専門業者に修理を依頼してください。

故障・不具合の具体的な症状と考えられる要因など

水やお湯がまったく出てこない

考えられる要因など
  • 給湯配管の詰まり
  • 電気温水器本体の故障

お湯の温度が通常よりも低い

考えられる要因など
  • ブレーカーが作動した
  • タイムスイッチの故障
  • スイッチがOFFになっている
  • 電気系統の故障

貯湯タンクの下が常に濡れている

考えられる要因など
  • 給水配管の腐食による水濡れ
  • タンク自体の腐食による水濡れ

お湯に異物が混入している

考えられる要因など
  • 配管が腐食している
  • 貯湯タンクが腐食している

通常よりも湯切れが早い

考えられる要因など
  • ブレーカーが作動した
  • 安全弁が故障している
  • スイッチがOFFになっている

朝になってもお湯が沸いていない

考えられる要因など
  • タイムスイッチの故障
  • 電気温水器本体の故障
  • 電気系統の不具合
  • スイッチがOFFになっている

エラーメッセージが頻繁に出る

考えられる要因など
  • 電気温水器本体の故障
  • 電気系統の不具合など

また次に述べる事例は非常に故障と間違いやすい一時的な不具合のケースです。

停電

症状及び注意点

お湯が沸いていないなどのケース。沸き上げプロセスの途中で停電すると、当然ながら運転は停止します。但し、停電中でも貯湯タンク内のお湯は使用することができます。

凍結

症状及び注意点

水やお湯が一切出ないケース。特に寒冷地に居住されている方は要注意です。

断水

症状及び注意点

電気温水器以外の蛇口からも水が出ないケース。近隣の住宅でも水が出ないことを確認します。

止水栓が閉じている

症状及び注意点

電気温水器に給水されていない。お湯が沸いていない。

お湯切れ

症状及び注意点

お湯が出てこない。お湯の使い過ぎで貯湯タンク内のお湯がなくなった。

電源が入っていない

症状及び注意点

お湯が使用できない。電気温水器がまったく作動しない。

特に断水や冬場の凍結などの場合には故障と早合点しやすいので注意して下さい。寒冷地の場合には凍結の防止策として保温材を配管パイプに巻きつけて夜間の低温から保護したり、蛇口から水滴を常時垂らせたりすることも有効です。

近年ではゲリラ豪雨や地震、大型台風などの自然災害が多発しているので突然の停電にも要注意です。中でも気付きにくい夜中の停電発生には気を付けましょう。

それから、うっかりミスとして意外に多いのが本体の掃除やメンテナンスの際に電源をOFFにしたまま終了後にONに戻すことを忘れてしまう場合があります。

お手入れが終わったら必ず電源は忘れずにONにしてください。

東芝の電気温水器のエラーコードが持つ意味とその原因など

使用中の電気温水器に何らかの不具合が発生した際にリモコン上にエラー内容を示す記号のようなメッセージが表示されます。このエラーメッセージを見ただけでは一体どのような故障内容なのか全然理解できませんが、詳細は取扱説明書に

記載されていますので参照するようにしてください。ここでは発生しやすい内容のエラーコードについて簡単に内容や原因を説明します。

E:1

症状・原因

  • 「1~5タイプ」水温湯温センサー異常
  • 「6タイプ」残湯レベル1センサー異常

処置方法

  • 「1~5タイプ」ハードチェックで検知温度を確認
  • 「6タイプ」断線・短絡・腐食を確認

E:2

症状・原因

  • 「1~5タイプ」残湯180Lセンサー異常
  • 「6タイプ」残湯レベル2センサー異常

処置方法

  • 「1~5タイプ」ハードチェックで検知温度を確認
  • 「6タイプ」断線・短絡・腐食を確認

E:3

症状・原因

  • 「1~5タイプ」120Lセンサー異常
  • 「6タイプ」残湯レベル3センサー異常

処置方法

  • 「1~5タイプ」ハードチェックで検知温度を確認
  • 「6タイプ」断線・短絡・腐食を確認

E:4

症状・原因

  • 「1~5タイプ」60L,50Lセンサー異常
  • 「6タイプ」レベル4センサー異常

処置方法

  • 「1~5タイプ」ハードチェックで検知温度を確認
  • 「6タイプ」断線・短絡・腐食を確認

E:6

症状・原因

  • 「1~5タイプ」夜間に2時間以上の停電があった。
  • 「6タイプ」水温湯温センサー異常

処置方法

  • 「1~5タイプ」制御用「切」:ポンプ・凍結防止ヒーター・基板の濡れ・故障沸上用「切」:ヒーターの漏電を確認
  • 「6タイプ」断線・短絡・腐食を確認

E:7

症状・原因

  • タンク給水確認
  • タンクが満水になっていない
  • 満水でも給水圧が弱い

処置方法

  • 逃がし弁や蛇口でタンクが満水であることを確認
  • エラー解除は「足し湯」ボタン一回押しで行う。風呂循環の配管接続がない、風呂配管の閉止でも発生する。

E:8

症状・原因

  • PC板の水濡れ

処置方法

  • 漏水検知センサー回路が15分間連続で信号を検知

E:9

症状・原因

  • リモコン通信不良

処置方法

  • 一部発生:発生リモコン系統不良
  • 全部発生:本体側での不良
  • 表示全消灯:リモコンに電気が来ていない。ケーブルの半断線や短絡を確認

E:10

症状・原因

  • 残湯20Lセンサー異常

処置方法

  • ハードチェックで検知温度確認断線・短絡・腐食を確認

E:12

症状・原因

  • 下ヒーター沸き上げ不良

処置方法

  • 下ヒーターに2時間通電してもタンク全体の温度が5℃以上は上昇しない。2時間未満の停電かリミッター動作、リレー不動作

E:13

症状・原因

  • 上ヒーターに沸き上げ不良

処置方法

  • 上ヒーターに1時間通電してもタンク上部の温度が5℃以上は上昇しない。3日検知するとエラーが発生。2時間未満の停電、リミッター動作、リレー不動作

E:14

症状・原因

  • 給湯二方弁(電動バルブ)を閉めているのに流量センサーが流れを検知。

処置方法

  • 電動弁の動作を確認

E:15

症状・原因

  • 風呂に給湯するが流量を検知できず。「風呂の蛇口を開けてください」と音声が流れる時も同じ。

処置方法

  • 水が出ない:簡易ホッパー動作不良、高温水遮断弁が作動している。給水圧が弱い。
  • 水は出る:流量センサーの動作が鈍い。

E:16

症状・原因

  • 「6タイプ」深夜電力が24時間の一度も投入されなかった。

処置方法

  • 沸上用ヒーターが正常な場合は分電盤・タイムスイッチによる通電の有無を確認。

E:17

症状・原因

  • 「6タイプ」夜間時間帯に2時間以上の停電があった。

処置方法

  • 制御用「切」:ポンプ・凍結防止ヒーター・基板の濡れ・故障
  • 沸上用「切」:ヒーターの漏電を確認

E:19

症状・原因

  • 50分、湯張りしても水位センサーが水位上昇を検知しない。

処置方法

  • 浴槽の栓をしないで湯張りした。
  • 給水圧が弱く給湯量が少ない。
  • 配管が詰まりかけていて圧力を正常に検知できない。

E(U):20

症状・原因

  • 風呂自動運転中に循環ポンプを動かしてもフロースイッチが作動しない。
  • 風呂自動運転中は循環金具より上にお湯(水)がなければならない。

処置方法

  • 風呂自動を切らずに浴槽の栓を抜いた。
  • フロースイッチの故障または配管が詰まりかけていてフロースイッチがONにならない。
  • 風呂循環ポンプが動かなくて風呂環境ができない。

E(U):22

症状・原因

  • 湯切れ

処置方法

  • 他にエラーが発生していないか。
  • 沸上げ能力が正常か確認。

E:23

症状・原因

  • 「1~2タイプ」浴槽の残り湯温度が設定温度よりも10℃以上低い。
  • 「3~6タイプ」お好み設定時に残り湯検知

処置方法

  • 「1~2タイプ」追い焚き機能が無いので浴槽を空にしてから再度湯張りする。
  • 「3~6タイプ」水位情報のない状況で残り湯を検知した場合に発生。浴槽を空にしてから再度お湯張りをする。

E:24

症状・原因

  • 下ヒーター沸上げ不良

処置方法

  • 2時間未満の停電、リミッター作動、リレー作動せず

電気温水器と入浴剤は相性が悪い?

入浴時にお好みの入浴剤を使用してリラックスするのが日課になっている方も多いのではないでしょうか。しかし残念ながら、入浴剤の使用は電気温水器にとってあまり望ましいことではないのです。その理由は入浴剤に含まれる成分が配管内部にダメージを与える恐れがあるからです。

詳しくはメーカーの取扱説明書に記載されていますが、中でも特に使用してはいけない入浴剤は以下の通りです。ほとんどの入浴剤が該当してしまうのではないでしょうか。

それでも、どうしても入浴剤を使いたい方は入浴剤成分を含んだお湯が極力、配管内を循環しないように入浴時には追い焚き機能を使用しないことでしょう。

使用が望ましくない入浴剤のタイプ

  • にごりタイプの入浴剤
  • ゆず・薬草などの固形物を含む入浴剤
  • ミルク成分を含んだ「とろみ系」の入浴剤
  • 炭酸カルシウムを含有している入浴剤
  • アルカリ・酸・塩分・硫黄などを含む入浴剤など

また注意すべきは入浴剤だけではなく、使用する水の種類もリスクとなる可能性があります。普通の水道水を使用するならまったく問題はありませんが、井戸水や温泉等を常時使用する場合には電気温水器の製品寿命を縮めてしまう恐れがあります。

その意味でメーカーサイドも井戸水や温泉利用のケースに関しては品質保証の範囲外としている場合が多いです。

家庭で実施すべきお手入れの7項目

使用中の電気温水器を少しでも長く利用する為には日頃のお手入れが欠かせません。メンテナンスと聞くと面倒くさいと思うかも知れませんが、以下の7項目は非常に簡単で短時間で終了するものばかりです。面倒がらずに習慣化することで電気温水器の寿命を最大限に延ばすことが可能ですから是非、取り組んでみてください。

1)風呂の給水配管の目視点検

給水配管の接続部には消耗部品であるゴムやシリコンのパッキンが使用されています。これらは時間の経過と共に品質が劣化して水漏れを発生させることがありますから時々、目視でチェックするようにしてください。

2)浴槽フィルターの掃除

これは週に一度、風呂上がりにブラシでフィルターを水洗いして目詰まりを未然に防止します。フィルターが目詰まりを起こすと追い焚きができなくなる恐れがあります。

3)電気温水器本体からの水漏れチェック

目視によるチェックですから簡単です。電気温水器が設置されている床面が水で濡れていないかどうかを確認するだけです。

4)漏電ブレーカーの作動確認

これはブレーカーに不具合がないかどうかのチェックで、作動確認の具体的な手順は以下の通りです。

  1. 操作部のフタを開けて電源ランプが点灯中にテストボタンを押します。
  2. ブレーカーが「切」になることを確認します。
  3. ブレーカーを「入」にして本体操作部のフタを閉めて完了です。

5)風呂配管の掃除

電気温水器の本体と浴槽は配管で繋がっています。入浴の際には配管内部をお湯が循環するのですが、使用していない時には不純物などが配管内部に溜まって汚れが沈着しやすくなります。

電気温水器に自動洗浄機能が搭載されていれば良いのですが、装備されていない機種の場合には手動で洗う必要があります。半年に一度くらいはジャバなどの洗浄液を使用して配管掃除をしてください。

6)逃がし弁の点検

逃がし弁とは万一、給湯器内部の圧力が異常に高くなった場合に安全確保の為に圧力を逃がす役目を果たすものです。従って、この逃がし弁が故障していると内部が異常な高圧になった際に減圧できず非常に危険です。逃がし弁の点検は下記の手順に沿って実施してください。

  1. 逃がし弁の点検用のフタ(本体上部)を開けます。
  2. 逃がし弁レバーを上げます。
  3. 排水管からお湯が出ることを確認します。
  4. 逃がし弁レバーを下げて排水管からのお湯が停止するか確認します。停止しない場合はレバーを上下に2~3回動かします。
  5. 最後に逃がし弁のフタを閉じて完了です。

*尚、水漏れの点検として本体操作部の湯上げランプ(赤)が消灯時に排水管からお湯が出ていないかも確認してください。

7)給湯タンクの掃除

長年、電気温水器を使用していると内部に水垢やサビなどの汚れが付着してしまいます。ですから半年に一度くらいはタンクの手入れをするように心掛けてください。作業は非常に簡単です。下記の手順に沿って実施してください。

  1. 本体の操作盤のフタを開けて漏電ブレーカーを「切」にします。
  2. 止水栓を閉じます。
  3. 逃がし弁レバーを上げます。
  4. 本体内部の排水栓を開けて2分間ほど排水します。
  5. 排水栓を閉じて排水栓点検フタも閉じます。
  6. 逃がし弁レバーを下げます。
  7. 止水栓を開放します。
  8. 漏電ブレーカーを「入」にして本体操作部のフタを閉じて終了です。

この給湯タンクの掃除は直接タンクの内部を掃除する訳ではなく、水圧によってタンクの底に沈殿している不純物などを洗い流してしまう作業です。

おわりに

今回は東芝製の電気温水器に関して、よく見られる不具合や故障の事例とリモコン上に表示されるエラーコードの意味や原因、お手入れの具体的な方法などに関して解説しました。

長期間使用できる電気温水器ですが、こまめにメンテナンスを実施することで製品寿命自体も変わってきます。是非、面倒がらずにこまめにお手入れをして自宅でのメンテナンスを習慣化できるようにしてください。